武田病院グループ一覧
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
  • 標準

受診される方 受診される方

検査科

検査科の特色

当検査科では、患者さんの状態を示す検査結果を正確かつ迅速に提供するため、循環器科、消化器および泌尿器科、神経耳鼻科の3部門に分類し、専属スタッフが検査を行っています。臨床現場からの依頼に柔軟に対応できる体制を整えるとともに、院内勉強会やカンファレンスを定期的に行い、院内ネットワークを充実させ、早期に的確な診療を受けていただける仕組み作りに努めています。

スタッフ人数

臨床検査技師:女性23人、男性2人(うち非常勤1名)

スタッフ人数

所属学会

  • 日本臨床検査技師会
  • 京都臨床検査技師会
  • 日本超音波医学会
  • 日本超音波検査学会
  • 日本脳神経超音波検査学会
  • 日本消化器内視鏡技師会
  • 近畿内視鏡技師学会(理事)
  • 日本臨床神経生理学会日本輸血・細胞治療学会

学会認定資格

  • 超音波検査士(循環器)4名
  • 超音波検査士(消化器) 6名
  • 超音波検査士(泌尿器) 4名
  • 脳神経超音波検査士 3名
  • 消化器内視鏡技師 7名
  • 第2種ME技術者 2名
  • 認定輸血検査技師 1名

Ⅰ.生理検査

検査の種類

  • 循環器生理検査

    心電図、運動負荷心電図、ホルター心電図、脈波伝搬速度、心臓超音波、血管超音波等、睡眠時無呼吸簡易検査、酸素飽和度検査等

  • 呼吸器生理検査

    スパイロメトリー、気道可逆試験

  • 消化器生理検査

    腹部超音波、乳腺超音波、表在超音波、内視鏡(介助)等

  • 泌尿器生理検査

    泌尿器超音波、ウロフロメトリー

  • 神経生理検査

    神経伝導検査、脳誘発電位、筋電図、脳波等

  • 耳鼻科生理検査

    聴力、チンパノメトリー、平衡機能検査、甲状腺超音波等

検査風景

心電図検査

心電図検査

スパイロメトリー

スパイロメトリー

心臓超音波検査

心臓超音波検査

腹部超音波検査

腹部超音波検査

神経伝導検査

神経伝導検査

聴力検査

聴力検査

件数

平成29年4月~平成30年3月実績

超音波検査(心エコー)7507件
超音波検査(血管エコー)3906件 
超音波検査(腹部エコー)5670件
超音波検査(表在エコー)942件
超音波検査(乳腺エコー)1677件
超音波検査(泌尿器エコー)12709件
心電図23361件
ABI2055件
スパイロ3508件
神経伝導検査528件
体性感覚誘発電位254件
脳波553件
聴力検査2091件

検査機器台数

超音波機器19台
心電計7台
脳波2台
呼吸機能1台
筋電計2台
脳波計1台
聴力検査機器1台
平衡機能検査機器1台

Ⅱ.輸血

概要

輸血検査は、適切な方法を用いて適合血の選択を行い、副作用を防止する目的で行われます。
ABO、RhD血液型、不規則抗体検査(ABO式血液型以外の血液型に対する赤血球抗体スクリーニングとその種類を特定する同定検査)、交差適合試験(輸血前に行う患者さんと供血血液との反応)を適切な手技で正しく行う必要があります。
毎日の内部精度管理と年に2回の外部精度管理を実施して、検査の精度を管理しています。
定期的に研修を行った臨床検査技師が、24時間体制で輸血検査を行います。

血液製剤の保管管理

日本赤十字社から取り寄せた献血由来の輸血用血液製剤は外観チェック等の取り扱いには十分注意し、適正な温度管理の下で赤血球製剤、新鮮凍結血漿製剤、血小板製剤を保管管理しています。
輸血実施の前には、バーコードを用いた製剤と患者さんとの電子的認証作業を行い、安全確保に努めています。

貯血式自己血輸血

輸血に伴う副作用は他の人の血液を輸血するために起こります。そのために、時間的余裕があり、貧血がない等の条件が合う場合には「貯血式自己血輸血」が非常に有用です。
これは、患者さん自身の血液を予め採血して貯めておき、手術の際に使用します。
輸血部では赤血球と新鮮凍結血漿に分離して保管する方法も行っています。製剤の期限も延長し目的に応じた使用が可能です。

ページトップ