武田病院グループ一覧
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
  • 標準

たけだ診療所 免疫・遺伝子クリニック

提供する療法

当院でご提供している療法の紹介とスケジュール当院でご提供している療法の紹介とスケジュール

01

樹状細胞WT-1ペプチドワクチン療法

たけだ診療所では、大阪大学医学部の杉山治夫教授の協力を得て、新規WT-1ペプチドを用いた樹状細胞ペプチドワクチン療法を2018年9月から臨床応用に着手いたしました。
この新規WT-1ペプチドは、従来のWT-1ペプチドと比較して、がん特異的キラーT細胞およびがん特異的ヘルパーT細胞をより効率的に誘導します。樹状細胞ペプチドワクチンを使う場合、いかに良質の樹状細胞を用いるか、及び、いかにがん特異性の高いがん抗原ペプチドを用いるかの2点が、がんワクチンとしての品質の高さを決めます。
当院で施行する樹状細胞WT-1ペプチドワクチン療法は、この2点を極めてハイレベルでクリアしており、がん特異的キラーT細胞の誘導に加えて、そのキラーT細胞をさらに活性化するがん特異的ヘルパーT細胞の誘導も可能なワクチン療法です。

樹状細胞WT-1ペプチドワクチン療法

02

ナチュラルキラー(NK)細胞療法

NK細胞は、自然免疫を担う重要な細胞の1つで、体内に異常な細胞が発生した際にすぐさまそれらを攻撃する初期防衛機構としての働きを持っており、末梢血中に10〜20%の割合で存在しています。NK細胞療法とは、このNK細胞を選択的に増やし、活性化し、患者さんの体に戻すがん免疫細胞療法です。レトロネクチン®誘導T細胞で刺激を加えながら培養するというタカラバイオ株式会社が独自に開発した技術を用いることで、高純度のNK細胞を大量に増やします。自然免疫を介した抗がん効果が期待できます。

ナチュラルキラー(NK)細胞療法について

現在、NK細胞療法の新規の受付けはしておりません。

03

レトロネクチン®誘導Tリンパ球(RIT)療法

Tリンパ球は抗CD3抗体とインターロイキン2(IL-2)により体外で活性化して増殖させることができます。
これにレトロネクチン®を併用することで、リンパ球を増殖させる効率が良くなるだけでなく、増殖後のTリンパ球中にナイーブTリンパ球が多く含まれることが確認されています。ナイーブTリンパ球は、生体内で寿命が長く、体内へ移入後効率よくがん近傍のリンパ節に集まり、そこでがん細胞を攻撃するための能力を獲得することで、従来の活性化リンパ球療法よりも高い抗腫瘍効果を発揮することが期待されます。

レトロネクチン®誘導Tリンパ球(RIT)療法について

04

自家がんワクチン療法

患者さんご自身の手術時に取り出したがん組織を化学的に固定し完全に殺した上で、特殊な免疫刺激剤で加工し、がんワクチン(「自家がんワクチン」)を作製して患者さんご自身に接種する治療です。この「自家がんワクチン」により誘導され、からだの中で活性化されたリンパ球が「がん」を攻撃し、「がん」の再発や進行を抑制することが期待できます。

自家がんワクチン療法について