1. トップ
  2. > 外来受診される方
  3. > 診療科一覧(外来診療表)
  4. > 整形外科

整形外科

外来診療表

整形外科

午前 清水 長司
吉田 敦彦
齋藤 令馬
吉田 敦彦
小田 良之輔
中山 雄介
清水 長司
齋藤 令馬
小田 良之輔
貝原 健太
常勤医 (スポーツ外来は第1・3・5)
非常勤医
午後 清水 長司 (スポーツ外来)(15:30~16:30)
岩田 圭生(第2.4.5)14:00~診察

休診・代診

予約外来

当院では待ち時間短縮の為、全診療科予約制を導入しております。
但し、予約をされていない方につきましても診察をさせて頂きます。(下記を除く)

  • ・・・初診、再診ともに電話予約を受付しております。
  • ・・・再診の方のみ電話予約を受付しております。
  • ・・・完全予約制となっております。初診、再診ともに電話予約を受付しております。
  • ・・・完全予約制となっております。再診の方のみ電話予約を受付しております。

予約受付

TEL:0774-25-2656
※予約は前日の下記時間までで、当日予約は受け付けていません。
※受付時間   月~金(9:00~15:00)/土(9:00~13:00)

概要

当科は、専門性を重視した治療をおこないます。

診療指針

整形外科ではほぼ全ての運動器疾患を対象にしています。とくに上肢の外科、関節外科(人工関節など)、スポーツ整形外科に対しては、精度の高い治療を目指しています。

診療体制

小田 良之輔

  • 名誉院長

金 郁喆

  • 院長 / 小児運動器・イリザロフセンター センター長

清水 長司

  • 副院長

齋藤 令馬

  • 脊椎センター長

河合 生馬

  • 主任部長

吉田 敦彦

  • 副部長

日本整形外科学会の卒後教育研修施設であり、日本整形外科学会の常勤専門医7名、上肢の外科専門医2名、日本整形外科学会スポーツ医3名、日本体育協会公認スポーツドクター2名、日本リハビリテーション学会指導医2名、脊椎脊髄外科指導医1名に加え、京都府立医大整形外科から派遣されている非常勤医師による診療を行っています。

診療実績

平成27年度手術件数

人工膝関節置換術 165件
人工股関節置換術 27例
半月板手術 55例
膝前十字靭帯再建術 34例
関節滑膜切除術(膝) 34例
脊椎固定術 16例
椎弓形成術 40例
椎間板摘出術 15例
上肢の外科 520例

年々手術件数は増加しています。金 郁喆院長の小児整形外科手術をはじめ、上肢の外科、膝や肩の鏡視下手術を中心とした靭帯形成術、半月板手術などのスポーツ外傷や、人工関節置換術などの関節外科、低侵襲脊椎手術に力を入れております。

当院整形外科が施行しております「人工関節置換術(膝)手術件数」が「読売新聞」(平成26年6月1日)読売新聞社発行「病院の実力」(平成26年10月6日号)週間朝日MOOK「手術数でわかるいい病院2017」(平成29年3月15日号)に掲載されました。
その後も高齢人口の増加もあり徐々に手術数が増えています。
当科では膝の変形具合、症状を詳細に把握した上で、可能な場合はできるだけ低侵襲な(体の負担の少ない)方法(人工膝関節単顆置換術高位脛骨骨切り術(HTO手術))を用いています。また、相談の上両膝の同時手術にも対応しています。

人工関節ドットコム:整形外科のお医者さん
ひざの痛みと治療方法-高位脛骨骨切り術とは-

教育・研究

週1回の症例検討会および病棟カンファレンス、京都府立医科大整形外科の専門スタッフとの定期的なカンファレンスを行っています。さらに京都府立医科大学、同志社大学との共同研究や学生教育などにも力を注いでいます。また京都の複数の大学でアメリカンフットボール部のチームドクターを担当しています。