武田病院グループ一覧
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
  • 標準

新着情報 新着情報

お知らせ

2018/11/22

「第8回京滋骨を守る会講演会」を開催しました

「夢を持つことが骨や心を強くする」
心の在り様や生活習慣の改善、定期検査の重要性を学ぶ

 

 
 

  第8回「京滋骨を守る会講演会」(主催:認定NPO法人京滋骨を守る会、後援:公益財団法人骨粗鬆症財団)が11月17日、京都市上京区のKBSホールで開催されました。当日は280人を超える参加者が集まり、骨の病気やその予防につながる運動、食事など生活習慣の改善法について学びました。

 

 冒頭挨拶に立った医仁会武田総合病院の森田陸司院長(京滋骨を守る会理事長、骨粗鬆症財団監事)は、「設立から7年を迎えられたこと、皆さんの温かいご支援に心から感謝申し上げます」と謝意を表明し、「本会は骨粗鬆症・運動器疾患を予防し、骨粗鬆症による骨折を防ぎ、自立した健康寿命を延ばすことを目的としています。皆さん方、患者さん方を中心とした企画で健康増進を図ってまいります」と同会の意義を語るとともに参加者に京滋骨を守る会への参加協力を呼びかけました。
 

 
 

 第1部は、医療法人愛広会新潟リハビリテーション病院の山本智章院長(新潟骨を守る会会長)が、「骨粗鬆症対策:骨から始まる健康長寿」と題し、講演を行いました。山本院長は、ドイツなど欧州の研究者を日本に招いた際、高齢の中居さんが畳から手もつかずに立ち上がる様子を見て驚いた例をあげ、「生活習慣の変化で寝たきりの生活が増えている」と運動器が重要であることを指摘。運動器とともに骨折をしないための食事を意識すること、骨密度検査を定期的に行うことの必要性を解説しました。

 

 続いて、武田病院グループ 康生会クリニック健康運動指導士の今井優科長が健康体操を実演。会場の座席を利用した片脚立ち体幹運動などの健康運動を笑いを交えながら参加者全員で行いました。