医師検索

医師紹介

プロフィール

役職 整形外科 副部長
医師名 澤村 和秀/Kazuhide Sawamura
診療科目 整形外科
専門・得意分野 脊椎脊髄外科
病院/施設名 康生会 武田病院

医師からのメッセージ

治療指針や患者さんとのかかわり方

    治療指針や患者さんとのかかわり方
    背骨の各種疾患(椎間板ヘルニア、狭窄症、圧迫骨折、靭帯骨化症、変性側弯症等)に対して、診療ガイドラインに沿った治療方法を提供します。京都府立医科大学整形外科教室の脊椎グループに所属し、大学病院や関連病院と連携を行い、患者さんに最善の治療が提供できるように努めております。手術に関しては、背中の筋肉や骨への侵襲が少なく早期社会復帰が可能な低侵襲手術を主として治療を行います。患者さんが背骨の病気のことを理解がしやすいように丁寧に説明を行うことを心掛けております。

診療方針(治療方針)について

    脊椎疾患
    腰や首の狭窄庄、椎間板ヘルニア、圧迫骨折を中心に各種脊椎疾患に対して保存治療および手術治療を行っている。
    手術に関しては内視鏡、顕微鏡、神経モニター、3Dイメージを使用して、体に負担の少ない早期社会復帰をが可能な低侵襲手術を主として行っている。

患者さんとの関わり方について

    背骨の各種疾患(椎間板ヘルニア、狭窄症、圧迫骨折、靭帯骨化症、変性側弯症等)に対して、診療ガイドラインに沿った治療方法を提供します。京都府立医科大学整形外科教室の脊椎グループに所属し、大学病院や関連病院と連携を行い、患者さんに最善の治療が提供できるように努めております。手術に関しては、背中の筋肉や骨への侵襲が少なく早期社会復帰が可能な低侵襲手術を主として治療を行います。患者さんが背骨の病気のことを理解がしやすいように丁寧に説明を行うことを心掛けております。

PRしたいこと

    背骨の病気は同じ疾患でも症状(痛み、しびれ、麻痺)の程度により治療方法がかわります。痛みの場合は薬物治療を中心に行いますが、薬物治療の効果がない場合や休養期間がとれずに早期社会復帰が必要な方には手術をおすすめする場合があります。筋力低下を伴った麻痺の場合には、麻痺の進行予防や改善を目的として手術が必要となることが多いです。希望されてから手術までの期間を短縮し、麻痺の後遺症が少なくなるように心掛けております。手術に関しては、顕微鏡や内視鏡で脊髄神経を拡大した状態で観察し、脊髄神経モニタリングで神経に負担がかかっていないことを確認して安全に手術を行います。当院では、手術中に3Dイメージで神経除圧の程度や脊椎インスツルメンテーションの設置の状態が評価できるため、より安全で正確に手術が出来る設備が整っております。
戻る