武田病院グループ一覧
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
  • 標準

075-671-2351

受診される方

脳神経外科

脳神経外科

脳神経外科とは

「脳外」「脳外科」と略されることが多い「脳神経外科」は、脳、脊髄、末梢神経系の外科的疾患の診断、治療を行う診療科です。
 脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの「脳血管障害」、「脳腫瘍」、「頭部外傷」など、救急搬送される重篤な患者さんを治療するのが一般的なイメージではないでしょうか。これ以外にも、水頭症、顔面けいれんや突発性三叉神経痛、手術を必要としない頭痛や、脳炎など、幅広い疾患を対象としています。

当院での脳神経外科の役割は「 再発を防ぎ改善を目指すパートナー」

当科では、緊急手術や集中治療室管理を必要とする急性期重症例は、グループである康生会武田病院脳神経外科へ転送し治療を行っています。急性期の治療後の患者さんの回復を支え再発防止するのが我々の役割となります。
 具体的には、脳血管疾患(脳梗塞、脳出血)や脳神経外科手術後の患者さんの、後期リハビリテーションを脳神経外科医のポジションから支えています。こうした疾患で大切なのは、「再発」することのないよう、食事療法や運動療法を続けること、これらの効果を保ち、生活の質が向上するよう、服薬の適切な調整を行うことが重要です。
 疾患の種類、麻痺の程度、ご年齢、意識状態など患者さんの病状から回復可能なおおよそのポテンシャルを想定し、これに対し著しく外れていないか、適切な運動量であるかなど生活内容や容態を確認し、アドバイスを行っています。

「 頭痛」「顔や腕の片方の動きが悪い」「 呂律(ろれつ)が回らない」
これら脳卒中が疑われる症状は迷わず連絡を

自ら歩いて来院され「頭痛」を訴える患者さんが、実はくも膜下出血で、その後、容態が悪化することもあります。他にも「顔や腕の片方の動きが悪い」であるとか、「急に呂律(ろれつ)が回らず、うまく言葉が話せない」といった症状は、脳卒中の可能性があります。治療までの時間が極めて重要なので、こうしたケースは迷わずすぐにご連絡ください。

診療方針

脳神経外科

多職種連携によるチーム医療でお一人おひとりの患者さんを支えていく

対象となる患者さんお一人おひとりに対し、医師・看護師・薬剤師・理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)などの専門家によるチームで医療を提供しています。ADL(日常生活動作)能力の改善を図り寝たきりの防止と家庭復帰を目的として、集中的なリハビリテーションを施行しています。

ある程度、運動をしていると、(脳血管障害、心臓も含めた)血管障害の再発率は明らかに低いというデータがあります。退院後、患者さんがご家庭に戻ってどれだけの活動量が維持できるかという、「アクティビティーの維持」にポイントを置き、多職種で支援を行っています。

家族との幸福な生活が続けられるよう“暮らし”を中心とした在宅療養を支援

とくに入院生活と在宅生活では状況が全く異なりますので、例えば、「夜、寝ていないから昼間のアクティビティーが上がらない」、「薬を飲み残している、「血圧が下がり過ぎている」といったケースを患者さん、ご家族とと一緒に考え、どのように改善していくかという、直接の医療行為でない「外側の治療」にも注力しています。
 もちろん、ご家族だけで対応するのは大変な労力を伴うことがあります。介護保険をはじめとする、在宅生活を支える公的サービスがあるのですが、これをご存知ないケースも非常に多く、当院の居宅介護支援事業所や訪問看護ステーションとも連携しながら、自分達だけで抱え込まず、こうしたサービスを利用するようアドバイスしています。

麻痺がある、意志疎通がしにくいなどの後遺症で、患者さんの気持ちが著しく塞いでしまうことがあります。なかには患者さん本人が回復を望まなくなってしまうケースも珍しくありません。こうした場合でも、「せっかく、歩く能力や出かけたり好きなことが出来る能力があるのに、それを使わないのはもったいない」という回復後のビジョンを患者さんご本人がご家族にお話し、治療、リハビリテーションへの意欲を高めて頂くようお話しています。ADL低下を防ぐ、向上していくことは、ご家族が楽になり、患者さんもご家族の居る家で出来るだけ長く幸せに過ごすことが出来ることにつながります。私たちは医療者の立場から、こうした幸福度を少しでも高めることができるよう努力しています。

担当医

脳神経外科

脳疾患件数

2017年回復期リハビリテーション

脳外科担当患者数82名
退院患者数79名
退院先自宅 57名
自宅外 22名
在宅復帰率 72.2%

外来診療表

脳神経外科

午前 予約優先久保 洋昭 脳神経外科部長
予約

横スクロールできます

休診・代診

受付時間

午前診 8:30〜12:00
午後診 12:30〜16:00
夜 診 16:30〜20:00

予約外来

当院では待ち時間短縮のため、下記の印の科目については予約制を導入しています。

  • 予約制・・・予約制
  • 予約優先・・・初診・予約のない再診・急患の方も受付けています
ページトップ