1. トップ
  2. > 当院について
  3. > 病院の取組み

病院の取組み

病院情報の公表

当院では、DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、
皆さんに情報公開を進めています。
このたび、厚生労働省のテンプレートを利用した『病院情報の公表』Webページを公開致しました。
当院における患者数上位3疾患や、5大がんの患者数などをDPCデータに基づき掲載しています。

具体的に、DPC病院が情報公開するのは次の7項目です。

  • 1.年齢階級別退院患者数
  • 2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  • 3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  • 4.成人市中肺炎の重症度別患者数等
  • 5.脳梗塞のICD10別患者数等
  • 6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  • 7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

現在公開している病院指標の集計条件は以下のようになっています。
平成27年度(平成27年4月1日〜平成28年3月31日)までに退院された患者さんが対象です。
医療保険を使用された患者さんのみを対象とし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費等は含めません。
平均年齢は、最初の入院日時点の年齢を基準としています。
歯科治療のため入院された患者さんは対象としません。
「転院率」は転院症例数/全退院数として算出しております。(DPC対象患者のみ)

なお、表中の「-」標記は患者数「0」を示しています。

病院情報の公表データはこちら

クリティカルパス

疾患や手術ごとに、治療や検査、看護内容などをスケジュール表にまとめたものがクリティカルパスです。
すべての医療スタッフがチームとしてそれぞれの動きを確認しながら、効率良い医療を提供することを目指して作成されています。
武田病院ではこのクリティカルパスを通じて、患者さんに治療スケジュールをご理解いただくとともに、積極的に治療に参加していただける医療を推進しています。

武田病院のクリティカルパスはこちら

インフォームド・コンセント

インフォームド・コンセントとは、患者さんが診療を受けるにあたり、検査や診断方法、治療方針などについて医師から十分な説明を受けた後、ご自身の意志でそれらを受けるかどうかを選択することです。
武田総合病院では、医療スタッフと患者さんとの温かなコミュニケーション、密なパートナーシップでより良い治療を実現するため、インフォームド・コンセントを重視した医療を行っています。

カルテの開示

病院と患者さんとが診療情報を共有することは、より質の高い納得をしていただける医療の実現につながります。
武田総合病院では、患者さんへの診療情報提供の一つとして、希望する患者さんに対してカルテの開示を行っています。
もちろん、患者さんのプライバシーに配慮し、患者さん本人のみへの開示を原則としています。

※カルテの開示については、手数料がいる場合もあります。

開放型病院

武田病院は、地域の医院・診療所などと連携して患者さんの診療を行う「開放型病院」の指定を受けています。
患者さんの「かかりつけ医」との共同診療を推進することにより、患者さんが安心でき信頼いただけるように、質の高い医療を継続的に提供しています。

※共同診療は、武田病院が契約している開業医との間で行っています。診療費については、各開業医と当院それぞれが保険に定められた額のご請求となります。

開放型病床について

セカンドオピニオン

患者さんの疾患に対し、担当医だけでなくその専門分野の医師の意見を聞くことをセカンドオピニオンと言います。
医療事故の未然防止、患者さんが十分に納得できる治療の提供に向けて、武田病院は外部医療機関に対するセカンドオピニオン聴取のご希望に随時お応えします。
また、外部医療機関からのセカンドオピニオン提供の求めに対応いたします。

※一部、情報提供に際してのご負担が発生する場合があります。詳しくは各科主治医や看護師にご相談ください。

セカンドオピニオン外来について