1. トップ
  2. > 当院について
  3. > 沿革

沿革

安心で安全な医療を地域に提供します。

宇治武田病院は平成19年4月1日宇治駅北側に新築移転しました。西日本で初導入の放射線がん治療機「トモセラピー」をはじめ、 MRIや64列マルチスライスCTなど最新の医療機器を整備し、これまでにない高度な医療機器を備えた病院として安心で安全な医療を地域に提供します。

武田病院グループとして、隣接の特別養護老人ホーム「ヴィラ鳳凰」と併せて、南山城地域の皆さまに医療と福祉を提供してまいります。

沿革

2002年    4月 ユニチカ中央病院を承継し宇治武田病院を開設
12月 回復期リハビリテーション病棟運用開始
2003年    3月 開放型病床運用開始(15床)
2006年    10月 歯科医師臨床研修病院指定
2007年    4月 新病院新築移転
透析センター放射線治療センター開設)
2008年    3月 電子カルテシステム導入・運用開始
4月 DPC対象病院
人間ドック健診施設機能評価認定
2009年    3月 日本医療機能評価機構認定
2010年    8月 回復リハビリテーション病床(39床)
→ 一般病床へ
亜急性期病床(4床)運用開始
2011年    2月 亜急性期病床増床(4床→8床)
12月 化学療法室改修(2床→4床で増床)
2014年    10月 亜急性期病床(8床)→地域包括ケア病床(8床)へ