外来

病理診断科

概要

当科は、患者さんのための病理診断を目標に、正確かつ迅速な病理診断を治療に反映させ、医療の質の向上に貢献することを使命としています。
病理診断には、細胞診断、生検組織診断、手術材料組織診断、術中迅速診断、病理解剖などの業務が含まれます。診断結果は臨床医に報告され、治療方針や治療の評価に活用されています。

GIO:

病理診断と病理解剖を通して、多くの臨床科と関連する病理診断科の業務の実際を体験し、病態の理解を深め、将来の医療活動に役立てる。

SBOs:

  1. 臨床情報、画像を参考として、手術・剖検等で採取された臓器を肉眼的に観察。
  2. 病変部を確認し、顕微鏡標本としたい断面を作る(切り出し)。
  3. 顕微鏡標本を観察し、指導医の下で病理学的診断書を作成する。
  4. CPCに積極的に参加し、討論する。
  5. 臨床・病理の指導医の下で、受け持ち症例についてのCPC レポートを作成し、発表する。

LS:

  1. 各症例について指導医とともに病理業務を行う。
  2. カンファレンスや病理の症例検討会に参加する。(院外開催分も含む)

Ev:

  1. 自己評価:EPOC による形成的評価
  2. 指導医による評価:EPOC による形成的評価と総括的評価
  3. 臨床検査技師等による360°評価:形成的評価