外来受診される方

泌尿器科

概要

当科は、充分なる説明・了解を得て、治療を行ないます。

診療体制

対象領域

副腎から尿路(腎・尿管・膀胱)、男性生殖器(前立腺・精嚢・精巣・精巣上体・尿道・陰茎)の各疾患が治療対象となります。

基本姿勢

診療に当たっては、プライバシーの保護を徹底しています。また、病状についてわかりやすく説明を行い、内容に同意いただいた上で、治療させて頂くよう努めています。

疾患治療

  1. 近隣で開業されている先生方のご協力を頂き、前立腺腫瘍マーカー(PSA)の異常、血尿(肉眼的/顕微鏡的)などに対する、2次検診(画像診断(CT、MRI)、前立腺生検、膀胱鏡など)を積極的にすすめ、前立腺癌や膀胱癌などの早期発見を目指しています。特に、近年MRIは解像度の向上により、前立腺癌の診断において非常に重要な役割を担っており、3T-MRI装置が導入されています。
  2. 当院では、腎癌に対する、腹腔鏡手術を行っています。一方で、健康診断の普及などにより、早期に発見される腎癌の症例が多くなっています。早期の小径腎癌に対する治療は、ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術が保険適応となっています。また、手術リスクの高い方や高齢者などには凍結治療という選択肢もあります。個々の患者さまに適切な治療法を選択し、京都府立医科大学附属病院とも連携して治療させていただいています。
  3. 尿路上皮癌(腎盂尿管癌、膀胱癌)では病状に応じて、手術療法・化学療法・放射線療法を、選択して実施しています。当院では、表在性膀胱癌に対する経尿道的手術、腎盂尿管癌に対する腹腔鏡手術などを行っています。
  4. 前立腺癌に関しては手術療法の他に当院の特色でもある「トモセラピー」も行っています。トモセラピーは放射線療法の一種であり、手術療法と比較して遜色のない治療成績が報告されています。前立腺癌の治療に際しては、手術療法(開腹手術、ロボット支援手術)、放射線療法、内分泌療法など患者さまの病状にあわせ、治療方針を決定しています。
  5. 前立腺肥大症などによる排尿障害は日々の生活の質(QOL)を低下させます。薬物療法を中心に治療を行っていますが、手術加療が必要な前立腺肥大症につきましては、患者さまと十分相談の上、経尿道的前立腺切除術を行っています。

診療実績

2019年度(2019年4月~2020年3月迄)

術 式 件数(件)
尿管カテーテル法
(ファイバースコープによるもの)(両側)
3
前立腺生検法 29
創傷処理(筋肉、臓器に達するもの) 1
内シャント又は外シャント設置術 2
腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 3
経皮的腎(腎孟)瘻造設術 1
経尿道的尿管ステント留置術 11
膀胱結石、異物摘出術 7
経尿道的電気凝固術 2
膀胱悪性腫瘍手術 31
包茎手術 1
経尿道的前立腺手術 5
合 計 96

2020年度(2020年4月~2021年3月迄)

術 式 件数(件)
膀胱尿管鏡検査 1
前立腺生検法 20
創傷処理(筋肉、臓器に達するもの) 1
    (筋肉、臓器に達しないもの) 1
デブリートマン
腹壁濃瘍切開術
1
腹壁膿瘍切開術 1
腹腔鏡下副腎摘出術 1
腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 2
腹腔鏡下腎摘出術 1
経皮的腎(腎孟)瘻造設術 1
経尿道的尿管ステント留置術 4
膀胱内凝血除去術 1
膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術 6
    〃      膀胱高位切開術 1
経尿道的電気凝固術 2
膀胱悪性腫瘍手術    経尿道的手術  44
尿道狭窄内視鏡手術 1
包茎手術  背面切開術 1
  〃   環状切開術  2
精巣悪性腫瘍摘出術 2
経尿道的前立腺手術 1
合 計 95

外来診療表

泌尿器科

午前 予約優先谷口 英史
予約優先川村 博
予約優先谷口 英史
予約優先川村 博
予約優先谷口 英史
予約優先谷口 英史 (第2週)
川村 博 (第4週)
大橋 宗洋(第1・3・5週)

横スクロールできます

休診・代診

予約外来

当院では待ち時間短縮のため、下記の印の科目については予約制を導入しています。

  • 予約優先初診、再診ともに電話予約を受付しております。
  • 再診予約優先再診の方のみ電話予約を受付しております。
  • 完全予約完全予約制となっております。初診、再診ともに電話予約を受付しております。
  • 再診完全予約完全予約制となっております。再診の方のみ電話予約を受付しております。

予約受付

0774-25-2656

※予約は前日の下記時間までで、当日予約は受け付けていません。

※受付時間 月~金(9:00~15:00)/土(9:00~13:00)

ページトップ