精華町国民健康保険病院

  1. トップ
  2. 施設のご案内
  3. 精華町国民健康保険病院
  4. 看護部紹介

指定管理者 医療法人 医仁会
精華町国民健康保険病院
精華町国民健康保険病院 透析センター

看護部紹介

理念・方針

看護部 理念

私たちは“思いやりの心”を基盤に、人間愛を育み、相互扶助の精神を持って、全ての患者さまに信頼される看護をめざします。

日々研鑽を積み、看護の質の向上と豊かな人間性の保持に努め専門職としての自覚と責任を持って看護の提供をいたします。

看護部 方針
  1. 専門職として専門的知識・技術を持ち、安全で安心な看護を提供します。
  2. 患者さまの人権を尊重し、個々の患者さまにあった温かい看護を提供します。
  3. 患者さまを中心に他職種・地域との連携をはかり、より良いチームワークのもとに総合看護を提供します。
  4. 専門職業人として人格をみがき、生涯自己研鑽に努め、広い視野を持って社会に貢献します。
教育理念・教育目的・教育目標

    教育理念

    専門職業人として、「思いやりの心」で社会のニーズに応えられる職員を育成します。

    教育目的

    *職員の主体的学習を支援すると共に、経験から学ぶ力を育成する
    *役割を通して、自ら学び考える自律した職員を育成する

    教育目標

    *看護実践能力を向上させ、質の高い看護が提供できる
    *経験を通して、互いに学びあうことができる

看護部長あいさつ

「その人らしさ」を大切に 安心で安全な看護の提供

精華町国民健康保険病院看護部は、武田病院グループの経営理念「思いやりの心」を基盤に、患者さんに信頼される看護の提供を目指し、日々研鑽を積んでおります。

看護単位は、障害者施設等一般病棟50床、一般外来、透析センター20床の3部門があります。チーム医療の中心的役割を果たしながら、地域の方々へのニーズに応えるためにも、一人ひとりの看護職が看護実践能力を強めることが大切であると考えています。看護実践能力の4つの力「ニーズをとらえる力」「ケアする力」「協働する力」「意思決定を支える力」が向上するよう、教育体制を再構築すること、また、看護職を支援する看護管理者の育成にも取組んでまいります。

2018年には ~働きやすい働きがいのある職場~ として、「京都いきいき働く医療機関」に認定されました。上位認定へステップアップできるよう、働き方や勤務環境改善に継続して取組み、雇用の質向上が安全で質の高い医療の提供、患者満足度向上、経営の安定化につながるよう努めます。

また、医療提供体制が変化していく中、疾病や障害があっても安心してその人らしく生活を送ることができるよう、地域での療養を支えられる体制の構築を目指して、地域の医療機関や介護施設との連携を強化してまいります。

精華町国民健康保険病院
看護部長/認定看護管理者
三野雅美

教育体制について

院内研修

医療チーム研修(医療安全・感染対策・褥瘡対策)
各部所研修(伝達講習・トピックス研修)があり、働きながら学べる環境が整っています。

院外研修

武田病院グループ学会および研修会出張規定による支援体制
武田病院グループ看護部門における人材育成システムによる支援体制
個々のキャリアアップを支援し、希望する研修に優先的に参加できる支援体制

2019年度 教育計画

生活と仕事と学習の調和を目指して

  • 私たちは、定期的な目標面接により、やりがいを持って、働き続けられるように支援しています。

    働く現場で共に学び、考え、成長できるように、ミニ勉強会やカンファレンスを充実させています。

    自分の健康維持・回復、育児や介護をしながら、働き続けられる職場を目指し、一人ひとりに合った勤務形態を検討し、勤務環境改善に努めています。

    私たちと一緒に「思いやりの心」で看護を提供し、働き続けることを考えませんか。

*看護・介護体験、復職相談を随時受け付けています。
連絡先 病院代表番号 0774-94-2076
看護部長 三野 雅美までお気軽にお電話ください。

各部署紹介

病棟
方針・目標

病棟師長
田中悦子

  1. 患者家族の人権を尊重した接遇向上に努めます
  2. 安心・安全な療養生活を提供します
  3. 感染対策を充実させアウトブレイクを防ぎます

当病棟は障害者施設等入院基本料10対1で、急性期が過ぎて慢性期に入った患者様が療養しながら医療や看護、リハビリをうけることができる50床の病棟です。
高齢者が多く、入院生活への急激な変化によるストレスから認知症のリスクを高めることもあります。環境の変化を少しでも緩和し安心・安全な入院生活が送れるよう、患者様やその家族の気持ちに寄り添ったケアの提供と、認知症対応力向上に取り組んでいます。
また入院時から退院後の生活を見据え自分らしい暮らしを継続するために多職種チームで介入し、退院支援も行っています。長期入院を余儀なくされる患者様が、生きる活力を失わず、充実した時間が持てるように、お誕生日祝いにカードを渡したり、季節行事を一緒に楽しめるように病棟内で四季折々の飾りつけ等の工夫をしています。また接遇と患者満足度向上のため、患者様と接する時に笑顔を絶やさないように心掛けています。

外来部門
方針・目標

外来・透析師長
松田千加代

  1. 糖尿病患者の受持ち制を継続し、個別性に応じたセルフケア能力が高まるように支援します
  2. 外来通院時から療養・退院支援に取り組みます
  3. 感染対策の維持向上をはかり安全推進につとめます

当院は住民の健康保持、増進、治療を行う予防医学の徹底を図ることを目的とし、地域の医療機関との連携を深め地域医療に取り組んでいます。駅前という交通の便利な場所にあり、働くスタッフも地域の方も多く親しみやすい雰囲気です。外来診療科目には、内科(循環器、リウマチ、膠原病)、外科、整形外科、リハビリテーション科、皮膚科、泌尿器科、歯科、物忘れ外来、訪問診療の対象者も拡大しています。
外来スタッフは、看護師12名、外来当直専従看護師3名が在職しております。業務を可視化し、誰でもがどの業務でも安全に実施できるようにし、患者様がスムーズに外来受診を受けていただけるようにしました。
近年、外来患者の超高齢化が進み、高齢者だけの夫婦世帯や独居の患者が多くなっています。介護の担い手のいない患者の治療が継続できるように、地域との連携を図って生活支援に結び付けています。また、認知症外来への患者も徐々に増え、患者様とそのご家族とコミュニケーションをとることで、その方の生活背景を知り、問題点を見出し、不安を持つ家族への援助につなげています。
また、糖尿病患者の療養指導からフットケア外来へつなげ、足病変の発生予防に努め、早期発見、早期治療で重症化予防に努めています。今年度はリウマチ患者の感染に関する意識の向上を図るかかわりも行いました。外来チーム全体で来院患者のニーズに対応できるよう常に話し合い情報共有を行なっています。

透析センター
方針・目標
  1. 透析患者の受け持ち制を継続し自己管理行動がとれるよう支援します
  2. 透析患者の療養・退院支援に参加し外来透析につなげます
  3. 感染対策の周知徹底をはかります

透析患者様の高齢化や長期透析患者様の増加に伴い、サルコペニア・フレイルなどの問題も多く、日常生活の援助と共に合併症の予防も重要になっています。
当センターでは、一人一人のニーズに応えられるよう日々カンファレンスを行っています。その中で問題点、訴えなどを共有し、統一した指導や援助を行ったり、栄養士とのカンファレンスで個別性のある栄養指導を行うなど、患者様自身が自己管理できるよう支援しています。
また患者様が自分らしい生活や人生を送ることができ、安全安楽な透析治療が提供できるように、ご家族様や多職種とも連携をとりながら患者様を支えていくよう努めています。
そして今年度は患者様にご協力いただき、生活の質(QOL)に関する実態調査の看護研究を行い、睡眠が自己管理に影響を与えていることがわかりました。
今年度は、患者様の生活習慣に焦点をあて、睡眠や食生活などを見直し、良好な自己管理につなげられるよう支援していきたいと考えています。また住み慣れた場所で長く透析生活を送っていただけるようにADL維持にも努めていきます。
今後もより良い看護を提供できるよう患者様に寄り添い、チーム全体で知識・技術の向上を図っていきます。

武田病院グループ
施設一覧

医療施設

健診施設

介護・福祉施設

その他の施設

採用情報

お問い合わせ

看護部人材センター