1. トップ
  2. > 外来受診される方
  3. > 診療科一覧(外来診療表)
  4. > 手外科センター

手外科センター

外来診療表

整形外科

午前 若林
予約
高橋 寛 整形外科 主任部長
真多 俊博 副院長・人工関節センター長
予約
肘・手外科
勝見 泰和 院長 (予約)
高橋 寛 整形外科 主任部長
肘・手外科、整形外科
岸田 愛子 医長
予約
真多 俊博 副院長・人工関節センター長
予約
若林
予約
河野 茂 センター長 (肘・手外科)
予約
高橋 寛 整形外科 主任部長
第1・5週 藤原
第2週 八田
第3週 喜馬
第4週 平井
午後 肘・手外科
河野 茂 センター長
(14:00~16:00)予約
高橋 寛 整形外科 主任部長
(13:30~15:00)予約
肘・手外科
勝見 泰和 院長 (14:00~16:30)
予約
請田(14:00~15:00)新患及び請田Drに再診のみ)
岸田 愛子 医長 (肘・手外科/整形外科)
(14:00~16:00)予約
脊椎外来 関
(14:00~16:00)予約
肩関節外来 森
(13:30~16:00)予約
夜診 安東(18:30~)
第1・3・4・5週 奥平
第2週 担当医(18:15~)
※新患及び奥平Drの再診のみ
中村(18:00~)
請田 (新患及び請田Drの再診のみ)
冨永(18:30~)

休診・代診

  • 2019年1月31日(木) 整形外科 (夜診):請田→休診
  • 2018年12月22日(土) 整形外科 (午後):森→9:00~12:00へ変更
  • 2018年12月22日(土) 整形外科 (午後):関→休診
  • 2018年12月19日(水) 整形外科 (午前):岸田→休診
  • 2018年12月14日(金) 整形外科 (夜診):冨永→西村
  • 2018年12月13日(木) 整形外科 (午前):真多→休診
  • 2018年12月11日(火) 整形外科 (夜診):冨永→原田
  • 2018年12月11日(火) 整形外科 (午前):真多→岸田
  • 2018年12月07日(金) 整形外科 (夜診):冨永→原田

受付時間

午前診    8:30~12:00
午後診  12:30~16:00
夜   診  16:30~20:00

診療時間

午前診    9:00~12:00
午後診  13:00~16:00
夜   診  17:30~20:00

予約外来

当院では待ち時間短縮のため、印の科目については予約制を導入しています。

  • ・・・初診・予約のない再診・急患の方も受付けています
  • ・・・予約制

概要

平成30年7月1日から、手外科センターを開設いたしました。
手は極めて繊細で細やかな動きを行います。
また、指先は第2の目とも言われるほど、鋭い感覚を持っています。

普段、手を使っている際には、手の重要さは気付かないものですが、怪我で少しでも手が使用できなくなると、非常に不便です。

手外科センターで扱う疾患

手のみならず上肢の様々な疾患に対応いたします。
代表的なものとして、

  • ・骨折(骨性マレットなどの手指の骨折,舟状骨骨折などの手根骨骨折、橈骨遠位端骨折、肘頭骨折、上腕骨遠位端骨折、上腕骨近位端骨折)
  • ・腱鞘炎(ばね指,ド・ケルバン腱鞘炎)
  • ・変形性関節症(母指CM関節症, ヘバーデン結節,ブシャール結節)
  • ・神経障害(神経損傷,手根管症候群,肘部管症候群)
  • ・腱損傷(伸筋腱断裂, 屈筋腱断裂)
  • ・TFCC損傷・尺骨突き上げ症候群

などが挙げられます。他にも多くの疾患を扱っております。

治療法

伝達麻酔、日帰り手術で負担を少なく

手外科医は、伝達麻酔(目標とする神経のみをブロック)により、手術を行うことが可能です。やや時間のかかる手術でも、手外科医がエコーを用いたブロックを行い、日帰りで行うこともできます。

関節鏡を用いて、低侵襲に

リハビリテーション

手術のみでは、患者さんの機能の改善は期待できません。
特に、術後の手は非常に硬くなりやすく、術後の拘縮には注意が必要です。
例えば、骨癒合は得られたけれども、指が曲がらないと、本来の手の機能を果たすことができません。
当院では、手のリハビリテーションの専門家であるハンドセラピストが在籍しており、患者さん一人一人に合ったリハビリテーションの方法を、提案いたします。手作りで装具も作製いたします。

リウマチセンターとの連携

また、当院リウマチセンターとタイアップし、毎週1回は合同カンファレンスを行い、症例検討を行っています。
関節リウマチ患者さんは、上肢の変形を来たし、様々な日常生活に支障を来します。その様な患者さんに関しましても、保存療法(装具やリハビリテーションなど)や手術療法を行い、治療を行っております。

手外科センター医師

患者さんが可能な限り元の生活、仕事、生きがいに戻ることができように、
日々尽力しております。