武田病院グループ一覧
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
  • 標準

受診される方 受診される方

消化器内科

概要

当科は、多様化する消化器疾患に対して最新の治療を提供します。

診療方針

医学の発展は日進月歩であり、消化器の分野においても様々な新しい知見が報告されています。

以前は胃潰瘍の原因は、酸やストレスと考えられていたのが、H.pyloriの発見により一変しました。胃潰瘍が減り、代わって逆流性食道炎が増加し、最近では機能的胃腸障害(functional dyspepcia FD)という病態に関心が寄せられています。また、食生活の変化に伴い、大腸癌の増加が顕著になっています。診断に関しては、拡大内視鏡、NBIの応用により癌の早期診断がより可能となり、さらに、今まで診断の困難であった小腸病変にも、カプセル内視鏡やダブルバルーン内視鏡の登場により診断・加療が可能となってきています。治療に関しても、早期胃癌、大腸癌および境界病変に対しての内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の導入は、内視鏡的治療の可能性を広げていくものであります。

こういった背景を基に、京都市南東部の基幹病院として、多様していく消化器疾患に対応すべく、平成15年11月より消化器センターを立ち上げ、日々診療に従事しております。

当消化器センターの基本的診療方針としては、下記の通りであります。

  • 患者さんの立場に立って、十分な説明と同意・インフォームドコンセントの下に、理解を得た上で診療を進めます。
  • 最新の医療を積極的に取り入れつつも、エビデンスに基づいた標準的で質の高い医療(EBM)を、優しく安全に提供します。
  • 低侵襲でQOLの高い消化器内科的治療を追求しつつ、外科治療のタイミングや適応を逸することのないよう配慮していきます。
  • 病診連携を進め、ホームドクタ一との連絡も密にし、地域医療の中核としての役割を担っています。
  • 併存疾患のある場合、自らも総合的な内科診療を行いつつ、必要と思われる専門医に照会して、適切に対応します。
  • セカンドオピニオンを求める患者さん・ご家族に十分な情報を開示します。
  • 医療技術の進歩に対応するため、常に研鑽します。
  • 医療機器や処置具の安全管理に努め、感染対策にも十分留意し、医療事故を未然に防ぐ体制を構築します。
  • 常に患者さん本位の目線で思考し、その実現のため、コメディカルも含めたチーム医療で診療に臨みます。

診療方針

診療体制

診療体制

スタッフ

総勢7名の常勤医が消化器センターで勤務しております。また数名の当科スタッフOBにも非常勤としてお手伝い頂いております。それぞれ出身大学は異なりますが、各校の特徴を活かしながら、それらを融合させ、より良いチームワークを築き、一丸となり医療に取り組んでおります。

当院は、日本消化器病学認定指導施設、日本消化器内視鏡学会認定指導施設であり、日本消化器病学会指導医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本消化器内視鏡学会認定専門医、日本内科学会認定専門医、日本内科学会認定医の資格を有す医師が多数在籍し、また、上記学会のみならず、日本消化管学会、日本肝臓学会、日本膵臓学会、日本癌学会、日本癌治療学会、日本超音波医学会等にも所属し、多岐にわたる学会活動・学術活動を進めながら、診療の質の維持と向上に努めています。

入院担当

常勤医7人で、主治医制を取って対応しています。主治医による1日1回以上の病棟の回診に加え、主治医不在時や緊急時に備えて病棟当番医を設けています。また、治療方針に偏りが出ず、またその方向性に誤りなきを図るため、医員全員による消化器カンファレンスを週1回定期的に施行しています。

カンファレンスには、外科医、放射線科医、臨床検査技師も参加し、多角的な検討を加えるようにしています。

診療実績

平成29年4月~平成30年3月

外来患者総数 16,296人
入院患者総数 11,688人
上部消化管内視鏡検査 3,521件
下部消化管内視鏡検査 1,351件
超音波内視鏡検査 上部135件、下部0件
超音波内視鏡下針生検検査 上部34件、下部10件
内視鏡的止血術 上部61件、下部32件
内視鏡的粘膜切除術・ポリープ切除術 上部5件、下部505件
内視鏡的胆膵管造影検査のみ 13件
内視鏡的胆膵管処置術(乳頭切開術EST、胆道ドレナージ術ENBD/ERBD、ステント留置術等) 183件
内視鏡的胃瘻造設術PEG 造設37件
内視鏡的食道静脈瘤硬化療法EIS 4件
内視鏡的食道静脈瘤結紮術EVL 20件
内視鏡的消化管拡張術 9件
消化管ステント留置術 上部 5件 下部 6件
内視鏡的異物除去術 14件
腹部超音波検査 5,640件
経皮的ラジオ波凝固術RFA 7件
エタノール注入術PEIT 1件

専門性

当消化器センターでは、比較的高度なものも含め、消化器内科に求められるほぼ全ての検査と処置が可能です。いずれも、正確な診断と適切な治療のため、適応のあるものを、説明と同意の上、可能な限り安全に施行するものとしています。

専門性

消化管領域

上部消化管内視鏡検査、下部消化管内視鏡検査は当然のことながら、病変の深達度診断などに超音波内視鏡検査(EUS)、消化管早期癌や境界病変の治療に内視鏡的粘膜切除術(EMR)・ポリープ切除術および近年脚光を浴びている粘膜下層剥離術(ESD)、消化管出血例に緊急内視鏡的止血術、食道静脈瘤破裂緊急・待機例に、内視鏡的食道静脈瘤硬化療法(EIS)・結紮術(EVL)、消化管の悪性・良性狭窄に内視鏡的消化管拡張術(EBD)、異物誤嚥に内視鏡的異物除去術、消化管の悪性狭窄に内視鏡的ステント留置術(最近はメタリックステント)、嚥下困難による栄養摂取不良例に内視鏡的胃瘻空腸瘻造設術(PEG/PEJ)などを施行しています。また、潰瘍性大腸炎重症例に対する顆粒球吸着療法(G-CAP)および白血球吸着療法(L-CAP)も積極的に取り入れています。

肝臓領域

急性肝炎から慢性肝疾患まで広く対応しています。C型肝炎に対する肝生検、インターフェロン治療、食道静脈瘤に対する前述のEIS/EVL、孤立性胃静脈瘤に対してバルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO)、門脈圧冗進症に対して経皮的肝内門脈静脈短絡術(TlPS)、肝癌に対する経カテーテル的動脈塞栓術(TAE)、経皮的工タノール注入術(PElT)・経皮的マイクロ波凝固術(PMCT)・経皮的ラジオ波凝固術(RFA)、また切除不能多発肝腫瘍に対して経皮的リザーバー留置術による動注療法などを施行しています。

胆膵領域

胆道や膵病変の精査として内視鏡的逆行性胆膵管造影検査(ERCP)、総胆管結石や悪性腫瘍による閉塞性黄疸や胆管炎に対して内視鏡的胆道ドレナージ術(経鼻チューブによる外瘻(ENBD)、チューブステントによる内瘻(ERBD)、経乳頭的な砕石その他の処置のための内視鏡的乳頭切開術(EST)、内視鏡的胆管砕石術(EML)、悪性胆道狭窄に対する内視鏡的胆管メタリックステント留置術、急性膵炎・慢性膵炎・膵石症に対する内視鏡的膵管ドレナージ術(EPD)・ステント留置術(EPS)、内視鏡的膵管口切開術(EPST)・内視鏡的膵管採石術(ESWL併用)、内視鏡的胆膵管バルーン拡張(ERBPD)、内視鏡下膵嚢胞ドレナージ術、経皮経肝的胆道ドレナージ術(胆管(PTCD)・胆嚢(PTGBD))、経皮経肝的メタリックステント留置術、経皮経肝膿瘍ドレナージ術(PTAD)などを施行しています。また、重症急性膵炎に対する膵持続動注療法も多数行っています。

近年、悪性腫瘍、特にすい臓がん等の診断に超音波内視鏡(EUS)を用いた診断が有用であり、また超音波内視鏡を用いた腫瘍生検により診断がより早く、確実にできるようになりました。当院でも積極的に取り入れています。さらに膵臓癌や胆管癌等で閉塞性黄疸になった症例で、手術や消化管狭窄で内視鏡的にドレナージ治療が困難であった場合は、今まで経皮的にドレナージが必要でしたが、当院では超音波内視鏡を用いて胃からドレナージができるようになりました。新しい治療方法を積極的に取り入れて、患者さんに少しでも楽で、いい治療を受けていただけるように努力しています。

救急医療

消化器領域は、急性腹症、吐下血、閉塞性黄疸といった緊急の診断・処置を要する病態も多く、緊急画像診断、緊急内視鏡および止血術、緊急各種インターベンションが望まれる機会も多いです。そのためこれらに常に即応できるよう、コメディカルと協力しつつ、チームで診療を行っています。

夜間帯には当科医師において、24時間オンコール体制で臨んでいます。

診療内容の評価

消化器カンファレンスで、診療内容の定期的な評価を行っています。消化器センターと放射線科及び外科との合同カンファレンスも行い、多方面からの検討も行っております。特に重症で深刻な例には、病棟で画像端末などを用いて、適宜カンファレンスを行ってフォローアップしています。きめ細かい医療を進めながら、診療の質の確保、医療の標準化、リスクマネージメント、インフォームドコンセントの向上、患者さんの満足度の向上、コメディカルを含めたチーム医療の推進、医療資源の適切な再配分などの観点から、内視鏡やカテーテルの診療において、コメディカルの協力の下、クリティカルパスの導入・改良に努めています。

教育計画・臨床研修

平成17年度より研修医制度が改革され、初期臨床研修医については、カリキュラムに則り、まず医師としての基本診察を習得した上で、デ一タや画像診断の見方を教育しています。次に、指導医に付いて担当症例を受け持ち、患者さんと接しながら、最も基本的な消化器疾患について学んでいただきます。同時に消化器内科領域の検査手技についても、まず、侵襲性の低い消化管透視や体外式超音波検査などの習得を進めていきます。

2年目の初期臨床研修医については、内視鏡検査等の指導も行います。後期研修医に関しては、担当症例を主治医として責任を持って受け持っていただきます。消化器検査についてもカリキュラムを組んで技術の習得に努めていただきます。胃内視鏡検査より始めて、一定数の経験を積み、いずれの段階でも、患者さん本位の真摯な態度で臨み、適応を守り、安全に最大限配慮するという基本姿勢を十二分に教育しています。その上で、診療技術と知識の向上に努めます。

研究・治験・課題

研究や治験の課題としては下記のものが挙げられます。

  • 京都府立医科大学との共同研究として消化器進行がんに対する抗癌剤と温熱療法併用やがんワクチンの有効性の検討
  • 機能的胃腸障害(functional dyspepcia FD)、過敏性腸症候群(IBS)に対する全国規模の治験
  • GERDやH.pylori感染症に対する、EBMに基づいた最新の診療
  • 難治性逆流性食道炎に対する全国規模の治験
  • 粘膜下層剥離術(ESD)の有用性及び合併症に対する新しい手技の検討
  • 消化器診療における適切なクリティカルパスの再検討と時代推移に適応した改定
  • 門脈圧亢進症・胃食道静脈瘤の症例の蓄積と治療戦略の確立
  • 肝癌に対する最適の造影超音波法の開発と、それに基づいた経皮的アブレーションの追求、TAEとのコンビネーション、新しい抗癌剤の有効性の検討
  • 悪性狭窄に対する各種メタリックステントの評価と症例の蓄積

PDF2014年4月1日から2017年11月20日の期間中に当院で急性出血性直腸潰瘍と診断された患者さんへ

将来計画

この地域での消化器領域における医療のニーズは、急性期のものも慢性期のものもまだまだ高く、そのため、より質の高い医療を大勢の患者さんに提供するためには、当科の設備やスタッフの充実をさらに図る事が必要と考えられます。消化器センターが、この地域で信頼され、安心できる医療機関としての地位を確立していきたいと考えます。

クリティカルパス

外来診療表

消化器内科

午前 予約優先松山 希一
予約優先柏 敦文
予約優先大石 嘉恭
予約優先藤永 陽介
泉谷 龍 (1.3.5)
竹田 一博 (2.4)
予約優先玉置 大
夜診 柏 敦文 (1.3.5)
玉置 大 (2.4)
松山 希一

横スクロールできます

休診・代診

予約外来

当院では待ち時間短縮のため、下記の印の科目については予約制を導入しています。

  • 地連経由・・・地域医療連携室からの紹介のみです。
  • 電話予約可・・・電話で予約を受け付けています。
  • 予約のみ・・・予約をされた再診の方のみの診療となっています。(初診の方は受け付けておりません。)
  • 予約優先・・・初診・予約のない再診・急患の方も受付けています。

※都合により外来担当医等が変更している場合がございますので、ホームページの休診・代診をご覧頂くか、或いは直接お電話にてお問合わせの上ご確認頂きますようお願い致します。

ページトップ