医師検索

医師紹介

プロフィール

役職 整形外科 医員
医師名 市丸 昌平/Shohei Ichimaru
診療科目 整形外科
専門・得意分野 膝・スポーツ整形外科,骨折治療,軟骨のバイオロジー
病院/施設名 康生会 武田病院

医師からのメッセージ

心掛けている治療方針と患者さんとの関わり方について

    患者さんや選手一人一人の状態を正確に評価し,それに応じて最適かつ標準的な治療法を実践しています。適切な理学療法や薬物療法などの保存療法で改善が見込めない場合には手術療法をお勧めしております。早期の社会復帰や競技復帰を目指すのはもちろんですが,健康寿命に直結している膝・軟骨寿命をいかに伸ばせるか,競技人生をいかに伸ばせるかといった長期的な視点も常に重視しています。疾患,外傷に関する知識を患者さんや選手本人だけでなくご家族様とも最大限共有し,治療法を選択する際の私たちの考え方を分かりやすく説明するよう心がけています。また,長期間にわたる治療を前向きに乗り切れるよう,患者さんや選手から積極性を引き出せるような説明を心がけています。

PRしたいこと

    平成31年1月より本院常勤医師として着任いたしました市丸昌平です。前所属のがくさい病院や京都鞍馬口医療センターでは,スポーツ選手の膝前十字靭帯損傷や半月板損傷に対する関節鏡手術をはじめとして,変形性膝関節症に対する人工膝関節置換術や高位脛骨骨切り術を多数経験して参りました。大学院では「関節軟骨の低酸素環境とヒアルロン酸の薬理効果」をテーマとして変形性関節症に関する基礎研究を行って参りました。さまざまなリスクを背負った「攻め」の手術療法を選択された患者さんや選手本人の覚悟や積極性に敬意を払い,一人一人の患者さんや選手から学ぶ姿勢を常に大切にしながら精進する所存です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

座右の銘

    和魂洋才

略歴

平成22年 済生会滋賀県病院 臨床研修医
平成24年 京都府立医科大学附属病院 専攻医
平成25年 京都府立医科大学大学院 博士課程
平成29年 がくさい病院
平成30年 京都鞍馬口医療センター
平成31年 康生会武田病院

所属学会・認定医

日本整形外科学会 整形外科専門医 
医学博士
日本整形外科学会 会員
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 会員
日本整形外科スポーツ医学会 会員
日本人工関節学会 会員

戻る