1. トップ
  2. > 看護部
  3. > 看護部長あいさつ

看護部長あいさつ

看護部長メッセージ

私たちの病院は、急性期、回復期、慢性期の様々な病期の看護を担っています。武田病院グループの理念「思いやりの心」を基本に、患者・家族に暮らしを見据えた看護を実践し、次の療養生活に安心して移行できるように支援しています。多職種と協働し回復への意志を支え、回復支援、リハビリテーションへの意欲向上支援、セルフケア確立に向けた療養指導を実施し、その人らしい生活の獲得に向けて看護をしています。

患者一人ひとりに寄り添い、その人に添ったケアを考え抜き、実践する、そして多職種チームに発信できる専門職者としての役割を発揮できる自律した看護師育成に向けた教育、支援を行っています。
職場環境においては、不安やおそれを感じることなく、発言や質問ができる環境や関係性を築き、継続して働ける職場を目指し、ヘルシーワークプレイスの実現を目指しています。
患者・家族・地域社会の健康回復、機能回復に貢献できる病院であるために努力しています。

看護部理念

  • わたしたちは「思いやりの心」を基本に行動できる職員でありたい
  • わたしたちは組織の一員としての自覚を持ち社会や医療の変化に対応できるように自己研鑽に努める職員でありたい
  • わたしたちは一人一人が風通しのよい職場風土づくりに参画する職員でありたい