1. トップ
  2. 臨床研修医募集
  3. 研修医の紹介

臨床研修医募集

研修医の紹介

後期臨床研修医 3年目
消化器センター 安岡 貴之

研修医からみた康生会武田病院

ここでしか体験できない研修がある

康生会武田病院は京都駅前に位置するベッド数394床の地域の中核病院です。京都駅前ということもあって、地元の患者さんはもとより、修学旅行生や海外からの観光客など、たくさんの方々が来院されます。初期研修医にとって、日本語の通じない海外からの観光客、地元で診療を続けていただく上で短期的かつ効果的な医療が望まれる修学旅行生の対応はハードルが高く感じられるかもしれませんが、他の病院ではなかなか体験することのできない有意義な経験となると思います。また、救急の数も豊富であり、とても勉強になる症例が多いのも特徴です。医者としてのスキルだけでなく、人間としての器量を試し、伸ばすことのできる環境だと僕は考えています。

研修プログラムについて

自分の理想に沿った研修プログラムを組み立てる

内科、外科をバランスよく学ぶことができ、また、2年目の選択期間が約7ヶ月と長いため、幅を利かせ、自由に学ぶことのできるカリキュラムとなっています。大きな特色として、各科に配属される研修医は1名と、多くの症例、多くの手技を学ぶことのできる濃密な研修を送ることができます。症例も研修医として経験しておきたい有意義な症例が多く、臨床力を培う上でも理想的な環境です。また、研修医の希望に添って、カリキュラムを補足することもできます。今後も新研修医による皆様からの提案を取り入れ、よりよい研修環境となることを楽しみにしています。

病院の雰囲気

他職種との積極的な交流で、魅力的な人間に

康生会武田病院は他科とのつながりだけでなく、他職種との方々とも積極的に交流を持つことができます。病院は医師、看護師、薬剤師、栄養士、リハビリスタッフ、臨床工学技士、臨床検査技師、診療放射線技師、事務の方々など多くの人で成り立っています。医師同士の連携ももちろん大事ですが、他職種のことを知ることで、より良いチーム医療を患者さんに提供することができます。また、医療の現場だけではなく、その他の場所での交流をもつこともでき、多くの人と交流することで、魅力的な人間へと成長する大きなきっかけとなると思います。