武田病院グループについて

  1. トップ
  2. 武田病院グループについて
  3. 経営理念/基本方針

経営理念/基本方針

経営理念

ほっ。心がかよう、心が安らぐ環境づくり

  • 私たちは常に思いやりの心をもち患者さんに信頼される病院でありたい
  • 私たちは人々の生命の尊厳に対する希求 健康への願いに対するニーズに応え地域社会に信頼される病院でありたい
  • 私たちはお互いに尊敬と協調の心をもち職員相互が信頼しあう病院でありたい

基本方針

Bridge The Gaps「ブリッジ・ザ・ギャップス(橋をかけよう)」

Bridge The Gaps 心と心、地域社会との間にかけ橋を

武田病院グループは、
患者さんとの間に思いやりと信頼のかけ橋を
地域社会との間に信義と信頼のかけ橋を
すべての職員の間に心と心をつなぐ信頼の
かけ橋をつくりあげる努力を重ねます

患者さんの権利の尊重

私たちは患者さんの意見・立場を大切にしインフォームド・コンセントを尊重します

地球にやさしい環境づくり

武田病院グループは地球環境の保全を保健・医療・福祉活動及び関連活動で常に考慮し地球にやさしい、心がかよう、心が安らぐ豊かな社会環境の実現に貢献します

信頼の医療に向けて

私たちは、医療とは患者さんとの「信頼と意思疎通」を原点としていることを深く認識し、患者さんにより良い医療を受けていただけるように日々努力を重ねるとともに、次の項目を守り、患者さんの健康管理・治療・療養等にチーム医療で支援します。

1. 患者さんの人格・価値観を尊重します。

患者さんが治療や検査等を受けるにあたり、ひとりひとりの人格・価値観を尊重し、相互の信頼・協力関係の下で医療を行います。

2. 良質な医療を平等に提供します。

すべての患者さんに対して、良質な医療を平等に、そして、継続的に提供します。

3. 患者さんの立場に立ってわかりやすく説明をします。

治療や検査等についての説明や情報の提供に際しては、正確に伝えるだけではなく、患者さんの立場に立ってわかりやすい説明と良好な意思疎通を行って、理解と合意を得られるように努めます。

4. 患者さんの意思を尊重します。

治療や検査等に際し、十分な情報提供と意思疎通を行った上で、相互の信頼・協力関係の下、治療方法等の選択について、患者さんの意思を最大限尊重します。

5. 個人情報・プライバシーを厳守します。

患者さんの個人情報やプライバシーは厳格に保護します。

環境方針

私たちのまち京都は、千余年に及ぶ永い歴史の中で特色のある伝統・文化をはぐくみ、歴史と文化の香り高い独自の環境を形成し自然との共生の中で伝統と創造のまちとして発展してきました。
武田病院グループは京都で活動する意義と責務を深く認識し、地球環境保全を保健・医療・福祉活動及び関連活動で常に考慮し、地球にやさしい、心がかよう、心が安らぐ豊かな社会環境の実現に貢献します。
また、関連する法的要求事項、自己公約を遵守するとともに関連団体における環境理念等を尊重し、気候変動の緩和に適応した低炭素化社会の形成、医療・保健材料の省資源化、再生化を考慮した資源循環型社会の発展に貢献します。
私たち、一人ひとりが適切な保健、医療、福祉の提供の中で環境の有限性を深く認識し、組織的に継続的な改善を目指した環境マネジメントシステムの運用をはかります。

武田病院グループの詳しい環境保全活動はこちらをご覧ください。

ISO14001 自己宣言書

武田病院グループの環境マネジメントシステムが ISO14001 の規格に適合していることについて自らの責任で決定し、ここに自己宣言します。
武田病院グループは地球環境保全を保健・医療・福祉活動及び関連活動で常に意識し、グループの果たすべき重要な課題として捉え、今後も尚一層積極的に環境活動を推進します。

08.12.15
武田病院グループ
理事長 武田 隆久

理事長あいさつ

理事長 武田 隆久

理事長 武田 隆久

理想の保健・医療・福祉を思いやりの心と先端医療で実現していきます。

私たち武田病院グループは、患者さんに精神的・身体的・経済的負担を与えない医療・保健・福祉を目標に、最新の技術と設備を取り入れてきました。

また、同時に職員一人一人が、「かけがえのない生命を守る、かけがえのない医療を提供する」ために、「かけがえのない人間」になれるよう努力してきました。これからも私たちは、あたたかさ、優しさの満ち溢れた先端医療を行えるよう、施設整備や先端機器導入というハード面だけでなく、職員の高い人格形成と患者さんとの信頼関係の構築というソフト面も合せて、常に患者さんの立場で変革を推進して参ります。

世の中が変わって行くに従い、医療もまた変わっていきますが、根底にある「思いやりの医療」という本質は変わりません。武田病院グループが皆様と共により発展し、一層地域医療に貢献できますよう、ご支援とご協力をお願いいたします。