北山武田病院 美容治療専門サイト

治療メニュー

シミ・あざ

  • 肝斑
    (かんぱん)

    もやもやしたしみ

  • 老人性色素斑
    ろうじんせいしきそはん

    くっきりとしたしみ

  • 色素沈着
    (しきそちんちゃく)

    さまざまな刺激が原因となりしみとなる。外傷性色素沈着・くすみなど

  • 太田母斑
    (青あざ)

    生まれつきか、思春期までに出現する、青~黒褐色の比較的大きな色素斑。

  • 遅発性両側性
    太田母斑様色素斑
    (青あざ)

    成人してから主に頬骨の上を中心に出現する、青~黒褐色の色素斑。

肝斑(かんぱん)

症状

頬、目や口の周囲、額に左右対称にあらわれる、茶褐色のモヤモヤとしたシミです。

原因

原因は一つでなく、様々なものが考えられています。

  • 紫外線
  • 女性ホルモンの影響。妊娠、閉経前、子宮・卵巣の病気などで悪化
  • こするなどの機械的刺激
  • 過労、不眠、ストレス
  • 薬剤の服用(経口避妊薬<ピル>、抗てんかん薬)
  • 加齢による肌の新陳代謝の低下
治療法
  • 当院独自で開発した美白剤の塗布(ビタミンCクリームなど)
  • ビタミンC・E、トラネキサム酸等の内服
img01
アドバイス
  • 紫外線の予防(UVAもカットできる日焼け止めを選びましょう)  
    • 日焼け止めは年中使いましょう 
    • 日傘や帽子、スカーフなどをうまく利用しましょう
  • 機械的刺激を避ける 
    • クレンジング、洗顔、マッサージなどはできるだけ優しく行いましょう
    • メイクアップ等で、パフやブラシできつく擦る習慣はやめましょう
  • ストレスを軽減し、規則正しい生活を送りましょう
  • 赤みやかゆみが出るなどの合わない化粧品を使い続けないようにしましょう

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

症状

顔面、特に頬に生じる褐色~黒褐色の平らな色素斑です。周りの皮膚との境界ははっきりしています。「老人性」という言葉がついていますが、早い人で10代後半から出現します。 個人差はありますが、加齢に伴って増加する傾向があります。

原因
  • 紫外線
  • 加齢
治療法
  • レーザー治療(下記と組み合わせるとより効果的)
  • 当院独自で開発した美白剤の塗布(ビタミンCクリームなど)
  • ビタミンC・E等の内服

※濃いものほどレーザーによく反応します。

img02
アドバイス

紫外線の予防

  • 日焼け止めは年中使いましょう
  • 日傘や帽子、スカーフなどをうまく利用しましょう

色素沈着(しきそちんちゃく)・外傷性色素沈着・くすみ

症状

さまざまな刺激が原因となって、その部分のメラニン細胞の働きが一時的に活発になったもので、 通常時間と共に薄くなっていきます。刺激が繰り返されると、色素の増えた状態が安定化し、いわゆる「しみ」に変化していきます。

原因

強い紫外線による日焼け、にきびやかぶれ、皮膚炎、不適切なスキンケア、 肌に合わない化粧品、マッサージのしすぎ、やけど、けがなど一時的な刺激に対する、皮膚の「防衛反応」です。

治療法
  • 原因となる刺激を避けることができれば、数ヶ月の経過で徐々に薄く、目立たなくなっていきます。代表的な例が、夏の日焼けです。刺激が原因の場合、レーザー治療は新たに刺激を加えることになるので、おすすめできません。
  • 当院独自で開発した美白剤の塗布(ビタミンC クリームなど) 
  • 色素沈着に有効な内服薬(ビタミンC・Eなど)
    早く治療を開始するほど効果的です。
アドバイス

さまざまな刺激が重なることで、できてしまった色素沈着が安定化して「しみ」に変化しますので、日焼け止めなどを使って紫外線を防止することが大切です。
洗顔の際のこすりすぎやマッサージ、メイクなどが原因になっていることもありますので、正しい方法を身につけてください。 色素沈着のあるところは、汚れているように見えてしまうため、洗顔の際に必要以上にこすってしまいがちです。隠そうとして塗り重ねたメイクが原因になっていることもあります。
お気軽に洗顔法など相談ください。

太田母斑(おおたぼはん)

症状

片方の額・目の周囲~鼻・頬にかけて青色~黒褐色の色素斑としてみられます。(両側に出る人もいます)
しばしば、白目にも及びます。先天性で思春期に濃くなったり、広がったりすることがあります。女性にやや多いです。

原因

先天的な原因により、メラニン色素を産出する細胞が、通常は存在しない皮膚の深いところ(真皮層)に存在するためです。

治療法
  • レーザー治療、複数回照射します。
  • レーザー照射後に色素沈着を生じる場合があります。その場合次の治療を行うことで改善されます。

当院独自で開発した美白剤の塗布(ビタミンCクリームなど)

img03

太田母斑はほとんどの場合、保険適応で治療が可能です。

アドバイス

色素沈着を予防するため紫外線防止を心がけましょう。

使用するレーザー機器

遅発性両側性大田母斑様色素斑(青あざ)

症状

主に頬骨の上を中心に、直径数ミリの「しみ」のように見える「色素斑」が左右対称性に増えてきます。
女性に特徴的で、30代頃に気づくことが多いので、他の「しみ」とまぎらわしいのですが、あざの一種です。

原因

色素を作る細胞が生まれつきその場所に集まっていて、成人するころから働きが活発になるのだと考えられています。

治療法
  • レーザー治療により、色素を作る細胞を壊して、その数を減らすことができます。通常、あざの細胞が後からどんどん増えることはないと考えられています。
  • 当院独自で開発した美白剤の塗布(ビタミンC クリームなど)で色素を作る働きをある程度抑えることができます。
アドバイス

あざの細胞をイオントフォレーシスや美白剤だけで完全に消すことはできません。なかなか薄くならない「しみ」や、「目の下のクマ」と思い込んでいることが多いので、気になる場合は形成外科・美容皮膚科の診察を受診しましょう。

治療一覧に戻る
治療費のご案内

治療費のご案内

よくある質問

よくある質問

北山武田病院 美容治療

北山武田病院北山武田病院のホームページはこちら

〒603-8053 京都市北区上賀茂岩ケ垣内町99番地
TEL:075-721-1612(代表)
FAX:075-701-7399

午後13:30~
15:30

印は女性医師の診察です。

※予約制を導入しております。診療の予約はお電話で受付けております。(当院では予約費用は頂いておりません。)

※受付は、診察開始30分前から始めます。

予約はお電話でお願いします。

予約はこちら