稲荷山武田病院

  1. トップ
  2. 施設のご案内
  3. 稲荷山武田病院
  4. 病院のご案内

医療法人財団 医道会
稲荷山武田病院

医師紹介

吉崎 慎介(よしざき しんすけ)

稲荷山武田病院 院長代理

略歴
1973年
横浜市立大学医学部 卒業
神戸中央市民病院 外科
1976年
公立甲賀病院 外科
1979年
京都大学第一外科
1982年
鐘紡記念病院 外科医長
1993年
高槻赤十字病院 外科副部長
1996年
十条武田リハビリテーション病院 副院長
2012年~
現職
資格

日本大腸肛門病学会 専門医
日本外科学会認定医
日本医師会認定産業医
厚生労働省 緩和ケア研修会終了

医師からのひとこと

現在は主に慢性期、障害者病棟、緩和ケア病棟を担当し、神経難病の患者さんや様々な疾患や身体機能の低下をかかえられた高齢者の治療、全身管理を重点的に行っています。
患者さん、お一人お一人の個性、価値観を尊重し、総合的、全人的に診察するように心がけています。

塙 健(はなわ たけし)

稲荷山武田病院 副院長

略歴
1984年
京都大学医学部卒業
1985年
京都桂病院 呼吸器センター
2011年
草津総合病院 呼吸器疾患センター
2012年~
現職
資格

外科専門医
呼吸器専門医
呼吸器外科専門医
厚生労働省 緩和ケア研修会終了
日本緩和医療学会 緩和医療認定医

医師からのひとこと

長年、呼吸器疾患の診療に携わる中で肺がんを始め多くの患者さんの様々な苦痛に接してきました。
  その間、患者さんに寄り添いながら苦痛を癒していく緩和医療の大切さを痛感し当院緩和ケア病棟の開設時よりがん患者さんの緩和ケアに従事しております。 患者さん・ご家族の思いや気持ちを大切に診療を行っております。

森下 茂(もりした しげる)

うつ予防医療センター長(心療内科)

略歴
1982年
川崎医科大学卒業
1990年
川崎医科大学精神科学教室 講師
2004年
十条武田リハビリテーション病院
2013年~
現職
資格

日本精神神経学会 精神科専門医
日本心身医学会 心身医学専門医
精神保健指定医

田野 龍介(でんの りゅうすけ)

稲荷山武田病院 部長

略歴
1983年
京都大学医学部卒業、京都大学附属病院
1984年
財団法人丹後中央病院
1986年
財団法人倉敷中央病院
1989年
京都大学大学院入学(外科学専攻)
1993年
ブリガム・アンド・ウィメンズ病院、ハーバード大学医学部
1995年
大和高田市立病院
1999年
財団法人田附興風会医学研究所北野病院
2006年
東山武田病院
2008年
十条武田リハビリテーション病院
2015年~
現職
資格

日本外科学会 認定医、専門医
日本消化器外科学会 認定医、専門医、指導医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
厚生労働省 緩和ケア講習会修了
日本静脈経腸栄養学会 TNT研修会修了

医師からのひとこと

病気と向き合うだけではなく、患者さんのお話をよく拝聴し患者さんの立場に立って考えられるよう 心がけています。

部門紹介

患者支援室

相談員

一人暮らしの不安、病気を抱えて自分はこれからどんな生活ができるのか、入院費はどのくらい必要なのか、患者の家族としてこれからどう向き合っていけばいいのか等々病院に来られる患者様やご家族は様々な不安や心配事を抱えておられます。 相談員はお気持ちをうかがい少しでも悩みが減り解決の糸口が見つかるように一緒に考え今必要な情報をお伝えするようにしています。また、入院患者様が退院されるにあたり自宅での生活の不安が減るように地域医療・介護との連携を図っております。

チャプレン

チャプレンとは、(特定の宗教に偏らない)病院付き僧侶のことをいいます。古より洋の東西を問わず、医療者と共に病者の苦しみや悦びに、そして「死」と「生」に寄り添ってきました。当院においても多職種チームの一員として、患者さんや家族さんの思いや願いに触れて、また自然のいとなみをご一緒するなかで、人生のゴールへむかうお手伝いができればと望んでいます。

心理士

大きな病気を経験することで、体だけではなく、こころにも負担がかかります。こころの負担は、病気や治療の不安、気分の落ち込み、イライラ、眠れないなど、様々な形で現れることがあります。当院心理士は、多職種で連携を図りながら、患者さま、ご家族さまのこころの負担を和らげるためのサポートを行っています。

栄養科

患者様に美味しいと言っていただける、安全・安心、真心を込めた食事の提供を心がけてます。医師の指示のもと患者様の病状・体調・食べやすさに考慮した食事の提供、季節感をふんだんに取り入れた月1回以上の行事食の提供等をしております。

薬剤部

お薬が適正に使用され患者さんに安全でより良い医療が提供されるよう、情報発信できるように日々研鑽しております。

リハビリ科

ご本人・ご家族の希望を尊重しながら、個々人の全身状態に合わせ、持っている機能を生活の中で生かせるようにリハビリを実施します。外出や外泊を実施される時はご家族に見学をしていただいたり、直接指導をさせていただく場合もあります。