1. トップ
  2. > 入院・お見舞いの方
  3. > クリティカルパス

クリティカルパス

クリティカルパスとは?

クリティカルパスとは、必要な治療・検査や看護などをタテ軸に、時間軸(日付)をヨコ軸に取って作った、診療スケジュール表のことです。
従来、患者さんに対して行われる医療は、同じ病院でも、担当医師の経験や判断によって違う方針がとられることがありましたが、クリニカルパスを作る際には、それを各病院で標準化することが必要となりました。各病院でひとつのクリニカルパスを作り上げるためには、医師・看護師をはじめとしたたくさんの医療スタッフが、たくさんの時間を費やして、その病院毎の質の高い医療を追求し、その結果をスケジュール化します。
病気の治療内容とタイムスケジュールを明確にしたことで、患者さんは、その日どんな検査があって、いつ手術をして、どのような医療が受けられ、いつ頃には退院出来るかということがわかるので、入院生活の不安を少しでも解消できることになります。
また医療スタッフにとっても、どのような医療行為をいつ、誰が行うのか、患者さんへの説明はどのようにするか、ということが明確になるので、チームとしての医療サービスをスムーズに提供できるようになります。
クリティカルパスは患者さんと医療スタッフ両者のための羅針盤の様な役割を果たします。

(クリニカルパス学会 ホームページより抜粋、一部改変)