武田病院グループ一覧
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
  • 標準

受診される方 受診される方

形成外科

概要

形成外科は、「生まれつき」・「けが」・「腫瘍」により生じた組織の異常や変形、欠損、整容的な不満足に対して、あらゆる手法や技術をもって機能だけでなく形態的にもより正常に、より美しくすることによって、みなさまの生活の質“Quality of Life”の向上に貢献する、外科系の専門領域です。
私たちは病気の原因をしっかり把握した上で治療計画を立て、よりよい治療が提供できるよう心がけています。治療を受けた患者さんが笑顔で社会生活に復帰していく姿をみることが、形成外科を専門とする私たちの最高の喜びです。

診療内容

熱傷 やけど
軟膏による保存的療法を行うとともに、深度の深い熱傷や広範囲の熱傷に対し植皮術を中心とした手術を行います。

腫瘍・母斑・血管腫

【レーザー治療】
レーザー治療の経験があるため治療の相談は行っておりますが、当院では現在レーザーを置いていないためレーザー治療を希望された場合は他院を紹介させていただきます。

【皮膚、皮下腫瘍】
サイズと場所に応じて目立たない方法を提案させていただきます。小さいものはほとんどが日帰り手術で切除しています。深部にある病変やサイズの大きい病変、乳幼児の場合には、入院の上局所麻酔あるいは全身麻酔での手術を行います。
大きな腫瘍に関しても、できる限り目立たない方法を考えて治療を提案いたします。
また皮膚癌については悪性度に準じ、できる限り整容面を考慮した手術治療をおこなっています。確実に病変部を切除し、組織の欠損部を縫い閉じたり、植皮や皮弁術で閉鎖します。
悪性度が高い疾患については相談の上、大学病院へ紹介させていただいています。

瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド
ケロイドについてはステロイドの外用や局所注射を行います。手術療法の場合は術後に電子線照射を行うことが基本となります。傷が治った後にひきつれを起こしたり(瘢痕拘縮)、見た目が目立つ場合についてはスポンジやサポーターを用いての圧迫療法で改善することもありますが、手術による修正も行っています。お気軽にご相談ください。

褥瘡、皮膚潰瘍
基本的には、まずは軟膏療法での治療を開始します。各種皮弁術や植皮術を行うこともありますが、褥瘡、皮膚潰瘍についてはその病態が複雑なものも多く、単純に手術で創を閉鎖すれば治療を終了できるというものではありません。褥瘡の場合には日常の生活習慣の改善や寝具、装具の見直しが必要になる場合が多く、そうしなければ一旦治癒しても簡単に再発を起こしてしまいます。皮膚潰瘍の原因に内科的疾患が基礎にある場合にはその治療が最優先されます。下肢の壊疽など、局所の血流が低下している場合には循環器内科や心臓血管外科でそれに対する治療を要する場合もあります。できるだけ足の長さを残す治療を心がけていますが、それもかなわない場合にはやむを得ず切断を行うことになります。

眼瞼下垂、逆まつげ
生まれつき、または成人してから、まぶたが下がってきたように思える方は眼瞼下垂症の疑いがあります。視野が狭くなることはもとより、肩こり、頭痛の原因となっていることもあり、また、老け顔の要因にもなります。治療により、下がったまぶたを挙上させることができるようになります。
逆まつげ(睫毛内反症)に対しても、手術治療が可能です。

陥入爪、巻き爪
陥入爪、巻き爪は爪が皮膚に食い込み、痛みの原因となり、また感染が加わると激しい痛みとなります。当科では手術および保存的治療のどちらか適した方法を選択し、治療を提供しています。現在ワイヤーによる矯正は行っていません。

顔面神経麻痺
手術や病気により顔面神経麻痺が後遺症として残ると、「瞼が閉じない」、「口が閉じない」、「眉毛が下がっている」などの機能面、整容面両方での問題がでます。それぞれの症状に適した手術法を選択し、治療を行っています。

診療体制

  • 津下 到

    非常勤

  • 上田 真帆

    非常勤

専門性

形成外科一般、再建外科

診療実績

2019年度の手術件数

⼊院 外来
全⾝麻酔での⼿技数 25 24 49
腰麻・伝達麻酔での⼿技数 2 2
局所麻酔・その他での⼿技数 34 294 328
⼊院または全⾝麻酔の⼿技数 61
外来での腰麻・伝達麻酔、局麻・その他の⼿技数 318

横スクロールできます

疾患⼤分類⼿技数 ⼊院 外来
全身麻酔 腰麻
伝達麻酔
局所麻酔
その他
全身麻酔 腰麻
伝達麻酔
局所麻酔
その他
外傷 4 2 2 4 39 51
先天異常 2 2
腫瘍 9 5 2 175 191
瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド 1 2 6 9
難治性潰瘍 3 1 1 5 10
炎症・変性疾患 5 10 17 23 55
美容(手術) 0
その他 3 14 44 61
Extraレーザー治療 0

横スクロールできます

将来計画

2015年4月から形成外科が新設されました。患者さんと十分、対話し、納得のいく治療を受けていただけるよう心がけています。

外来診療表

※都合により外来担当医等が変更している場合がございますので、以下の◎休診・代診情報をご覧頂くか、或いは直接お電話にてお問合わせの上ご確認頂きますようお願い致します。

形成外科

午前 予約優先上田
予約優先津下
午後 予約優先上田(第2,4週) 受付(PM2:00~3:30)
予約優先津下 (PM2:00~4:00/当日受付可

横スクロールできます

休診・代診情報

予約外来

当院では待ち時間短縮のため、下記の印の科目については予約制を導入しています。

  • 予約優先・・・初診・予約のない再診・急患の方も受付けています。
  • 予約のみ・・・予約をされた再診の方のみの診療となっています。(初診の方は受け付けておりません。)
  • 電話予約可・・・電話で予約を受け付けています。
  • 患サポ経由・・・患者サポートセンターからの紹介のみです。
ページトップ