1. トップ
  2. > 医療関係者の方
  3. > 回復期リハビリテーション

回復期リハビリテーション

十条武田リハビリテーション病院の回復期リハビリテーション

十条武田リハビリテーション病院では平成16年9月に回復期リハビリテーション病棟を開設しました。病棟には専任の医師、看護師、リハビリスタッフ、医療相談員等が従事しています。病棟では身体機能訓練から日常生活全般に渡る幅広いリハビリテーションと、在宅生活を想定しながら入院生活をより安全に過ごしていただくために、一人ひとりに合わせた看護ケアに取り組んでいます。

月に1回 ご本人・ご家族に対して説明会を開催しています。内容としては現在の身体の状態、リハビリの進行度合、病棟での生活状況などの説明を行います。また退院後の生活設定についての話し合いを行い、ご本人、ご家族がスムーズに在宅生活に移行していただけるよう支援させていただきます。具体的には退院後の日常生活の注意事項や動作指導、必要に応じてご家族への介助方法指導や住環境設定のアドバイス・社会資源の紹介などをさせていただきます。

入院までの流れ

当院回復期リハビリテーション病棟へのご入院意志確認

1. 必要書類作成
  • (1)診療情報提供書
  • (2)回復期リハビリテーション病棟対象患者さん判定予診表
  • ((2)の書類は当院所定の用紙がございますので、下記からダウンロードし、プリントアウトしてご利用下さい。)
  • (3)直近の採血データ

回復期リハビリテーション病棟対象患者さん判定予診表は下記よりダウンロードできます。

2.地域医療連携室に電話連絡
3.地域医療連携室に(1)(2)(3)の書類をFAX
情報提供書の内容について、担当者より聞き合わせをさせて頂くことがあります。
4.判定会議
判定会議は、月曜日~金曜日に行っております(祝日は除く)
5.入院の可否決定
担当者よりご紹介元病院担当者様に入院の可否を電話連絡させて頂きます。
6.入院日調整
担当者よりご紹介元病院担当者様に電話連絡させて頂きます。

※ご不明な点がありましたら、当院地域連携室までご連絡下さい。

画像

入院対象者

疾    患 発症から入院
までの期間
病棟に入院
できる期間
1)脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後の状態、義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 180日
2)大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折、ニ肢以上の多発骨折の発症又は手術後の状態 2ヶ月以内 90日
3)外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態 2ヶ月以内 90日
4)大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後の状態 1ヶ月以内 60日
5)股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

※入院期間については、医師の判断のもと患者さんの回復状態や退院後の環境によって異なります。

※上記の疾患の方で重度の合併症がある場合、ご希望にお応え出来ない可能性もありますので、予めご了承くださいませ。

回復期転院を勧められている患者さん・家族さんへ

連絡先

  • 地域医療連携室 TEL   075-671-2523(直通)
    FAX   075-671-2654(直通)
    ※日曜日・祝日・祭日・年末年始はお休みさせていただきます。 ※地域医療連携室受付時間外につきましては医事部にて対応させていただいております。 TEL   075-671-2351(代表)
    FAX   075-671-2961(医事部)

回復期リハビリテーション病棟対象患者さん判定表
下記よりダウンロードいただけます。