平成28年度 武田病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1 57 165 178 413 676 1269 1703 1489 387
当院は京都乙訓医療圏の急性期病院として一般・救急医療及び高度専門医療を担い、武田病院グループの中核病院として循環器系疾患を中心に幅広い年齢層の患者さんの診療を行っています。高齢化の影響から60代以上の患者は全体の76%を占めており、60代・70代のトップは狭心症の心臓カテーテルの治療になっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 18 14.50 12.73 0.00 66.67
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 8.57 10.09 0.00 28.57
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 副傷病なし 13 1.00 2.60 0.00 33.23
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 11 17.36 12.43 18.18 74.64
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等2なし 11 10.00 12.65 0.00 66.18
症例数1位は肺癌の治療です。肺癌の治療は呼吸器内科・呼吸器外科の医師が密に連携して協議を行い、1人ひとり最も適切な治療を提供しています。この症例は主に気管支内視鏡検査による組織採取にて診断し、手術においては、多くの症例で胸腔鏡による低侵襲な手術を実施しています。症例数2位は気胸に対する治療です。自然気胸は何らかの原因で肺に損傷が起こり、肺が縮む病気です。
また集計条件対象外ですが、透析を行うための、血管造影をしながら狭くなった血管を広げる手術も29症例行っています。【(経皮的シャント拡張術・血栓除去術) 29件】
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 155 19.73 21.25 10.97 83.68
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 56 3.23 3.68 1.79 67.34
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 17.26 14.83 10.53 74.11
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 17 17.71 19.92 5.88 73.00
040040xx9906xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等26あり - - 19.34 - -
呼吸器科の症例数1位は誤嚥性肺炎です。誤嚥とは、食べ物や唾液などが気管に入ってしまうことをいい、その食べ物や唾液に含まれた細菌が気管から肺に入り込むことで起こる肺炎が誤嚥性肺炎です。誤嚥性肺炎は、高齢者が多く全体の80%が70歳以上の患者さんです。症例数2位は肺がんの疑いを含む症例に対して肺から少量の組織を採取し異常がみられる部分やその周辺を鑑別する際に行う治療です。
また集計条件対象外ですが、睡眠時無呼吸症候群の検査多く行っています。【(終夜睡眠ポリグラフィー3(1及び2以外) 166件】
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 150 1.27 3.00 0.00 59.70
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 112 2.73 7.89 0.89 65.75
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 78 8.13 11.06 8.97 81.06
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 2.39 7.20 0.00 63.70
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 39 5.59 5.50 0.00 56.10
消化器内科の症例数1位は内視鏡による大腸検査または、大腸ポリープの切除術です。日帰りや1泊2日など患者さんの状態や生活習慣などを考慮し幅広い検査方法に対応しています。
症例数2位は憩室性疾患の治療となります。大腸にできた風船状の袋(憩室)に炎症や感染症が起きた状態であり、腹痛や発熱、便通異常が典型的な症例で、点滴による抗生物質での治療を行います。
また集計条件対象外ですが、胃・大腸などのポリープあるいは早期がん、早期大腸がんの内視鏡的治療の件数も非常に多く362件実施しています。【(内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術2cm未満)】
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 292 2.60 4.71 1.03 71.13
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 252 3.91 5.51 0.40 63.94
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 158 2.48 3.06 2.53 70.01
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 89 24.34 17.95 8.99 82.97
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 2.52 3.22 0.00 70.16
循環器内科の症例数1位は狭心症の心臓カテ―テルの治療となっています。他院では2泊3日もしくは3泊4日で退院となっていますが、当院ではほとんどの症例で1泊2日のクリティカルパスを用いて、土曜の検査施行など多くの患者さんがご利用しやすい体制を整えています。症例数2位は心臓カテーテルにて不整脈の原因となっている部分を焼灼するアブレーションという治療です。アブレーションとは過剰な伝導路(心筋を動かす電気の通り道)や不整脈の焦点を焼いてしまう治療で、多くの症例で2泊3日・3泊4日のクリティカルパスを用いて、日々の生活への影響が少なくなるよう短期間での入院治療を行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 19 9.26 10.30 0.00 55.16
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 8.28 7.61 0.00 66.11
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 18 9.00 6.59 0.00 59.67
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 16 6.81 6.82 0.00 57.00
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 16.67 15.92 0.00 72.93
外科の症例数1位は、増加する乳がん患者の影響もあって当院でも症例数は増えています。疾患の特性上質の高い治療は当然ですが、整容性や術後の患者さんのQOLにも配慮した治療を心掛けています。腹腔鏡下の胆石手術は定型化しており、比較的早期に離床から退院までができるため入院期間が短期間という利点はあります。
集計対象外ですが、鼠径ヘルニア・内視鏡を使ったヘルニアの治療も多くなっています。【(鼠径ヘルニア手術(15歳以上)) 22 件 (腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(15歳以上)) 26 件】
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 107 45.23 27.63 56.07 82.21
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 62 32.11 20.57 11.29 80.84
160800xx97xxxx 股関節大腿近位骨折 その他の手術あり 17 33.35 20.64 47.06 77.12
160820xx01xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 骨折観血的手術等 16 41.25 28.19 12.50 67.00
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 14 39.07 20.45 7.14 71.43
整形外科の症例数1位は、高齢化に伴い転倒などで発生が増加している大腿骨頚部骨折です。大腿骨頚部骨折はリハビリが重要で急性期病院の当院では回復期リハビリテーションを担う回復期の病院等と連携して総合的な治療管理を行っています。また入院患者さんの中では胸椎・腰椎以下の(圧迫骨折)の症例も多くなっています。どちらの症例も平均年齢は高くなっていますが、自宅復帰に向けて効果的なリハビリを提供し、入院前の生活を送れるように患者さんか家族の立場に立った取り組みを行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 63 13.60 9.87 22.22 76.59
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 4.33 7.52 12.50 69.65
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 35 3.14 3.20 0.00 61.11
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 20.19 19.35 58.06 69.16
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 31 11.00 16.54 25.81 67.90
脳神経外科は頭蓋・頭蓋内損傷、非外傷性頭蓋内血腫、未破裂脳動脈瘤の症例が多くなっています。1位の症例は外傷による慢性硬膜下血腫等で、慢性硬膜下血腫穿頭洗浄術を行った患者さんが対象の症例です。入院当日の手術を行うことが多くなっています。2位の症例は外傷による脳挫傷や頭蓋内骨折等で手術を行わない患者さんが対象になっています。当院ではSCU(脳卒中ケアユニット)による重症管理を行っており、早期にリハビリテーションを行い、早期回復を支える体制で治療を行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 12 34.25 24.70 0.00 70.67
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 11 38.18 23.36 0.00 68.27
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等21あり 11 37.36 21.94 0.00 75.91
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 11 7.09 3.34 0.00 62.36
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等21あり 副傷病なし - - 28.23 - -
当院では心臓弁膜症、大動脈疾患、冠動脈疾患など幅広い疾患を対象としており、狭心症などの虚血性心疾患に対しての手術や解離性大動脈瘤に対しての治療を行っています。多くの症例で循環器内科と連携を図り、地域の患者さんに貢献できるように心がけています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 - - 2.91 - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし - - 3.44 - -
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 手術なし - - 2.61 - -
020220xx97xxx1 緑内障 手術あり両眼 - - 14.33 - -
- - - - - - -
眼科の最も多い症例は、集計対象外のため表示していませんが、白内障の手術症例になっています。(年間304件)
その他の症例については10件未満のため件数表示がありませんが、地域の医院との連携を大切にし、患者さん本位の医療を目指しています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 35 4.80 5.24 2.86 67.37
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 15.23 7.12 10.00 57.07
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 25.84 18.71 21.05 74.63
100380xxxxxxxx 体液量減少症 15 6.73 9.33 0.00 80.80
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 14 15.93 16.54 21.43 63.86
神経内科では、めまいの診断患者さんが多くなっており、次いでてんかん発作の治療、パーキンソン病の治療患者の順になっています。入院早期から患者、家族に適切に情報提供を行った上で、最適な治療を選択し、早期での自宅復帰ができるように心がけています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 26 7.38 7.44 0.00 72.38
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 14 8.93 5.83 0.00 64.29
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 12 12.92 9.98 0.00 72.75
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし 12 5.25 5.33 0.00 67.83
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 11 9.45 8.83 0.00 65.00
泌尿器科の症例数1位は膀胱がんに対する低侵襲で負担の少ない経尿道的手術目的の入院症例です。次いで上部尿路疾患の症例が多くなっています。上部尿路疾患とは、尿管結石、腎結石、腎盂や尿管の良性腫瘍を言います。
集計対象外ですが、前立腺がんの疑いの症例に対して行う、前立腺生検を多く行っています。【(前立腺針生検法) 52件】
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 37 34 - 1 6
大腸癌 12 12 12 21 11 - 1 6,7
乳癌 30 17 - - - 13 1 6
肺癌 - - - 25 23 23 1 6
肝癌 - - 12 - - 14 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんについて、集計期間に入院治療を行った初発患者の病期分類による延べ患者数、再発患者の延べ患者を示しています。UICC 病期分類とは、UICC 病期分類国際対がん連合によって定められた、①原発巣の大きさと進展度、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無の 3つのカテゴリによって各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の 4病期(ステージ)に分類するものです。
がんの病期分類は、がんがどれくらい進行しているのかという病期・進行度を意味し、Stage0からStageⅣまであり、最も進行しているのはStageⅣになります。集計値をみると当院では大腸癌・胃癌・肺癌の順に多くなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 6.30 40.30
中等症 13 22.15 73.38
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。平成28年4月~平成29年3月に退院された患者様が対象です。入院の契機となった傷病名および医療資源を最も投入した傷病名のICD-10コードがJ13~J18であるものが対象です。重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。
在院日数は当院に入院した日から退院した日までの日数です。(DPC対象病棟以外も含む)
≪A-DROPシステム≫
 1.男性70歳以上、女性75歳以上
 2.BUN 21dL以上または脱水あり
 3.酸素飽和度 90%以下
 4.意識障害あり
 5.収縮期血圧 90mmHg以下
≪重症度分類≫
軽症 :上記5つのいずれも満たさない
中等症:上記1つまたは2つを有する
重症 :上記3つを有する
超重症:上記4つまたは5つを有する(ただし上記「4.意識障害あり」に当てはまる場合は1つでも重症とする)
不明 :1~5の項目のうち1つでも不明であったもの
重症度が高くなるに従い、在院日数・平均年齢ともに高くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 210 22.88 74.71 34.63
その他 21 49.90 77.48 3.03
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 11 10.18 71.36 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
「ICD10」とは、疾病及び関連保健問題の国際統計分類です。WHOによって公表された分類で、死因や疾病の統計、診療記録の管理などに活用されます。疾病の種類をアルファベットと数字によって表しています。医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞の患者さんを対象としています。
脳梗塞の86%の患者が発症から3日以内に治療を開始しています。迅速な治療の開始はその後の患者さんのADL(日常生活動作)に大きな影響を与えることから、当院では緊急の患者さんを受け入れることができる体制を確保しています。また、急性期医療を担う当院では、回復期リハビリテーションを担う回復期病院と連携し、総合的な治療管理を行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 23 3.65 9.26 4.35 66.74
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 17 3.29 5.06 0.00 31.12
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 17 0.94 2.53 5.88 69.82
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 12 2.92 14.67 0.00 62.50
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 10 5.00 20.80 50.00 68.10
内シャント設置術とは、皮膚の下で動脈と静脈を直接つなぐことにより血圧の高い動脈の血液を静脈の血管に流し、静脈を太くし血流を豊富にして人工腎臓を回す為に必要な毎分200ml程度の血液がとれるようにする手術です。また透析患者さんのシャントトラブルに対してのバルーンカテーテルを用いての拡張術も実施しています。胸腔鏡下の症例は肺の悪性腫瘍や気胸に対する症例です。胸腔鏡下で行うことにより手術侵襲が軽減されます。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 387 0.56 0.90 0.26 65.16
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 69 1.32 9.96 11.59 82.78
K654 内視鏡的消化管止血術 36 0.94 11.78 13.89 72.81
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 33 1.03 8.85 3.03 75.58
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 22 0.95 7.59 0.00 75.77
消化器内科では、内視鏡治療に力をいれており、上位4位まで内視鏡で行う手術となっています。消化管に異常が認められた場合、医師の指示のもと胃や大腸の内視鏡検査を行います。内視鏡検査の結果、出血やポリープを認めた場合、止血術やポリープ切除術等の手術を行います。場合によっては、病変していると思われる組織の一部を摂取して、悪性腫瘍の有無を判別することも可能です。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 232 1.19 1.98 1.29 72.00
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 210 1.53 3.93 1.43 66.28
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 65 1.29 4.95 3.08 74.94
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 51 0.78 2.86 0.00 70.43
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 40 0.48 1.10 0.00 66.18
循環器内科では、侵襲性の高い外科的手術は行いませんが、カテーテルと呼ばれる細い管などを使った手術を行います。当科で最も症例数が多い「経皮的冠動脈ステント留置術」は、主に心筋梗塞などの患者さまに対する治療です。「ステント」と呼ばれる金属製の細い筒を太ももの動脈などから心血管の狭窄部分まで入れ、狭窄部位を拡張した上で再度狭窄が起きないようにステントを病変部に留置します。2番目に症例数の多い「経皮的カテーテル心筋焼灼術」は、主に不整脈を引き起こす疾患治療の一環として行われます。血管内を経由してカテーテルと呼ばれる細い管を心臓まで通した後、カテーテルの先についている電極を用いて異常部位を焼灼することで、不整脈の治療を行います。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 38 1.39 6.16 0.00 62.24
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 28 1.79 4.11 0.00 66.79
K6335 鼠径ヘルニア手術 21 1.29 4.86 0.00 73.86
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 17 0.94 7.18 0.00 60.18
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 17 2.76 16.35 0.00 73.94
胆嚢結石症や胆嚢炎に対して手術を行っています。多くの症例が術後日数5・6日で自宅退院しています。次いで、鼠径ヘルニアに対して腹腔鏡下で修復する手術を行っています。その他乳腺悪性腫瘍手の乳房部分切除術、結腸癌(大腸癌)に対して、結腸とその周囲のリンパ節を腹腔鏡下にて切除する手術を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 77 3.66 41.78 49.35 82.21
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 42 3.81 36.21 57.14 80.86
K0731 関節内骨折観血的手術(肩,股,膝,肘) 26 2.88 31.81 38.46 76.73
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 23 1.83 40.35 17.39 75.00
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 20 7.75 23.10 5.00 73.90
整形外科では高齢者の骨折手術が上位を占めています。当院では手術後のリハビリも自院で行っているため平均在院日数は長めとなっています。高齢者の方の中には自宅復帰が困難な方も多く転院率が高くなっています。整形外科では高齢者の骨折の治療を主に行っており、骨折観血的手術の件数が最も多いです。また、骨折観血的手術・人工骨頭挿入術は平均年齢が80歳以上と高齢であり、リハビリを行った後に他施設へ転院する事があり転院率も比較的高くなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 50 0.92 16.08 24.00 81.28
K178-4 経皮的脳血栓回収術 19 0.00 19.58 68.42 77.16
K1781 脳血管内手術(1箇所) 18 1.06 15.89 5.56 48.67
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 12 4.50 34.50 58.33 64.42
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 10 8.50 20.60 30.00 74.20
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術は、「慢性硬膜下血腫」いう脳の外側にゆっくりと血が溜まる病気に対して行います。
経皮的脳血栓回収術は、「主幹動脈(内頚動脈・中大脳動脈)の閉塞による急性期の脳梗塞」に対して行う血管内手術です。来院後、速やかに治療の評価を行い、手術を行う体制を構築しています。
脳血管内手術は、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤に対して行う血管内手術です。動脈瘤の破裂を起こさないように血管の中から、特殊なコイルを動脈瘤の中に詰める手術です。
当院では脳卒中センターをかまえ24時間365日の体制で患者さんの受け入れを行っております。くも膜下出血や脳梗塞をはじめとした脳卒中の術後で、リハビリを重点的に実施しています。院内の回復期リハビリ病棟へ転棟するため、急性期病棟のみの病院と比べて術後の日数が長くなっています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 16 9.06 33.44 6.25 69.50
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) 16 3.38 31.31 0.00 75.94
K5551 弁置換術(1弁) 12 5.17 32.08 8.33 71.83
K5603ニ 大動脈瘤切除術(上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術)(その他のもの) - - - - -
K6173 下肢静脈瘤手術(高位結紮術) - - - - -
主要手術のトップ3は冠動脈バイパス手術、大動脈瘤切除術、心臓弁置換術です。近年はカテーテル治療の目覚ましい進歩に伴って冠動脈バイパス術が減少傾向になっています。次に多い腹部大動脈瘤切除術も近年はステントグラフト治療の普及に伴って減少傾向です。一方、弁置換術は高齢化に伴って老化変性の大動脈弁狭窄症が増えています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 315 0.13 0.69 0.63 74.43
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K273 隅角光凝固術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
眼科の手術で最も多いのは、高齢者の方に多い白内障の治療のため、水晶体の代わりに【眼内レンズ】と呼ばれる人工のレンズを挿入する「水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)」です。
放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 18 0.00 0.00 0.00 61.44
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
慢性腎不全での維持透析に対する人工血管を用いた内シャントの設置で行っています。また、設置した内シャントを使用して血液透析を行っていると狭窄や閉塞を起こすと血液透析を行うことが困難となるためK616-4経皮的シャント拡張術、血栓除去術を行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 22 1.45 6.09 0.00 73.14
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他のもの) 16 2.63 7.63 0.00 64.81
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 15 0.47 11.80 0.00 72.20
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 13 7.23 17.46 0.00 75.38
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 11 2.36 12.18 0.00 72.73
泌尿器科は膀胱癌の手術が最多で、尿路結石手術、尿管狭窄に対しての手術が上位3位です。
この上位に全てに共通するのが経尿道的手術です。経尿道的手術は開腹手術に比べ患者さんの身体的負担(侵襲)が少ない手術です。そのため手術後の入院期間も短くなっています当院は、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明させて頂いています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 19 0.30
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 85 1.34
異なる 11 0.17
当院は、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明させて頂いています。
更新履歴
2017/09/26
集計値公開しました。