1. トップ
  2. > 看護部
  3. > 看護部長あいさつ

看護部長あいさつ

十条武田リハビリテーション病院の看護の3K

心のこもった
希望をもって
感動をあたえる

看護部部長 林睦美の写真

十条武田リハビリテーション病院の看護部は、武田病院グループの経営理念「思いやりの心」を看護に反映させるために、看護部目標に掲げ具体的な行動と、 時代の要請に応じた医療、看護サービスの提供につなげられるように努力しています。
今年度の新人看護師8名(平均年齢24.3歳)も順調に研修・実践経験を重ね、集合教育と現場でのOJTで少しずつ出来ることが増えてきて、少しずつ自信もついてきて、素敵な笑顔で患者さんに対応できています。

~選ばれる病院になるために~
当院は急性期から回復期、慢性期までを担っているため、看護の幅も広く、学ばないといけないことが多くありますが、医師、セラピスト、薬剤師などと協力してチーム医療を推進し、 医療と在宅・福祉の架け橋となる看護の提供に努めています。

~働きやすい環境づくり~
チーム全体で考える看護~ウォーキングカンファレンス~で患者さんと職員、職員間のコミュニケーションを図り、ベッドサイドでのOJTで互いに支えあい、多様な働き方、学び方ができるように努めています。
昨年10月に「十条たけだ保育園」の開園に伴い、ワークライフバランスも充実してきました。

看護部理念

  • わたしたちは「思いやりの心」を基本に行動できる職員でありたい
  • わたしたちは組織の一員としての自覚を持ち社会や医療の変化に対応できるように自己研鑽に努める職員でありたい
  • わたしたちは一人一人が風通しのよい職場風土づくりに参画する職員でありたい