武田病院グループ一覧
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
  • 標準

個人情報保護方針

個人情報保護方針

医療法人医仁会武田総合病院(以下、「当院」といいます)は、信頼の医療に向けて、患者さんに良い医療を受けていただけるよう 日々努力を重ねています。「患者さんの個人情報」につきましても適切に保護し管理することが非常に重要であると考えています。そのために当院では、以下の個人情報保護方針を定め確実な履行に努めます。

  • (1)個人情報の収集について

    当院が患者さんの個人情報を収集する場合、診療・看護および患者さんの医療にかかわる範囲で行います。その他の目的に個人情報を利用する場合、利用目的をあらかじめお知らせし、ご了解を得た上で実施します。ウェブサイトで個人情報を必要とする場合も同様にいたします。

  • (2)個人情報の利用及び提供について

    当院は、患者さんの個人情報の利用につきましては以下の場合を除き、本来の利用目的の範囲を超えて使用いたしません。

    • ●患者さんの了解を得た場合
    • ●個人を識別あるいは特定できない状態に加工して利用する場合(*1)
    • ●法令等により提供を要求された場合

    当病院は、法令の定める場合等を除き、患者さんの許可なく、その情報を第三者(*2) に提供いたしません。

  • (3)個人情報の適正管理について

    当院は、患者さんの個人情報について、正確かつ最新の状態に保ち、患者さんの個人情報の漏えい、紛失、破壊、改ざん又は患者さんの個人情報への不正なアクセスを防止することに努めます。

  • (4)個人情報の確認・修正等について

    当院は、患者さんの個人情報について、患者さんが開示を求められた場合には、遅滞なく内容を確認し当院の「診療情報の提供等に関する指針」に従って対応いたします。また、内容が事実でない等の理由で訂正を求められた場合、調査し適切に対応いたします。

  • (5)問い合わせの窓口

    当院の個人情報保護方針に関してのご質問や、患者さんの個人情報のお問い合わせは以下の窓口でお受けいたします。
    窓口 1階 地域医療連携室 「個人情報保護相談窓口」担当 医事部長

  • (6)法令の遵守と個人情報保護の仕組みの改善

    当院は、個人情報の保護に関する日本の法令、その他の規範を遵守するとともに、運営管理の見直しを適宜行ない、個人情報の仕組みの継続的な改善を図ります。

2005年4月1日

医療法人医仁会
理事長 武田 隆久
医療法人医仁会武田総合病院
院長 森田 陸司

*1)単に個人名などの情報のみを消し去ることで匿名化するのではなく、あらゆる方法をもってしても情報主体を特定できない状態にされていること。
*2)第三者とは、情報主体、及び受領者(事業者)以外をいい、本来の利用目的に該当しない、または情報主体によりその個人情報の利用の同意を得られていない団体又は個人をさす。

※この方針は、患者さんのみならず、当院の職員および当院と関係のあるすべての個人情報についても、上記と同様に取り扱います。

個人情報の取扱いに関するお知らせ

当院がお預かりする個人情報の取扱いについては、下記に利用させて頂きますことをご了承の上、外来の場合は初診申込書に、ご入院の場合は入院誓約書に署名頂きますようにお願い致します。

当院において患者さんの個人情報を使わせていただく目的は以下の通りです。

1.患者さんの健康管理・治療・療養等を行うための利用 (患者さんの治療のための当院内での検討会等での利用を含む)
2.病院事務を適切に行うための利用
3.公的機関等からの問合せ・行政上の業務への対応のための利用
4.保険請求業務のための利用
5.ご家族からの問合せに対応するための利用
6.検査業務等の外部への業務委託のための利用

上記目的の具体的内容については、「武田病院における個人情報の詳細な利用目的」に記載しております。

ご注意

1.当院は、業務委託をしております。なお、委託先に対しては、契約等にて個人情報保護に関する管理を行っています。主な業務委託の内容は以下の通りです。
検査業務の一部、医療事務関連業務の一部、清掃業務の一部、設備メンテナンス業務の一部、給食業務の一部、健診業務等
2.患者さんには、当院が患者さんの診療目的の他、上記の目的のみにて個人情報を使わせていただくことにご同意いただきますが、万一ご同意いただけない場合には、適切な医療サービスの提供に支障が出る場合があります。
3.当院が管理する全ての個人情報については、その情報主体ご本人による開示請求・訂正・削除等の権利を行使することが可能です。開示に際しては、コピー費他実費をご負担いただくことをご了承ください。
4.救急の患者さんで緊急の処置が必要な場合等は、処置・治療を最優先し、上記事項については、後ほどご説明させていただきます。
5.患者さんは、当院が示す利用目的の中で同意しがたいものがある場合には、その事項について、あらかじめ明確な同意を得るよう当院に求めることができます。
6.保留(同意しない旨)の意思表示を行われない場合は、公表された利用目的について患者さんの同意が得られたものとさせていただきます。
7.同意及び保留は、患者さんからの申出により、いつでも変更することが可能です。

個人情報保護に関する疑問、質問等については、1F地域連携室「個人情報相談窓口」でご相談下さい。

2005年4月1日
医療法人医仁会武田総合病院
院長 森田 陸司

ページトップ