外来受診される方

看護部長あいさつ

看護部長メッセージ

宇治武田病院は、「世界遺産平等院」の近くに位置し、最新の医療機器と充実の療養環境を備え、地域密着型の急性期病院としての役割を担っています。地域の医療ニーズに応え、信頼の医療を提供することを基本方針に掲げています。

看護部タグライン
『思いやりの看護で寄り添い、つなぐ・・・』

思いやり・・・ 相手の立場を推し量り、関心をもって自分の思いを相手にむける。
寄り添い・・・ 気持ちを聴くだけでなく、看護問題を見出して、何が必要か考え最良な看護を実践する。
つなぐ・・・ 院内で、院外で多職種と連携をとりながら患者の思いに応える。

このタグラインには患者様を家族のように考え、急性期から在宅まで心のこもった温かい看護と安心で安全な看護を提供し、看護においてもご満足いただけるようにしたいという思いが込められています。
勤務環境改善として平成30年2月から『12時間夜勤』を導入し夜勤負担を軽減しました。また超過勤務時間削減や有給休暇取得を推進して職員の働きやすい職場づくりに努めています。

宇治武田病院看護部長認定看護管理者 後藤幸代

宇治武田病院看護部長
認定看護管理者
後藤幸代

令和3年1月には女性活躍推進の実施状況が優良な事業所として、京都労働局から「えるぼし」に認定されました。宇治市の事業所としては始めて、病院としては府内で2ヶ所目の取得でした。

「えるぼし」

職員と顔の見える距離を活かしながら、一人ひとりが組織にとって大切な人財として成長することが、ひいては地域貢献につながると信じて努力してまいります。

2021年度 看護部目標

  • Ⅰ 多職種協働で感染予防対策の徹底・医療安全の推進を図り、安心安全な看護を提供します。
  • Ⅱ 入退院支援システムを活用し、入院前から在宅まで支えられる看護を提供します。
  • Ⅲ キャリアラダーと目標管理を連動し、看護実践能力と組織的役割遂行能力を高めます。
  • Ⅳ 組織の一員として看護の質を向上することで積極的に経営参加します。

看護体制

1.看護方式

固定チームナーシング + 一部機能別看護(保清)

2.勤務体制

1)主な勤務時間

区分 勤務時間 部署名
日勤 8:30~17:00 病棟、外来、手術室、透析
日勤 8:00~16:30 病棟、透析
早出1 7:00~15:30 病棟
遅出6 12:30~21:00 病棟
遅出2 10:30~19:00 病棟、外来、手術室

横スクロールできます

2)夜勤体制 二交替:基本12時間夜勤 20:45~ 9:00

3)外来当直 16:30~ 8:30

4)病棟夜勤人数

2階病棟 看護師3名
3A病棟 看護師2名
3B病棟 看護師3名
5階病棟 看護師2名

3.入院基本料等の届出状況

区分 病棟 届出年月日(承認)
一般病棟入院基本料(急性期一般入院料4)
急性期看護補助体制可算 25対1
2階病棟
3階A病棟
3階B病棟
平成30年8月1日
平成28年4月1日

横スクロールできます

求める看護師像

1.看護実践力を身に付け、適切な判断と行動ができる看護師

ケアをする力・意思決定を支える力


2.病院機能を理解し、医療チームの一員としての責務を果たすことができる看護師

協働する力・組織的役割能


3.主体的に学習し、自己のレベルアップやキャリアアップを目指す看護師

自己研鑽・研究能力


4.豊かな人間性と常識を持ち、患者や地域のニーズに対応できる看護師

ニーズをとらえる力

ページトップ