武田病院について

看護師・ナースアシスタント 募集!

武田病院では、急性期から地域療養支援を強化するため、常勤・非常勤を問わず職員を募集しています。
面接や見学をご希望の方は、下記のエントリーフォームよりお申込みください。

認定看護師

集中ケア認定看護師 (救急集中治療室 大塚 直子)

<集中ケア認定看護師の役割>

生命の危機状態にある患者に対して、障害の程度ができるだけ少なく回復できるよう予測性を持って判断し、速やかに日常生活を取り戻すためにふさわしい生活援助を実施し評価し実践していく仕事です。

<認定看護師を目指したきっかけは>

看護師として10年目の時に、今までやってきた看護を振り返り、更に患者・家族に対して看護の力をつけていきたいと思いました。知識・技術に対してまだまだ足りないことを通して、根拠に基づく看護実践を提供していきたいという思いから受験を決めました。

<現在の活動>

救急ICUを中心に、様々な病期の患者さんに対してベストなケアを提供できるよう、スタッフ皆と共にアセスメントを行い、関わっています。
また、ICU-AWを考慮し早期リハビリテーションと人工呼吸器の早期離脱を目指して、毎日評価を行っています。他部署への横断的活動に関しては、院内RSTとしてラウンドを行ない、病棟スタッフと共に知識を共有しています。

<今後について>

集中ケア認定看護師として、患者・家族が必要とするベストな看護と治療を進めていける1人として常に臨床の場に身を置き、アセスメント・評価・実践の繰り返しで、患者のアウトカムを向上させて行きたいと考えています。

救急看護認定看護師 (救急室 山田 愛)

<救急看護師の役割>

救急看護とは、突発的な外傷、急性疾患、慢性疾患の急性増悪など、状況・場所問わず救急処置が必要な患者さんに対し実施される看護活動です。救急看護の基本的な目的は、対象となる患者さんの「命を救い、生を支える」ことにあります。そのためには、処置の実施や医療行為の介助はもちろん、救急患者さんとその家族への精神的ケア、チーム医療の調整役、多職種と連携しマネジメントする役割も担います。

<救急看護認定看護師を目指したキッカケ>

卒後から急性期病棟や救急室で勤務を続けてきました。その中でいつも感じていた「急性期の看護ってなんだろう?命を救うことだけなのかな?急性期からできる、急性期だからしなくちゃいけないことがあるのでは・・・」

日々悩む私に「命を救うことは当然、急性期に必要なのは治療だけじゃない、患者さんを含めた家族が、社会に復帰できるか、できることを一緒に考えるのです。」

この言葉は私がより深く急性期看護を学びたいと思うきっかけとなり、急性期看護のエキスパートである救急看護認定看護師の資格取得を目指しました。

<現在の活動と今後について>

教育課程在学中から、急性期の家族ケアの必要性を感じていました。救命に成功しても、病気や後遺症が残ってしまった場合は、病気を受容し、新たに社会とつながっていかなければなりません。それは、大変なエネルギーを必要とすることであり、その過程で必要となるのは家族や周囲の力添えであると思います。

家族にも「もっと早く異変に気づいてあげれば、こんなことにはならなかった、自分のせいだ」と自責の念を持つケースも少なくありません。
看護師は患者さんとその家族が、社会復帰へのスタートラインに立てるよう支援していく必要があります。そのため、本年度より急性期病棟における家族ケアチームの立ち上げを行い、活動を行っています。

また当院は、高度急性期病院・地域中核病院としての役割を担っています。急性期医療はもちろん、住み慣れた土地で療養生活を送る患者さんを支援していくことも責務であると考えます。心停止の予防や一次救命処置についての知識の普及に尽力し、「救命の連鎖」に努めていきたいと考えます。

がん化学療法看護認定看護師 (外来  久世 有紀子)

<がん化学療法看護認定看護師の役割>

がん化学療法看護認定看護師は、抗がん剤治療を行う患者さんが治療を納得して、安全かつ安楽に治療を受けられるように、患者さん・ご家族・看護スタッフをサポートする役割を担っています。

<がん化学療法看護認定看護師を目指したきっかけ>

外来化学療法室で治療を受ける患者さんとの関わりの中で、自宅で何かあった時にはどうしたらいいのか、誰に相談したら良いのかなどの不安を耳にすることがありました。不安を軽減できるように対応したいと考える一方で、根拠のある知識を持っていなかった私は、患者さんを支えるために、どうすればよいだろうかと悩むことが多くありました。

その時、がん看護の研修に参加したことで、専門的な知識を身につけ、患者さんを支えたいと思うようになりました。資格を取得するための研修を受けることに迷いや葛藤がありましたが、師長やスタッフの皆さんに背中を押してもらい、認定看護師を目指そうと決断することができました。

認定取得後は、外来で抗がん剤治療を受ける患者さんの投与管理、副作用マネジメント、セルフケアのサポート、精神的な相談などを行い、医師・薬剤師など多職種と協働し少しでも患者さんの希望を叶えられるように、日々取り組んでいます。

また、病状の変化や副作用により入院された患者さんに対しては、ベッドサイドを訪問することで「来てくれてありがとう。顔が見れて安心できた。」という言葉をいただき私の励みにもなっています。病棟と情報の共有を行い、入院と外来との看護を繋ぐ架け橋の役割を担っていきたいと思います。

<今後の活動について>

がん化学療法看護認定看護師は、安全・安楽・確実な薬剤の投与管理はもちろんのこと、副作用や予後に対する不安、治療によって生じる身体的苦痛の軽減を図り、患者さんがその人らしく過ごし、治療と生活を両立できるよう支援する役割を担っています。

また、日々進化する治療法や新規薬剤の情報を常に取り入れ、スタッフが安全に抗がん薬投与を実施できる環境を整備することも大切な役割の1つです。多職種で協働し、患者さんが安心して治療が継続できるよう支援するとともに、化学療法に関するマニュアル整備を行い、研修や実践を通してがん化学療法看護の質向上のために貢献していきたいと思います。

緩和ケアチームの一員として、苦痛の緩和を図るとともに、患者さんがこれからどのように過ごしていくのか患者さんやご家族の価値観を大切にし、意思決定支援を行っていきたいと考えています。

手術室看護認定看護師 (手術室 大津 惇也)

<手術看護について>

手術はどの患者にとっても、人生の一大イベントです。そして手術に抱く感情も期待から不安、大小も様々です。そこに携わることのできる唯一の存在が手術室看護師であり患者が不安に思う事や悩んでいる事に触れたり、軽くすることは大きな役目であると思っています。またその役目を全うするために駆使する知識・技術についても高い専門性を有しておく必要があり、スペシャリストとして医師やコメディカルと...協力しながら、患者をサポートすることが手術看護だと思っています。

<認定看護師を目指したきっかけ>

手術室看護師として配属された時、当初は独特の環境に慣れることに苦労しました。この部署で自分が出来る看護について悩み葛藤する日々でしたが、多くの先輩看護師に救われてきました。ある方は手際の良い器械出しで医師を唸らせ、ある方は優しさで患者を包むように接していました。

いろんな形のスペシャリストを見るうちに、この職を極めたいと思ったことがきっかけになったと思います。

また経験年数を重ねるうちに、教育や職場環境の改善によってもっと自部署のスタッフのレベルが上がれば、提供する看護の質も向上するのではないかと考え、自分がその動力源になりたいと思ったことも大きな要因だったと思います。

<現在の活動と今後について>

現在は、周術期チームの立ち上げや術前診察外来のフォローなど患者を術前から診ることに重点をおいて活動しています。ここを整えることが出来れば、患者の術前情報を効率的に収集し、手術に対する不安や願望を把握することで、患者の術後をイメージ化しやすくなるからです。

今はまだ、自部署や自施設に向ける活動にとどまっていますが、グループ施設やその他施設の手術看護認定看護師とも連携をとり、その輪を広げていくことで手術看護の充実化を図っていけたらと思っています。