武田病院グループ一覧
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
  • 標準

当院について 当院について

院長あいさつ

このたび、医仁会武田総合病院 院長に就任いたしました三森経世と申します。以前は京都大学医学部附属病院の免疫・膠原病内科に勤務しておりましたが、縁あって森田陸司前院長の後任として武田総合病院にお世話になることになりました。この場をお借りし新任のご挨拶を申し上げます。

医仁会武田総合病院は、武田病院グループの理念である「思いやりの心、地域社会の信頼、職員相互の信頼」を基本とし、患者さんの立場を中心とする安全で質の高い医療を提供することが重要な使命であります。

患者さんの目線に立った高度で安全な医療を提供するためには、医師、看護師、薬剤師、検査技師、栄養士、理学・作業療法士、臨床工学技士、事務部門などのすべての職種が互いに連携しあってこそ初めて可能になります。そのためには、医師のみならず各職種が専門家としての高度の知識と技量を寄せ合ってチームで医療を行うこと、診療科の枠を超えた横同士の連携を進めること、そして各々が常に最新の知識を吸収して広い視野を持つように切磋琢磨することが大切です。本院は今後も患者さんを中心とするチーム医療を推進いたします。

また、若手や女性をはじめ医療人が生き甲斐をもって働けるような環境作りも大切であると考えています。昨今医師の働き方改革が社会的問題になっていますが、市民の医療に対する期待と要望の大きさを考えると、一朝一夕に過重労働を軽減することは容易ではありません。しかしこのことは将来も質の高い医療を維持するために必要なことであり、本院は職員が働きやすい環境づくりをさらに進めていきます。

医療界は様々な問題を抱え、新たな問題が次々と出てきています。しかし、それらの多くは医療行政や医療施設側の問題であり、決して患者さんへのしわ寄せになってはなりません。私たちは常に患者さんを第一と考え、地域医療の中核病院として安心できる医療を提供することを心がけます。

そして私自身の専門領域につきまして、これまで当院にはなかった『リウマチ・膠原病内科』の開設を考えています。最初は外来だけからのスタートとなりますが、ゆくゆくは病棟も含めたリウマチ性疾患・膠原病の専門診療を行う体制づくりに努めてまいります。特に膠原病については対応できる医療施設が少ないのが現状です。治療法が飛躍的に進化を遂げるなか、当地域で専門医による医療を提供することが私の使命のひとつと考えています。

どのような診療科でも患者さんに向き合う姿勢は同じです。今後も患者さんを中心とする医療を推進し、地域の急性期医療の中核病院として病診・病病連携を基盤とした病院運営に努める所存です。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

院長あいさつ

三森 経世(みもり つねよ)
医仁会武田総合病院 院長

昭和53年3月慶応義塾大学医学部卒。昭和57年3月に大学院修了後、慶応義塾大学医学部内科学助手を経て、昭和57年10月より昭和60年9月まで米国Yale大学に留学。
平成6年10月より慶応義塾大学医学部内科学 専任講師、平成12年10月より京都大学大学院医学研究科 内科学講座臨床免疫学教授および京都大学医学部附属病院 免疫・膠原病内科 診療科長を併任。平成23年4月より京都大学医学部附属病院 リウマチセンター長併任。
平成31年4月に医仁会武田総合病院病院長就任。

看護部長メッセージ

思いやりの心=気づくことから始まる

人としての「気づき感性」を育て、そして、看護の専門職として知識を身に付け、 アセスメントすることで、可及的速やかに適切な技術のもとに、患者さんのニーズに合った療養環境を整えることが、状態の安定化を図り、回復へのプロセスを提供することにつながる。

武田病院グループのリーディングホスピタル医仁会武田総合病院看護部では、いつでも、どこでも、誰にでも、その患者さんがより良い健康を目指し、生活が整えられるように支援すること。一人ひとりの意見や立場を尊重した看護実践を行うことを理念に、地域の方々の支えになれるよう、広く・深く・豊かな思いやりの心で笑顔を届ける努力を続けております。

看護職員一人ひとりが看護の専門職としての役割を認識し、その能力を十分に発揮し、やりがいを実感できる人材育成に重点をおいた教育の充実を図っております。

医仁会武田総合病院 看護部長 塚本 美晴

看護部長メッセージ塚本 美晴

ページトップ