宮津武田病院

  1. トップ
  2. 施設のご案内
  3. 宮津武田病院
  4. 看護部紹介

医療法人財団 宮津康生会
宮津武田病院

看護統括師長あいさつ

私たち看護部は、武田病院グループの経営理念「思いやりの心」をもとに、信頼につながる手の温もり・心の温もりが伝わる看護の実践を目指しています。

 京都府北部は高齢化率も高く、一人暮らしの高齢者も多くなってきています。外来通院される方や、入院された場合でも、出来る限り在宅復帰が目指せるように、私たちは患者様と共に治療に寄り添い、各部署との連携を図り、より良い療養環境が提供できるように患者様個々に合った看護が提供できるように努めてまいります。
 また看護スタッフにおいては患者様・家族様の思いをくみ取り、私たち医療従事者がその思いを繋いでいき、思いやりのある温かい看護が提供できるスタッフ教育にも取り組んでいきます。

「この病院に来てよかった」と患者様・家族様、スタッフから言ってもらえるような病院・職場風土の醸成に努めてまいります。

宮津武田病院 看護部 統括師長 籔田 朱実

看護部理念

私達は、信頼につながる、手の温もり心の温もりを伝える看護を提供します。

  • 優しさとは、患者に対して最大の関心をもつこと。すなわち知的な関心を寄せること。
  • 気づきとは、確かな情報をとらえ患者ニーズを確認すること。すなわち心のこもった関心をよせること。
  • 思いやりとは、心に届くアプローチを行うこと。すなわち実践的・技術的な関心をよせること。
看護部の方針
  1. 慢性期医療に対応できる知識・技術を身につけ、安全で安心な看護サービスを提供する。
  2. 医療チームの一員としての自覚と自分の役割を果す。
  3. 病院の健全経営に積極的に参画する。
2022年度 看護部目標
  1. 質の高い慢性期看護を提供する
  2. 病院経営へ参画する
  3. 働きやすい職場環境を作り、職務満足度を向上させる
  4. キャリア開発ラダーを推進し、看護のレベルアップを図る
看護体制

入院基本料=障害者施設等一般病棟 10対1
看護単位=3単位(外来・透析室・病棟)
2交代制(16:30~9:00)
夜勤勤務者4名(看護師・准看護師・看護補助者)
看護方式=固定チームナーシング、PNS、プライマリナーシング

教育について

クリニカルラダーの段階図
看護補助者ラダー

看護補助者ラダー

2022年度継続教育計画

2022年度継続教育計画

看護単位別看護の概況

病棟
病床 許可病床:65床、運用病床:60床
主な診療科 内科・外科・整形外科・泌尿器科・皮膚科
平均入院患者数
(2021年度)
59.0名/日(病床稼働率98.3%)
看護の特徴 身体および意識障害を有した高齢で寝たきりの患者さんがほとんどです。
そのため、安全の保持だけでなく、安心と温かみのある看護・介護の提供を目指しています。重点はADLの援助であり、食事への援助と誤嚥性肺炎の防止、身体保清と皮膚トラブル防止を強化しています。
摂食状況に応じて食事内容を検討したり、嚥下訓練を行いポジションを整えることで、経口摂取による栄養改善へとつなげられるよう工夫をしています。
また、経管栄養の患者さんが多いことから、誤嚥性肺炎を低減するためにも口腔ケアにも力を入れており、その成果が着実に出ています。
医師、管理栄養士、薬剤師、地域連携室を交えて定期的にカンファレンスを行い、チーム医療での治療・看護をしています。
外来
診療科 内科(循環器・消化器含む)外科(内痔治療あり)・整形外科・泌尿器科・皮膚科
専門外来 隔週で月1~3回:糖尿病外来・SAS外来・禁煙外来・物忘れ外来・内痔核治療(ジオン注射)
外来の特徴 慢性期疾患でお悩みの地域の高齢患者さんが多く受診されています。また、近隣の企業より毎年2000件以上の健康診断をお受けしています。限定日ではありますが専門外来も各種行っており幅広い患者さんのニーズにお答え出来るよう勤めています。
平均患者数 80.7名/日(2021年度)
看護の特徴 年々進んでいく地域住民の高齢化に対応するため、高齢者の特徴に合わせた看護が提供できるよう努めています。当院では外来担当看護師は外来診療介助だけでなく手術室・内視鏡検査・中央材料室を担当する為、幅広く活躍出来るのも特徴です。
透析室
患者数 他 60名(2022年4月現在)
透析コンソ-ル20台(内On-line-HDF対応18台)
※各種特殊血液浄化療法にも対応出来ます
月・水・金 ① 8:30~ ② 13:00~
火・木・土 ① 8:30~ のみ
※シャント増設から経皮的血管拡張術(PTA)にも対応しています
当院透析室の特徴 高齢化・過疎化に伴う通院困難な透析患者さんに自宅から病院までの送迎サービスを実施しています。
当院では、通常の血液透析に比べ毒素除去効率が良いとされている血液透析濾過や高齢者に優しい積層型ダイアライザーをとりいれ幅広い患者さんの年齢層にあわせたニーズに対応できるよう努めています。
看護の特徴
  1. 全ての患者さんの特性に配慮し、看護計画を立案し個別性を重視した看護を展開しています。
  2. フットチェックを毎月実施し、早期に足病変を発見し皮膚科等へ紹介する等適切に対処しています。
  3. 透析室通信「そらまめ通信」を定期発行し、患者さんの声や医療・看護の情報を患者さんに届けています。
  4. 患者さんやそのご家族との交流会を年2回開催し、患者さん同士あるいは病院職員との交流に力を入れています。
  5. 月に1度の個別栄養指導や交流会等の機会を活用してセルフケア能力が向上するような取り組みを行っています。
  6. 患者さんの看護計画の立案やその評価の他、患者さんに病状の変化がみられた時には迅速にケアカンファレンスを開催し、スタッフ全員が情報を共有しています。
新卒募集要項 中途採用

オンライン説明会