スタッフの一日

安全・感染予防・褥瘡予防・継続教育
にも積極的に取り組んでおり、
スタッフが働きやすい環境です。

辻 真吏

勤務先:康生会武田病院  入職:2007年

このスタッフからのメッセージを見る
8:00

自転車に乗って出勤

子どもたちと一緒に自転車に乗って保育所へ。
しばらくの別れで寂しい気持ちを切り替え職場へ出発。
8:50

勤務開始

時間短縮制度を利用しているため、医師と看護師合同カンファレンスに参加して、日勤スタッフとともに情報収集を開始します。
合同カンファレンスで、医師と話し合い当日の看護が計画されます。
9:00~

患者さんの状態観察・ケア

合同カンファレンスの結果決定された計画に沿って看護を実践します。
当院では心臓血管外科の術後患者が入室しています。術後の場合、患者の状態観察や薬剤管理、医師の処置の介助などを中心に行います。また、安全・安楽を考えながら、体位変換や清拭なども行います。
AMIや心臓血管外科術後のリハビリ期では、ADLの拡大を目指して患者とともにリハビリを行います。
当院では緊急入院の受け入れも行っているため、いつでも受け入れが出来るように部屋の準備と心の準備をしています。
12:00~

面会時間

家族へ挨拶をして、コミュニケーションをとります。
必要に応じて、医師とのインフォームド・コンセントの場を設けます。
13:00~

患者さんの状態観察・ケア

午前と同じように計画に沿ってケアします。
16:30

夜勤担当者への申し送り

夜勤担当者へ確認事項や重要な申し送りを口頭で伝えたり、一緒にベッドサイドへ行き夜勤者の受け持ち看護師と一緒に患者の状態を観察します。
17:00

勤務終了

子どもたちを保育所へ迎えに行きます。 玄関から飛び出して『ママー』と笑顔を見せてくれる子どもたちに癒され、家路へと向かいます。

急性期病院で一緒に看護をしましょう!

私は、急性期病院で急性期医療を学びたいと武田病院を希望し、集中治療室に勤め約7年が経ちました。入社当初は、重症患者さんを目の前に何をしたらいいのかがわからなく、悔しい思いをしました。しかし、先輩と一緒に看護を行うなかで『私も先輩のような看護師になりたい』と強く思い、今まで続けることができました。
武田病院は急性期医療を行っており、重症患者さんの受け入れや緊急手術など24時間対応しています。急性期疾患の治療や看護を学ぶことができます。当院の集中治療室では、他職種や看護師同士のカンファレンスを通して、より個別性のある看護を提供しています。そして、安全・感染予防・褥瘡予防・継続教育にも積極的に取り組んでおり、スタッフが働きやすい環境です。私もそんな環境のなかで勤務をしており、まだまだ勉強することがあったり、患者さんやスタッフから学ぶことも多く、楽しみながら働いています。

看護のすばらしさを共有しましょう!

今までを振り返るといろいろな患者さんに出会いました。その中でも、印象に残っているのが、看護師2年目の時に受け持った患者さんです。その方は、心臓の手術を行いましたが、術後の状態が不安定で治療が長期になり、気管切開をしました。既往に糖尿病性網膜症を患っており明暗程度しか見えない状態でした。そんな中、不隠や興奮状態が連日続き、薬剤にて鎮静をしていましたが、薬剤を使用せず環境を整えることで、昼夜のリズムをつけ安心して入院生活が送れないかと介入しました。始めは薬剤を使用しないと安静が保てませんでしたが、患者さんと関わる時間を増やし、視界で把握できない分聴覚を利用して現状を説明したり、気管切開をしているため、紙に字を書く練習を行ない書いて伝える手段を獲得してもらい患者さんの不安軽減に努めました。そうすることで徐々に薬剤を使用せず夜間入眠できるようになりました。またそれまでの険しかった表情から笑顔がみられるようになり、落ち着いて治療に臨めるようになりました。そして、リハビリもすすみ、一般病棟へ車椅子で転棟できました。患者さんの不安を軽減し、ニードを満たすことで穏やかに過ごす事ができるようになりました。
この事例から、薬剤ばかりに頼るのではなく、患者さんのニードをアセスメントして看護をすることの大切さを教わりました。今でも忘れられない患者さんのひとりです。

武田病院は子育てをしながら働ける環境です

私は、結婚・出産を経験し、ワークバランスに変化が生じました。一時は子育てに専念しようかと悩みましたが、看護師としての自分も磨いていきたい気持ちを捨てることができませんでした。集中治療室に入られる患者さんは生死に関わる状態であり、患者さんはもちろんのこと家族の不安も大きいです。そんな患者さんに対し、患者は何を望んでいるのかを知り、その人らしく入院生活を送るためには看護として何が出来るのか、また、家族にとっての支援とは何か、を考えながら看護する楽しさが今も看護師を続ける糧となっています。
今仕事と育児の両立ができているのも、師長をはじめスタッフの理解と協力があってからこそ、看護師を続けられています。これからも、母として、そして看護師としての自分でありたいと思います。

入職してよかった点、仕事へのやりがい

入職した当初は自分のやりたい看護もわからないまま、日々の業務を覚えることや、疾患・器械のことを勉強するのに過ぎていったように思います。しかし、ここまで継続して勤められたのも、患者さんの日々変化する状態や、言葉では話せなくても何か伝えようとしている力や反応に嬉しさを覚えたからです。そして、患者さんに、その人らしく過ごしてほしい、そのために患者さんの手助けをしたい、と考えるようになりました。その思いは、経験を重ねることにより、患者さんだけでなく不安を抱える家族にも支援したい、と考えるようになりました。
ここまで私が成長できたのも、一人の力ではなく、尊敬する先輩たちのサポートがあったからです。今は先輩たちのように後輩育成に力をいれ、指導力・教育への知識を深めるよう努力しています。そして今以上に働きやすい職場作りをスタッフ全員で行っています。

>>勤務地より求人を探す
戻る