1. トップ
  2. 外来
  3. 診療科目一覧
  4. 心不全センター

外来

心不全センター

心不全は急性増悪の入院を繰り返すごとに治療は困難となり、生活の質は低下し、予後不良となっていきます。
心不全センターでは多くの専門職(医師、看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、臨床工学技士、臨床検査技師、ソーシャルワーカーなど)がチームをつくり、心不全の急性期治療の迅速化、地域の開業医の先生方や病院との病診・病病連携の充実、心不全の予防活動に取り組みます。

医師へのファーストコンタクト

心不全センター担当循環器医師が緊急窓口を担当することで受け入れがスムーズになります。

チームによる患者教育

心不全の患者さんが再入院を繰り返さないようにするためには、日々の生活習慣を整え、自己管理をしていただくことが重要になってきます。当院では看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士を中心としたチームで生活習慣の是正や薬剤、運動についての指導・教育を行なっています。

「心不全手帳」と「心不全記録手帳」

「京都心不全ネットワーク」で作成した心不全パンフレットを使用して、心不全に対しての指導を地域の開業医の先生方や病院と共通にすることで、患者さんへの理解を深めていきます。
また、記録手帳を使って患者さんご自身で体調を管理を行なっていただき、自己管理能力の向上を目指します。

心不全カンファレンス

毎週水曜日、入院患者さんについてのカンファレンスを行ないます。
多職種が集まり患者さんの経過や指導状況の確認・共有、退院にむけての評価や調整などを話し合います。

非薬剤療法への取り組み

当院では薬物療法や運動療法に加え、心不全に伴う致死性の不整脈を予防する「植込み型除細動器(ICD)」のインプラント、両心室ペースメーカーを使い、心不全の症状改善を図る「心臓再同期療法(CRT)」、これら両方の機能を併せ持つ「両心室ペーシング機能付き植込み型除細動器(CRT-D)」のインプラントも行なっています。また、これらの植込み型のデバイスに対しての遠隔モニタリングも積極的に導入しています。
急性心不全により呼吸状態が悪くなった患者さんに対しては呼吸補助療法である「非侵襲的陽圧換気NPPV」とくに「適応補助換気(ASV)」を行ない、症状軽減と酸素化、血行動態の改善を図ります。