武田病院グループ一覧
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
  • 標準

受診される方 受診される方

呼吸器内科

概要

当科は、地域密着型の医療を行います。

診療方針

呼吸器内科では、高齢化社会を背景に増加している各種呼吸器疾患に対し、病病、病診連携を生かした地域密着型の医療を行っています。急性期はもとより、慢性呼吸器疾患のケア、在宅酸素療法、在宅非侵襲的陽圧呼吸療法(NPPV)、悪性疾患のターミナルケアに至るまで、十分なインフォームドコンセントのもとに各患者さんのQOLを第一に考え、全人的視野に立ち診療に当たることを信条としています。

またセカンドオピニオンの希望に応じた情報提供も積極的に行います。

診療体制

専門性

1)救急医療、急性疾患

急性呼吸不全、気管支喘息重積発作、慢性呼吸不全急性増悪などに対する呼吸管理および集中治療、大量喀血に対する気管支動脈塞栓術、気胸に対する胸腔ドレナージ、各種呼吸器感染症などに迅速に対応しています。

2)慢性呼吸不全

COPD、特発性間質性肺炎、肺結核後遺症などの慢性呼吸不全疾患に対し、パスを用いた包括的呼吸リハビリテーションを取り入れた呼吸ケアを行っています。またその一環として在宅酸素療法、NPPV導入を積極的に行い、2018年10月現在62人/月の診療に従事しています。その際、武田病院グループ在宅酸素部門、在宅介護支援センター、訪問看護部との間で月1回のカンファレンスを持ち情報を共有することで、チームワークによる各患者さんのニーズに即したきめ細かい在宅医療を推進しています。

3)肺癌

各種画像診断、気管支内視鏡を用いた迅速な診断のもと、呼吸器外科との協力体制により手術、レーザー治療、化学療法、気管、気管支内ステント留置など局所および全身治療を行うとともに、QOLに配慮したベストサポーティブケアやターミナルケアに当たっています。

4)びまん性肺疾患

多種多様なびまん性肺疾患に対して、VATS肺生検も含めた積極的な診断、治療に取り組んでいます。

救急医療

内科系診療各科との協力のもと24時間体制で対応しています。

特殊検査

ヘリカルCT、MRI、スパイロメトリー、気管支内視鏡検査、血管造影検査に対応可能です。

診療実績

平成29年4月~平成30年3月

外来延べ患者数 8,631人
入院延べ患者数 8,235人

診療内容の評価

  • 1.呼吸器外科、放射線科との合同画像カンファレンス 週1回
  • 2.リハビリテーションセンターと病棟看護師との呼吸リハビリテーションカンファレンス 適宜
  • 3.呼吸ケアチームカンファレンス 月1回
  • 4.医療安全対策、感染対策、褥創対策、個人情報管理は院内の指針に準じて行っています。

臨床研究・治験

呼吸器疾患治療薬に対する治験に適宜協力しています。

教育計画・臨床研修

学会

日本呼吸器学会認定施設
日本呼吸器内視鏡学会認定施設

学会

後期研修

呼吸器内科専門医を目指すための研修が可能です。

呼吸ケアチーム主催の院内研修会

年6回(うち1回は院外講師による)開催

将来計画

スタッフが拡充すれば各種呼吸器疾患の専門外来の開設

クリティカルパス

外来診療表

呼吸器内科

午前 予約優先9時~常勤医 9時30分~原田
予約優先前川 晃一
首藤 紗希
予約優先前川 晃一
予約優先仲 恵

横スクロールできます

休診・代診

  • 2019年1月28日(月) 呼吸器内科 (午前):原田9時30分~→仲9時~
  • 2019年1月21日(月) 呼吸器内科 (午前):原田9時30分~→仲9時~
  • 2019年1月07日(月) 呼吸器内科 (午前):原田9時30分~→仲9時~
  • 2018年12月17日(月) 呼吸器内科 (午前):9時30分~原田→ 9時~仲
  • 呼吸器内科外来の月曜・金曜午前診の受付時間は8:00~11:30まで。

予約外来

当院では待ち時間短縮のため、下記の印の科目については予約制を導入しています。

  • 地連経由・・・地域医療連携室からの紹介のみです。
  • 電話予約可・・・電話で予約を受け付けています。
  • 予約のみ・・・予約をされた再診の方のみの診療となっています。(初診の方は受け付けておりません。)
  • 予約優先・・・初診・予約のない再診・急患の方も受付けています。

※都合により外来担当医等が変更している場合がございますので、ホームページの休診・代診をご覧頂くか、或いは直接お電話にてお問合わせの上ご確認頂きますようお願い致します。

ページトップ