外来受診される方

放射線治療センター

より安全な治療法で、最も良い結果となるよう努めています。

最新の放射線がん治療装置「トモセラピーラディザクト」導入

宇治武田病院では、2007年4月に近畿エリアでは初めて放射線がん治療装置「トモセラピー」が導入され、がん治療の三本柱である「手術」「化学療法」「放射線療法」がより充実し、積極的ながん治療を行うことができるようになりました。
トモセラピーとは、高精度のコンピュータ制御により腫瘍に限局して放射線を照射し、正常組織への線量を最小限に抑えることのできるIMRT(強度変調放射線治療)のがん治療専用機です。腫瘍の複雑な形状にあわせて照射野内の放射線の強度を複雑に変化させながら、360度の全方位から放射線を照射するため、今まで以上の治療効果が期待できます。早期発見時の根治治療からターミナルケアにおける痛みを制御する治療まで、幅広く効果的な放射線治療を行えます。
当院では、2019年4月、新型の放射線がん治療装置「トモセラピーラディザクト」に機器も更新致しました。従来に比べてCTの撮影速度が66%向上し、体を静止する時間が短縮され、より患者さんへの負担を軽減した治療を提供できるようになりました。

トモセラピー

治療の様子

CT撮影

トモセラピーラディザクトCTでがん病巣の撮影を行い、正確な位置を把握します。

矢印
放射線照射

360度の全方位から放射線を照射。照射口の回転と人体移動によって、複数のがん病巣への照射が可能です。

治療の流れ

トモセラピーラディザクトの治療の流れをご紹介します。病変の大きさや部位、性質を慎重に協議した上で、患者さんによってトモセラピーラディザクトにするか、手術等他の治療をお勧めするか最終決定します。また、照射の回数やかかる時間は、病気の種類などによって異なりますので、詳しくは担当医にご相談下さい。

治療の流れ 治療の流れ

トモセラピーラディザクト 安心の特長

からだへの負担が少なく安心

安心の特長_01

通常のリニアックを利用した放射線治療に比べ、がん病巣のみを集中的に照射することにより、治療効果が上がります。これにより、放射線の副作用が軽減できると共に、放射線治療期間を短縮することができます。また、治療回数が減少するため、患者さんの肉体的負担と費用負担を軽減します。

合併症が少なく安心

手術で問題となる感染症や麻痺などの合併症、続発症の危険が少ないのが特長です。通常の手術では危険が伴う方、余病のある方、年齢的に不安な方も安心してトモセラピーラディザクトの治療をしていただけます。

安心の特長_02

保険が適用され安心

治療は、通院でも可能で、保険が適用され安心です。

安心の特長_03

診療体制

  • 小田 良之輔

    名誉院長

  • 岡部 春海

    放射線治療センター長
    1975年 京都府立医科大学卒業
    1997年 京都第一赤十字病院放射線科部長
    2007年 2月より、宇治武田病院放射線治療センター長
    医学博士学位取得(京都府立医科大学)
    日本医学放射線学会 放射線専門医
    日本放射線腫瘍学会 放射線腫瘍学認定医

    コメント
    2007年4月より放射線治療センター長を努めております岡部と申します。40年間放射線治療を専門として参りました。
    2007年より西日本初「トモセラピー」を導入し、12年間患者さんの治療に携わってきました。
    2019年4月に最新後継機種「トモセラピーラディザクト」を新規導入いたしました。
    患者さんにはより負担を軽減した放射線治療を提供してまいります。

トモセラピーラディザクト よくある質問

Q1 全てのがんに効果があるのでしょうか?

A1 がんの種類やがん病巣の場所にもよりますが、その多くのがんに有効です。
トモセラピーラディザクトが得意とする治療疾患には、前立腺がん、耳鼻科領域の腫瘍(咽頭がん、喉頭がんなど)、脳腫瘍、乳がん、肺がん、肝臓がん、子宮がん、骨転移、脳転移、肝転移などがあげられます。

Q2 治療中、痛みはありますか?

A2 痛みはまったくありません。
トモセラピーラディザクトの1回の照射時間は照射範囲にもよりますが3~10分程度、トータルの治療時間も20~30分程度ですのでからだへの負担もほとんどありません。

Q3 副作用はありますか?たとえばどんな症状がありますか?

A3 照射場所によっては、頭痛や下痢になるといった副作用は生じる場合がございますが、限りなくがんの形に合わせて照射するため、従来の放射線治療に比べれば大変少ないと思います。
副作用の確認を行いながら、がん治療を進めていきますので安心して治療を受けていただけます。

Q4 通常のがん治療と比べて費用は高いのでしょうか?

A4 通常のがん治療と同じで、保険適用がありますので実費負担は1~3割です。

Q5 トモセラピーラディザクトで治療を受けるのに、症状や体調、体格など、条件や制約はありますか?

A5 一定期間に集中して治療を行うことが望ましいため、体力が十分にある方が最適です。
病変の大きさや部位、性質を慎重に協議した上で、手術など他のがん治療をお勧めするか最終決定をいたします。

Q6 入院する必要はありますか?

A6 治療による副作用が少ないので、ほとんどの場合外来通院での治療が可能です。

病院へのお問い合わせ

お問い合わせ

トモセラピーラディザクトのお問い合わせ・お申し込みはお電話でどうぞ。
トモセラピーラディザクトの治療は、宇治武田病院の地下1階にある放射線治療センターで行います。
トモセラピーラディザクトのお問い合わせ、ご予約は放射線治療センター(0774-25-2650)までお電話下さい。
予約受付時間は月曜日から金曜日の、9時から17時となっております。

外来診療表

休診・代診

予約外来

当院では待ち時間短縮のため、下記の印の科目については予約制を導入しています。

  • 予約優先初診、再診ともに電話予約を受付しております。
  • 再診予約優先再診の方のみ電話予約を受付しております。
  • 完全予約完全予約制となっております。初診、再診ともに電話予約を受付しております。
  • 再診完全予約完全予約制となっております。再診の方のみ電話予約を受付しております。

予約受付

0774-25-2656

※予約は前日の下記時間までで、当日予約は受け付けていません。

※受付時間 月~金(9:00~15:00)/土(9:00~13:00)

ページトップ