1. トップ
  2. > 医療関係者の方
  3. > 開放型病床のご案内

開放型病床のご案内

武田病院の開放型病床

私たち医師は最も適切な治療をすることによって、患者さんに一日も早く健康を取り戻していただくことを願っています。そのためには病診連携とよばれるように、診療所と病院がより緊密な連携を保つことが必要です。そのためのシステムとして「開放型病床」という制度があります。開放型登録をいただいたかかりつけ医と当院の医師とで患者さんに安心のある医療を提供させて頂くことができます。

開放型病床とは

患者さんのかかりつけの医師と、高度な医療設備や技術を備えた病院の医師とが連携して治療にあたることによって、適切で効率的な医療を提供して行こうとするものです。登録医は、開放された病院のベッドを利用することができます。登録医の紹介によって開放型病床へ入院された患者さんを、病院の主治医とかかりつけ医が連携して診療にあたります。
(開放型病床は一般病床への入院とは区別され厚生省の規定に基づき登録医の訪床毎に一部負担金が必要となります。)

開放型病床はどのような利点があるのでしょうか

利点1

患者さんのかかりつけの医師から入院先の主治医へ医療情報が十分に伝えられるので安心です。

利点2

よりよい医療を提供するために、かかりつけの医師は、開放型病床に入院された患者さんを適宜訪問し、状況を把握したうえで、病院の主治医と診療、経過、今後の治療方針などを十分に話し合っていきます。

利点3

通院時に入院中の詳細な診療情報がかかりつけの医師に伝達されます。従って患者さんは、従来のかかりつけの医師のもとで、効果的な治療を継続することができます。

利点4

かかりつけの医師は、入院中の病状経過を把握していますので、患者さんは退院後も引き続き安心して診察が受けられます。

利点5

一貫した診療を行うことで、適切で効果的な治療効果が期待できます。

連絡先

医療法人財団 医道会  十条武田リハビリテーション病院  地域医療連携

TEL  075-671-2523(直通)

FAX  075-671-2654(直通)

TEL  075-671-2351(代表)

FAX  075-671-2961(医事部)

回復期リハビリテーション病棟対象患者さん判定表
下記よりダウンロードいただけます。