1. トップ
  2. > 外来受診される方
  3. > 診療科一覧(外来診療表)
  4. > 透析センター

透析センター

外来診療表

透析センター

午前 戸田 晋
戸田 晋
戸田 晋
鍵谷 真希
戸田 晋
戸田 晋
市橋 淳
増田 康史
午後3 戸田 晋 (1・3・5)
宮嶋 敬 (2・4)
戸田 晋
石田 勝也

休診・代診

予約外来

当院では待ち時間短縮の為、全診療科予約制を導入しております。
但し、予約をされていない方につきましても診察をさせて頂きます。(下記を除く)

  • ・・・初診、再診ともに電話予約を受付しております。
  • ・・・再診の方のみ電話予約を受付しております。
  • ・・・完全予約制となっております。初診、再診ともに電話予約を受付しております。
  • ・・・完全予約制となっております。再診の方のみ電話予約を受付しております。

予約受付

TEL:0774-25-2656
※予約は前日の下記時間までで、当日予約は受け付けていません。
※受付時間   月~金(9:00~15:00)/土(9:00~13:00)

概要

最新設備で透析治療を快適に

増加し高齢化する透析患者さん

図説 わが国の慢性透析療法の現況 2015年12月31日現在より

人工透析を定期的に受ける慢性腎不全の患者さんの数は上図に示すように増加の一途を辿っており、総数は32万人を越えています。そして全体の中で65歳以上の割合が増加傾向にありますが、特に75歳以上の後期高齢者の患者数が増加しています。当院でも2017年09月現在、平均年齢71.5歳と高齢化が進んでいます。

高齢で糖尿病を有している患者さんが多くなると血糖、血圧管理など日々の透析管理への十分な配慮のみならず、アミロイド沈着などの長期合併症への対策、虚血性心疾患や脳血管障害、悪性疾患など加齢に伴う種々の併存病態に対処する必要があります。この点、当院は、循環器科、神経内科、泌尿器科、整形外科、消化器科、眼科、皮膚科、歯科口腔外科の常勤医がいますので診療連携が容易です。必要に応じて適宜、グループ病院や他院もご紹介致します。

また維持透析療法を行う中で食事を中心とした生活管理が非常に重要です。このため当院では栄養士が随時、透析室に出向ききめ細かく栄養指導を行っています。

また、当院はもともとJR宇治駅の至近距離にあるので交通のアクセスが良好ですが、年々高齢化する患者さんや自力通院が困難な患者さんが増えていますので専用の送迎車による送迎サービスにも力を入れ、居住地域や全身状態を考慮して送迎を行っています。

快適な透析環境と多様な血液浄化療法

透析室は十分なスペースと見晴らしの良い最上階フロアにあり、透析ベッドは48床あります。

快適な透析環境と多様な血液浄化療法

透析設備としてはオンラインHDFが施行可能なクリーンな透析液を供給する水処理システムと、透析器には全自動コンソール(GC-100N)を採用しています。

また、今まで酢酸を含まない透析液を使用していましたが、血管石灰化の予防を意識して2017年8月か透析液を変更しております。

血液浄化療法として通常の維持血液透析だけでなく、透析困難症の強い患者さんあるいはアミロイド沈着が危惧される患者さんに対しては適宜オンライン血液濾過透析(Online HDF)を施行しています。術後や全身状態不良の急性期の患者さんには持続的血液濾過透析を行うこともあります。

2016年3月から皮膚灌流圧(Skin perfusion pressure:SPP)測定器を導入し、末梢循環障害のある患者様を早めに見つけ出し、必要に応じてLDL吸着療法を施行しています。下肢の循環が良くなり、足が温かく感じると実感していただいている方が続いています。

慢性炎症性腸疾患である潰瘍性大腸炎に対して顆粒球除去療法も行っています。適応については消化器内科での判断になります。

その他、透析以外の特殊な血液浄化療法として血漿交換、エンドトキシン吸着、ビリルビン吸着、白血球除去なども随時行います。

実績:平成28年度(2016/04~2017/03)

  • ・LDL吸着療法 81件
  • ・顆粒球除去療法 25件

診療体制とスタッフ

診療体制とスタッフ京都南部で数少ない透析可能施設であり、腎臓及び透析の専門医が診療を行っています(月曜日~金曜日)。
血液透析用のベッドは現在、48床あります。月曜日~土曜日にかけて、約100名の血液透析患者様に対して1日3~5時間の維持血液透析(HD)を行っています。
月・水・金は午後3時30分から9時30分まで夜間透析も行っています。
腹膜透析の導入及び維持も行っています。
”腹膜透析+血液透析併用療法”にも対応しています。
土曜日の診療は非常勤医として京都府立医大移植内分泌外科から応援に来ていただいています。