外来受診される方

皮膚科

概要

当科は患者さんのQOLを大切にした診療を行います。

診療指針

  • 日常的な皮膚疾患の診療を行います。
  • 効果的な治療のために、病態把握や原因究明のための検査を行い、的確な診断を行うよう努めています。
  • わかりやすく検査や治療、病態などについて説明します。
  • 院内の他診療科や、地域の診療所、大学病院などの高次医療機関等と密に連携して診療を行います。

診療体制

専門性

皮膚科では皮膚病一般を診察いたします。具体的には湿疹・皮膚炎群(アトピー性皮膚炎など)、蕁麻疹、皮膚感染症(細菌、真菌、ウイルス)等の疾患を中心とした日常皮膚疾患の診療を中心に行っています。また大学病院などの高次医療機関と連携し、病状が安定している患者さんにつきましては、乾癬、水疱症、自己免疫性疾患など専門性の高い皮膚疾患のフォローアップも行っております。外来の診療においては、問診や視診だけではなく、直接鏡検法、真菌培養、ダーモスコピーや皮膚生検、金属アレルギーのパッチテストなどの診察室でできる検査や、血液検査や超音波検査などの各種画像検査を行い、診断に努めています。

診療内容

皮膚科では、皮膚、爪、髪に関する皮膚疾患全般を対象にしていますので、お気軽にご相談下さい。

  • 液体窒素による冷凍凝固術や、局所麻酔下での簡単な皮膚腫瘍の切除を行っています。全身麻酔を要するもの、より高度な手術が必要な場合には当院形成外科および他院にご紹介しております。
  • 陥入爪の処置 マチワイヤー法(自費診療)、ガター法により保存的加療を行っています。
  • 円形脱毛症 内服加療、液体窒素、ステロイド局所注射を中心に加療を行っています。紫外線療法が要する方は適宜近医にご紹介させていただいております。
  • 皮膚悪性腫瘍や自己免疫性疾患など、より高度な治療が必要とされると判断した場合には、他科や大学病院等へ紹介させていただく場合があります。
  • 院内の褥瘡対策に取り組んでおり、皮膚科、形成外科、看護部、薬剤部、栄養科など連携してチーム医療を行っております。褥瘡予防を適切に行うため、毎週1回院内の褥瘡回診を行います。

その他 AGA(男性型脱毛症)プロペシア・ザガーロ内服加療も行っています。(自費診療)

学会発表

2016年 熱傷様の巨大水疱を生じた固定薬疹の1例 小嶌綾子 山口綾
日本皮膚科学会第447回京滋地方会

2017年 ヒトヒフバエによる皮膚蠅症の1例 小嶌綾子 大日輝記
日本皮膚科学会第453回京滋地方会

外来診療表

皮膚科

午前 予約優先小嶌 綾子
予約優先仲野 祐里
予約優先仲野 祐里
予約優先小嶌 綾子
予約優先小嶌 綾子
予約優先小嶌 綾子
予約優先仲野 祐里

横スクロールできます

休診・代診

  • 2020年12月03日(木) 皮膚科 (午前):小嶌→仲野
  • 2021年1月18日(月) 皮膚科 (午前):仲野→休診 ※小嶌Ⅰ診のみ

予約外来

当院では待ち時間短縮のため、下記の印の科目については予約制を導入しています。

  • 予約優先初診、再診ともに電話予約を受付しております。
  • 再診予約優先再診の方のみ電話予約を受付しております。
  • 完全予約完全予約制となっております。初診、再診ともに電話予約を受付しております。
  • 再診完全予約完全予約制となっております。再診の方のみ電話予約を受付しております。

予約受付

0774-25-2656

※予約は前日の下記時間までで、当日予約は受け付けていません。

※受付時間 月~金(9:00~15:00)/土(9:00~13:00)

ページトップ