1. トップ
  2. 臨床研修医募集
  3. 臨床研修部長ご挨拶

臨床研修医募集

臨床研修部長ご挨拶

臨床研修のページへようこそ!

臨床研修部長/呼吸器センター内科部長 永田 一洋

当院は、国内外からの多くの観光客を迎える京都の玄関口、京都駅のすぐ西隣に位置し、地域の中核的基幹病院として24時間体制で救急に対応しています。多数の急性期疾患 Common Disease を通して初期診療の基本を修得できる臨床研修を心掛けています。 救急診療への参加はもちろん、院内BLS/AEDコース、院内ICLSコースを実施しており、研修医は初回受講後スキルアップのためにインストラクターとしても参加しています。

総合的に全科の診療の基本を修得することを目標に、内科や外科(整形外科、脳神経外科を含む)各科のローテート方式による研修を行っています。2年次の研修中に指導医と共に、救急・時間外対応に当たる日を設け、3~4回/月程度の当直副直を担当してもらっています。内科や外科に加え、循環器内科、心臓血管外科、脳神経外科の医師が常時当直しており、緊急カテーテルや手術にも対応しています。

研修医評価はEPOCによるオンライン入力での総合評価とポケットサイズの研修医手帳を併用し、経験例数などを記入して、指導医と共に目標到達度の確認が行えるようにしています。当院の指導医、研修医の出身校はさまざまで出身校にとらわれることのない自由な雰囲気の中、医局の垣根を越えた研修を行っております。診療科ごとのカンファレンスや勉強会も盛んに開かれており、研修全体としては院内合同の症例検討会を開催し、発表の機会を持ってもらい、活発な討論を行っています。

モーニングセミナーでは各科、部署の担当者によるミニレクチャーを毎週行っております。当院では包括医療に対応するためクリティカル・パスを積極的に取り入れ、NST 活動も盛んで、多職種と連携したチーム医療を実践しています。将来、高度の専門医、基礎研究者あるいは、プライマリ・ケアに対応できる臨床医のいずれかを目指すにも、EBM(Evidence Based Medicine)に基づいた診断、治療の過程を修得し、NBM(Narrative Based Medicine)を実践できるスキルを身に付けることは有用です。

社会的ニーズを認識した医師としての基本的な診療能力(態度・技能・知識)の修得と、患者さんの悩みや苦痛を理解でき、良好な患者・医師関係が的確につくれる人格を涵養し、理想の医師像を目指し、将来につながる有意義な初期研修生活を送ろうではありませんか。

病院の詳細情報は康生会武田病院ホームページをご覧ください。