当院について

医療設備

最新の設備と療養環境で、さらに充実した医療を提供します。

放射線治療装置(ラディザクト)

がん治療の三本柱のーつである放射線により各種がんに対する放射線治療を専従の放射線治療専門医、放射線治療認定資格を持つ放射線技師が業務に取り組んでいます。
根治目的の放射線治療だけでなく、がんによる各種症状を和らげるための緩和的照射も行っています。
当院では2019年4月より最新鋭の放射線知恵要装置ラデイザクト(米国アキュレイインコーポレイテッド社製)を導入し、より正確、高精度で副作用の少ない放射線治療が可能となりました。

MRI(3.0T)

平成28年5月、3TMR装置シーメンス社製「MAGNETOM Skyra」を(最新バージョンE-11C、2016.05現在)新規導入いたしました。

従来の1.5Tと比較し

  • SN比が高い
    高い空間分解能と薄いスライス厚の実現
  • 磁気緩和時間T1が長い
    MRアンギオグラフィーの画質向上
    ガドリニウム造影剤による信号増強
  • 磁化率の違いが画像上に強く現れる
    SWI(磁化率強調画像)によるコントラストの向上
    ガドリニウム造影剤による信号増強

以上の特徴より頭部・心臓・整形領域と高い画像診断が可能となりました。

MRI(1.5T)

磁力を使って体の様々な断面像を撮像します。頭部、胸部、腹部、脊椎、他全身の画像を撮像したり、造影剤を使用せずに血管・膵菅・胆管等の情報を得ることもでき、全身の診断に効果があります。従来の装置に比べて検査時の騒音が静かになりました。

ヘリカルCT

瞬時に細かく64断面(スライス)が同時に撮影できる世界最高水準のマルチスライス技術を搭載。撮影時間の大幅な短縮が可能となり、最高レベルの検査が行えます。頭部、胸部、腹部等全身の断層像(輪切り)や立体像(3D)の鮮明な画像が得られます。

X線TV

多目的オールデジタルX線テレビシステムによるデジタル撮影で、消化器系造影検査から泌尿器系検査まで、短時間で広範囲の診断が行えます。脊髄造影・血管造影など各種造影検査にも対応。高精度の画像診断は、病変の早期発見・治療に役立ちます。

透析センター

最新の透析液清浄化システム
常時、エンドトキシンや細菌のないクリーンな透析液を供給します。貧血の改善、栄養状態が良くなり、血圧低下の防止やアミロイド症等の低減が期待できます。

全自動コンソールGC-110N
プライミング、脱血、補液、返血機能を自動化した世界初の最新鋭機器を導入し、より安全な看護中心のシフトを構築しました。

手術室(4室)

クリーンクラス1000の手術室で、24時間、緊急時にも対応できる手術室とスタッフを備えています。

ページトップ