平成27年度 武田病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 48 167 217 416 655 1322 1718 1454 333
当院は京都乙訓医療圏の急性期病院として一般・救急医療及び高度専門医療を担い、武田病院グループの中核病院として循環器系疾患を中心に幅広い年齢層の患者さんの診療を行っています。高齢化の影響から60代以上の患者は全体の76%を占めており、60代・70代のトップは狭心症の心臓カテ―テルの治療になっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 38 1.53 3.40 0.00 64.45
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 33 21.00 15.35 0.00 69.15
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 31 20.29 13.03 0.00 66.74
・内科の1番目の症例は腎臓内科で透析患者に行われている治療です。
・内科の2番目の症例は糖尿病の血糖値をコントロールする教育入院です。
・内科の3番目の症例は、肺癌の手術症例となっています。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 175 24.09 21.69 10.29 83.52
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 3.30 3.29 0.00 69.22
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 21 19.14 20.63 0.00 77.00
・呼吸器科の1番目の症例は誤嚥性肺炎です。80・90代の年齢層が多く、平均年齢も高くなっています。重症度や基礎疾患などにより在院日数に幅があります。
 また、間質性肺炎などの特定疾患の対応も行っています。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 副傷病なし 200 1.77 2.76 0.00 63.04
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 148 1.20 2.93 0.00 57.94
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 140 2.44 7.91 0.00 64.89
・消化器内科の1番目の症例は内視鏡による大腸検査または、大腸ポリープの切除です。日帰りでの施術や1泊2日・2泊3日など患者さんの状態や生活習慣などを考慮し、幅広い検査方法にて対応しています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 280 2.78 4.87 0.71 71.86
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 189 3.68 5.68 0.00 61.11
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 164 2.42 3.07 1.22 68.98
・循環器内科の1番目の症例は、狭心症の心臓カテ―テルの治療となっています。他院では2泊3日もしくは3泊4日で退院となっていますが、当院ではほとんどの症例で1泊2日のクリティカルパスを用いて、土曜の検査施行など多くの患者さんがご利用しやすい体制を整えています。
・2番目の症例は心臓カテーテルにて不整脈の原因となっている部分を焼灼するアブレーションという治療です。多くの症例で2泊3日・3泊4日のクリティカルパスを用いて、日々の生活への影響が少なくなるよう短期間での入院治療を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 21 6.29 6.96 0.00 58.81
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 19 13.68 11.97 0.00 79.42
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 17 19.24 17.41 0.00 73.41
・外科の1番目の症例は、胆嚢胆石などに対し、腹腔鏡を使用した胆嚢摘出術です。この他疾患に対しても患者さんの状態に応じてお体に負担の少ない腹腔鏡を使用した手術を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 122 38.29 28.70 74.59 83.88
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 69 23.25 21.52 5.80 82.06
160800xx97xxxx 股関節大腿近位骨折 その他の手術あり 25 30.80 20.64 32.00 77.44
・整形外科の1番目の症例は、高齢化に伴い転倒などにより発生の増加している大腿骨頚部骨折です。
大腿骨頸部骨折は術後のリハビリテーションが重要であり、急性期病院の当院では回復期リハビリテーションを担う回復期病院や介護療養型病院と連携して総合的な治療管理を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 15.56 15.80 24.39 69.41
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 5.05 7.52 9.76 70.00
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 36 16.89 18.08 33.33 70.56
・脳神経外科の1番多い症例は、脳梗塞です。当院ではSCU(脳卒中ケアユニット)を開設して、発症直後急性期の患者さんに対しカテーテルや外科手術による専門的な治療を迅速に提供できる体制を24時間整えています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 副傷病なし 30 2.63 3.46 0.00 70.77
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等21あり 13 26.38 22.62 0.00 75.15
050050xx0111xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等11,2あり 手術・処置等21あり 7 25.14 28.59 0.00 72.71
・心臓血管外科の1番多い症例は、下肢静脈瘤の疾患です。当院では、ICU、HCU(ハイケアユニット)にて重篤な急性期の患者さんへの適切な治療・看護を提供できる体制を整え、大動脈破裂などの救急対応や狭心症に対してのバイパス手術などの専門的治療を提供しています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 35 5.46 5.31 0.00 67.57
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 25 19.88 18.08 32.00 75.44
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 25.32 21.69 24.00 80.56
・神経内科の1番多い症例は、めまいの症例です。脳神経外科と連携し脳卒中患者の対応やその他厚生労働省指定難病を含む様々な神経疾患への対応を行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 27 9.59 7.59 0.00 71.89
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 19 11.74 10.25 0.00 75.42
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 18 9.06 5.91 0.00 56.72
・泌尿器科の1番目の症例は、膀胱腫瘍の症例です。この他前立腺肥大症や尿管結石に対し主にカテーテルを使用した経尿道的な手術を多く施行しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 5 5 1 18 27 5 1 6,7
大腸癌 6 12 4 16 32 14 1 6,7
乳癌 3 9 - 1 3 1 1 6
肺癌 4 2 11 23 42 9 1 6
肝癌 2 2 7 - 6 22 1 6
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんについて、集計期間に入院治療を行った、初発患者の病期分類による延べ患者数、再発患者の延べ患者を示しています。
UICC 病期分類とは、UICC 病期分類国際対がん連合によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の 3つのカテゴリによって各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の 4病期(ステージ)に分類するものです。
がんの病期分類は、がんがどれくらい進行しているのかという病期・進行度を意味し、Stage0からStageⅣまであり、最も進行しているのはStageⅣになります。集計値をみると当院では肺癌・大腸癌・胃癌の順に治療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 8 9.13 47.25
重症度 1 8 8.38 71.00
重症度 2 8 22.63 82.88
重症度 3 3 40.33 92.00
重症度 4 - 0.00 0.00
重症度 5 - 0.00 0.00
不明 - 0.00 0.00
成人市中肺炎診療ガイドライン (日本呼吸器学会)による重症度分類(A-DROP)を用いて集計しています。
この指標では細菌による肺炎を集計しています。(誤嚥性肺炎、インフルエンザ肺炎・ウイルス性の肺炎は除きます。)
重症度が高くなるにつれ、平均年齢が高くなり在院日数も長くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 3 8.33 80.33 0.00
その他 - 0.00 0.00 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - 0.00 0.00 0.00
その他 - 0.00 0.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 210 32.02 73.20 29.79
その他 25 21.80 70.52 1.70
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 8 7.13 73.50 0.00
その他 7 6.14 70.14 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 0.00 0.00 0.00
その他 - 0.00 0.00 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - 0.00 0.00 0.00
その他 1 3.00 62.00 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - 0.00 0.00 0.00
その他 - 0.00 0.00 0.00
「ICD10」とは、疾病及び関連保健問題の国際統計分類です。WHOによって公表された分類で、死因や疾病の統計、診療記録の管理などに活用されます。疾病の種類をアルファベットと数字によって表しています。医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞の患者さんを対象としています。
発症から入院までの日数別症例数・平均在院日数・平均年齢・転院率を表示しています。
当院ではI63の3日以内の発症患者さんの症例数が一番多くなっており、平均年齢も70代以上になっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 40 1.68 2.65 0.00 65.00
K610-3 内シャント設置術 29 4.31 12.38 3.45 71.48
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 24 3.08 16.17 0.00 65.71
一番多い症例は、腎臓内科における透析患者さんのシャントトラブルを解除する、経皮的シャント拡張術・血栓除去術になっており、内シャント造設術が続いています。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術 長径2センチメートル未満 197 0.48 0.76 0.00 65.06
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 180 0.27 0.83 0.56 64.92
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 73 1.33 11.38 5.48 78.34
消化器内科では、内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)を多く行っています。大腸ポリープや大腸の腫瘍を切除するための手術です。続いて結腸のポリープや腫瘍の切除の手術が多くなっています。多くの症例はクリティカルパスを用いており在院日数も短くなっております。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 233 0.91 2.28 0.00 64.69
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 203 1.56 1.82 0.00 71.77
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 67 0.94 13.46 1.49 74.81
循環器内科で最も多い手術は、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)に対する経皮的冠動脈ステント留置術を含む、PCIです。虚血性心疾患に対する血管内治療とは、血管内にカテーテルという細い管を挿入し、血管の内側から狭窄部位を削ったり、拡張したりする手術を指します。予定入院であれば、1泊2日で退院することが可能です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 36 2.03 6.86 0.00 60.03
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 34 5.26 4.00 0.00 73.47
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 11 2.45 18.00 0.00 71.82
外科の1番目の症例は、胆嚢胆石などに対し、腹腔鏡を使用した胆嚢摘出術です。この他疾患に対しても患者さんの状態に応じてお体に負担の少ない腹腔鏡を使用した手術を行っています。また、結腸悪性腫瘍についてもできるだけ早期の発見で、腹腔鏡下での侵襲の少ない手術を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 68 2.84 34.82 72.06 84.22
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 66 4.06 32.33 65.15 83.15
K0731 関節内骨折観血的手術 肩、股、膝、肘 29 3.00 26.62 31.03 78.07
平均年齢から高齢者の骨折が多いことがわかります。
自宅退院に向け、術後のリハビリが必要になってきますので、回復期病院等と連携して早期の退院を目指しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 48 0.52 20.06 22.92 79.46
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 18 4.06 25.17 38.89 75.06
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 14 1.64 26.43 28.57 63.71
脳神経外科で最も多い手術は、「慢性硬膜下血腫」に対する穿孔洗浄術です。慢性硬膜下血腫は、頭部外傷を負って1~2ヶ月後に、歩行障害や認知症等の症状が起こる病気で、多くが緊急での手術を必要とします。穿孔洗浄術では、小さな穿頭で硬膜下に溜まった血腫を吸引し洗浄除去します。

当院では脳卒中センターをかまえ24時間365日の体制で患者さんの受け入れを行っております。また脳動脈瘤などの血管内治療にも力を入れ低侵襲で高い治療実績を得ています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 33 0.39 1.21 0.00 71.82
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建)) 15 3.13 25.27 0.00 77.33
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術 2吻合以上のもの 14 3.57 57.57 0.00 67.71
プローブを用いたレーザー治療をはじめとした下肢静脈瘤の治療が最も多くなっています。また、胸腹部の大動脈瘤の手術と心臓のバイパス術が続いています。
大動脈・心臓手術についても24時間365日いつでもできる体制を整えております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 269 0.21 2.01 0.37 74.67
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 7 0.00 1.14 0.00 68.00
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合 1 0.00 1.00 0.00 88.00
眼科の入院では白内障手術が最も多くなっており、多くの症例は片眼日帰り入院です。高齢化に伴い、白内障の手術を希望される患者さんが増えています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 27 2.07 6.52 0.00 71.89
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 25 0.84 3.76 0.00 66.24
K8412 経尿道的前立腺手術 その他のもの 19 1.95 9.79 0.00 75.37
泌尿器科手術数で1位の膀胱悪性腫瘍手術は膀胱癌に対する手術です。尿道から内視鏡を挿入して腫瘍を切除します。開腹による腫瘍切除します。開腹による腫瘍切除手術に比べて患者さんの体への影響は少ない治療方法です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 3 0.05
異なる 14 0.22
180010 敗血症 同一 8 0.13
異なる 20 0.32
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.02
異なる 1 0.02
180040 手術・処置等の合併症 同一 80 1.26
異なる 3 0.05
当院は、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。
起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明させて頂いています。
更新履歴
2016/9/27
集計値公開しました。
2016/9/28
各項目の解説を訂正しました。