21.神経内視鏡手術、低侵襲手術についてあれこれ

脳神経外科の手術はこれまで顕微鏡を用いて行われてきましたが、最近は内視鏡をもちいた手術も一般的になってきました。当科の神経内視鏡センター長の池田 直廉医師に解説してもらいます。 脳神経外科でも行われるようになった内視鏡手術 みなさんは「脳神 […]

20.こむら返りに 便秘薬(酸化マグネシウム)は効く? 効かない? ―足がつる―

■体験談 夜中や明け方に突然おそってくる例の足の激痛、こむら返りのお話しです。私が子供の頃、冬の夜、祖母がよく足をつって苦しみだすことがありました。熱いお湯をいれたバケツに浸したタオルで、つった足を温めて筋肉を引っ張ると著効(※)したのを覚 […]

19. 高齢者に多い背骨の圧迫骨折

高齢者に多い背骨の圧迫骨折(最近専門的には椎体骨折といいます)の治療についてのお話しです。 第4回のブログで『高齢者が急に腰痛を訴えたら背骨の圧迫骨折を真っ先に考えてください、急性期の診断にはMRIが有用です』と書きました。高齢者の一番多い […]

18. 多発性骨髄腫

先日、多発性骨髄腫を患われたことを公表された宮川花子さんが話題になりました。 多発性骨髄腫とはどのような病気なのでしょうか。 当院の血液病センター吉田彌太郎顧問に詳しく説明していただきました。   多発性骨髄腫とは? 多発性骨髄腫 […]

17. 骨盤脆弱性骨折とは ~ 太ももの付け根の痛み-ひょっとして骨盤や仙骨の骨折かも~

以前は骨折といえばレントゲン写真でわかるというイメージがありましたが、高齢者ではレントゲン写真では明らかな骨折線がなくてもおれていることがあり(不顕性骨折 ふけんせいこっせつ)、そしてはっきりとしたケガなく折れていること(脆弱性骨折 ぜいじ […]

16. 眼窩底骨折について

先日、激闘の末、ボクシング2団体統一王者となった井上尚弥選手が、眼窩底骨折(がんかていこっせつ)をおこしたことを発表していました。この眼窩底骨折とはどのような病気なのでしょうか。当院の歯科口腔外科 木村功部長にわかりやすく説明していただきま […]

15. 内分泌疾患について

今回は、脳神経外科の疾患ではないのですが、患者さんにとってはあまり聞きなれない内分泌の疾患について、当院の内分泌センター/成瀬光栄センター長にわかりやすく解説していただきます。 Q:内分泌疾患とはどんな病気ですか A:身体の中では多くのホル […]

14. 物忘れと認知症

脳神経外科の外来で脳のCTやMRIをとった後によく聞かれる質問が「物忘れがひどいんですが・・・」、「認知症とか大丈夫でしょうか」などという質問です。CTやMRIで物忘れや認知症の原因がわかるのは少数であり、大部分はこれらの検査では正常のこと […]

13. コラーゲンと骨のお話

コラーゲンと聞くとお肌や美容の話かと思われるかもしれませんが、今日は骨の話です。 といっても、お肌の老化と骨の老化(骨粗鬆症)は共通点も多く、あながち無関係とは言えませんが、、、、、、、 さて、「いつの間にか骨折」といわれたような背中の骨折 […]

1 3