温熱療法

温熱療法(ハイパーサーミア)

温熱療法とは

がん治療法として、「がん免疫療法」と同様に、近年注目を浴びているのが「温熱療法(ハイパーサーミア)」というがん組織を加温してがん細胞を死滅させる治療法です。
がん細胞が正常細胞に比べて熱に弱いことを利用した治療法で、「化学療法」、「放射線療法」、さらに「がん免疫療法」とも相性がよく、副作用が少ない治療法です。

ハイパーサーミア

温熱療法の概略

からだの中の「がん」の部分を42℃くらいまで温め、がん細胞だけを死滅させます。医療法人財団康生会たけだ診療所(免疫・遺伝子クリニック)では、ハイパーサーミア学会、癌治療学会等から高く評価されている温熱療法用の専用装置「サーモトロン-RF8」を導入し、治療を行っています。なお、本治療は保険適用です。

温熱療法とがん免疫療法の併用

医療法人財団康生会たけだ診療所(免疫・遺伝子クリニック)では、「温熱療法」をさらに効果的に行うために、「温熱療法」と「がん免疫療法」を併用する治療法(「温熱免疫療法」)も行っています。