1. トップ
  2. 武田病院について
  3. 院長あいさつ

武田病院について

院長あいさつ

病院長挨拶

康生会武田病院の病院長を平成30年4月より拝命しました。私の専門分野は糖尿病内科です。
超高齢社会を迎えるわが国で継続的な医療提供が必要である重点領域として、厚生労働省は「5疾病5事業」という考え方を示しています。「5疾病」とは、癌、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、精神疾患です。当院は、精神疾患を除く「5疾病」のすべてと、「5事業」における救急医療と災害時医療において最前線に位置しています。

今日の医療では様々な領域の「連携」が求められますが、その典型例が、私が専門とする糖尿病の分野だと思います。糖尿病では血管障害が特徴的です。それが目の場合は眼科治療、腎臓の場合は腎臓内科や血液透析による治療、神経障害の場合は脳神経内科や整形外科が関係します。脳卒中や心筋梗塞の患者さんも大半が糖尿病です。一方、糖尿病には癌が多いので外科との連携も欠かせません。現在、京都市でも高齢化が急速に進んでおり、高齢者は多くの健康障害を抱えておられるので、このような診療科連携や職域を超えたチーム医療は当院にとって重要なキーワードです。

病院運営も同様で地域医師会の先生方との「連携」が大事です。かかりつけ診療や在宅で療養されている患者さんの治療など、地域医療の主役はホームドクターの先生です。病状の悪化や専門領域については当院が精査や治療を担当し、患者さんにはまた地域に戻って療養していただくなど、「地域医療支援病院」としての役割を担っていくことが大事だと考えています。

もう一つの大きな役割は救急医療です。当院では、循環器内科や心臓血管外科、脳神経外科など、24時間体制で重症患者を受け入れており、年間6,000件もの救急搬送に対応しています。まさかの状況を考えた災害対策や危機管理も大事でしょう。京都を訪れている多くの旅行客の対応も含め、当院は地域の災害医療拠点であることを常に考えています。
日々の質の高い医療提供とともに、この、いつでも受け入れられる環境をさらに発展させ、地域の「安心ある暮らし」を支える病院となるよう努力してまいります。

武田 純(たけだ じゅん)

康生会武田病院  病院長

学歴

昭和55年 3月31日京都大学医学部 卒業

昭和59年 4月1日京都大学大学院医学研究科 博士課程入学(内科学専攻)

昭和63年 3月31日京都大学大学院医学研究科 同修了

職歴

昭和55年 4月1日京都大学医学部附属病院 内科研修医

昭和56年 7月1日倉敷中央病院 内科医員

昭和63年 4月1日京都大学医学部附属病院 内科医員

昭和64年 1月1日京都バプテスト病院 内科医員

平成元年 7月1日シカゴ大学ハワードヒューズ医学研究所 研究員

平成4年 7月1日シカゴ大学 生化学・分子生物学部門 講師

平成6年 4月1日シカゴ大学医学部 内分泌部門 講師

平成6年 9月1日シカゴ大学医学部 内分泌部門 助教授

平成6年10月1日群馬大学生体調節研究所 遺伝子調節部門・遺伝子応用分野 助教授

平成9年 6月1日群馬大学生体調節研究所 調節機構部門・遺伝情報分野 教授

平成15年 4月1日岐阜大学医学部 第三内科 教授

平成16年 4月1日岐阜大学大学院 医学系研究科 分子・構造学講座 内分泌代謝病態学分野 教授

平成16年 4月1日岐阜大学保健管理センター長(兼任)

平成18年 4月1日岐阜大学医学部附属病院 副病院長
岐阜大学医学部附属病院 卒後臨床研修センター長(兼任)

平成18年11月1日岐阜大学医学部附属病院 医療連携センター長(兼任)

平成19年 1月1日岐阜大学医学部附属病院 腫瘍センター長(兼任)

平成28年 4月1日岐阜大学大学院 医学系研究科 研究科長補佐

平成30年 4月1日岐阜大学名誉教授
康生会 武田病院 病院長

認定医・指導医等
日本内科学会(認定医)
日本糖尿病学会(専門医・指導医)
日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会(専門医・指導医)
日本病態栄養学会(専門医・指導医、認定 NSTコーディネーター)
日本糖尿病協会(療養指導医)
所属学会
(国内)
日本内科学会(名誉会員、理事(H26〜H30)、第41回「内科学の展望」会長)
日本糖尿病学会(功労学術評議員、評議員(H11〜H31)、監事(H18〜H23))
日本糖尿病・妊娠学会(名誉会員、理事、第29回学術集会会長)
日本糖尿病眼学会(理事(H15〜H30)、第21回学術集会会長)
日本糖尿病合併症学会(評議員)
日本糖尿病情報学会(理事、理事長(H27〜H29)、第14回学術集会会長)
日本病態栄養学会(代議員)
日本内分泌学会(功労評議員・評議員(H14~H31))
日本老年医学会(評議員)
日本人類遺伝学会(評議員)
日本肥満学会

(国外)
American Diabetes Association (ADA)
Asian Association for the Study of Diabetes (AASD)
各種団体
日本糖尿病協会(理事(H23~R2)、第1回学術集会会長)
日本糖尿病療養指導士認定機構(理事(H22〜H27)、監事(H28〜H30))
日本医師会(京都市下京西部医師会(理事)、岐阜県医師会(参与、理事(H18〜H30))
受賞歴
Research Award of Juvenile Diabetes Foundation International(JDFI)
日本糖尿病学会「ハーゲドーン賞」
日本糖尿病協会「アレテウス賞」
日本医師会「医学研究奨励賞」
日本糖尿病眼学会 功労表彰
岐阜県医師会 最高優功賞

看護部長メッセージ

令和2年度は新型コロナウイルス感染拡大によって、医療提供体制も大きな影響を受けました。その中でも康生会武田病院は、感染予防、感染拡大防止への対応を徹底し、それまでと同様の急性期医療を提供してきました。令和3年度も感染拡大がどのように変化するかわからない状況です。
引き続き、感染予防、拡大防止に対する意識を高め、安心、安全な医療の提供に努めてまいります。

「最適」「最善」な看護
「安心」「安全」「快適」な療養環境を「思いやりの心」と「笑顔」で提供します。

康生会武田病院看護部は、武田病院グループの理念である「思いやりの心」を基盤に看護を提供しています。

医療提供体制や医療ニーズの質・量が変化する中、急性期の看護師は多くの役割を担っています。その中でも看護の専門性を発揮し、「最適」「最善」な看護を確実に提供することと、「安心」「安全」「快適」な療養環境の提供によって早期回復支援することが大切であると考えています。

また、急速な少子高齢化が進む中、地域包括ケアシステム構築が推進されています。患者さん、ご家族の「思い」を傾聴し、寄り添い、疾病や障がいを抱えていてもその人らしく生活できることを尊重し、安心して次の療養先に移行できるように院内・外の多職種、関係各機関との連携推進に努めてまいります。

これらの役割を担い、多様化する地域の医療ニーズに応えられる看護師を育成するためには、看護実践能力の4つの力「ニーズをとらえる力、ケアする力、意思決定を支える力、協働する力」が重要と考え、実践能力向上につながる教育の充実に取り組んでいきます。

急性期病院、地域支援病院の役割を職員一人ひとりが理解し、常に地域のニーズを考え、地域の人々の健康回復、療養生活の質向上に貢献できる組織になれるよう努力してまいります。

康生会武田病院 看護部長

認定看護管理者 辻本かよ子