武田病院グループ一覧
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
  • 標準

受診される方 受診される方

循環器内科

概要

当科は、最新の診療法と診療技術の駆使、おもいやりの医療を実施しています。

診療方針

患者さんへの配慮

京都市南東部の基幹病院として、この地域の患者に最新の診断法と治療技術を駆使した医療サービスを提供すると同時に「おもいやり」のある医療の実践を目標にしています。

救急疾患には24時間対応可能な診療体制をとっており、不整脈科、心臓血管外科との連携も密にとっています。また、急性期より患者さんの病気への理解を深め、生活習慣の改善のための教育に力を入れています。さらに、健康運動指導士と協力してスポーツを取り入れた心臓リハビリテーションを施行しており、早期の社会復帰および慢性期のQOL改善にも力を注いでいるところです。

経営方針

常に「患者さんにとって最良の治療法」を目指します。そのためには疾患のみに注視するのではなく患者さんの社会的な背景も考慮し、カンファレンスで治療方針を決定、患者さん、御家族に十分に説明した上で治療を行うよう常に心がけています。EBMに基づいたチーム治療を実践しており、診療に対し、毎日のカンファレンスで他のスタッフのチェックが入るシステムとなっており、必要十分で過不足のない治療を行います。

コミュニケーション

循環器内科内でのスタッフ同士、普段からのカンファレンスや上下を問わない意見交換を行っています。重症患者に対しては集中治療室(ICCU)で部長を中心に毎朝ミーティングを行うなど、一体感をもって患者さんに向えるよう常日ごろから心がけています。不整脈科、心臓血管外科との連携もスムーズで、毎週水曜日には合同カンファレンスを行うなど常に患者さんの情報を共有しており、必要に応じて何時でも十分な対応が出来るようにシステム化されています。

疾患別対応

  • 虚血性心疾患

    急性冠症候群については24時間体制で遅延無く対応できる体制をとっています。また、心臓血管外科とも密に連携をとり、内科的治療が困難な症例に対しては、随時緊急冠動脈バイパス術も施行可能です。急性以外の虚血性心疾患の診断や重症度は、通常の心臓超音波検査やトレッドミル運動負荷テストなどで評価していますが、最近は外来における冠動脈疾患の有無のスクリーニング検査として64列のマルチスライスCTによる冠動脈造影CTを積極的に取り入れています。それらの結果、冠動脈疾患の疑いがあれば冠動脈造影を行い、有意狭窄が認められれば、その部位に冠動脈インターベンションを施行しています。冠動脈造影は基本的に経橈骨動脈で行っており、患者負担の軽減に寄与しています。近年薬剤コーティングステントを用いられる様になっており以前問題であったステント再狭窄は著明に減少しております。また、カテーテルインターベンションによる治療と外科的治療とのバランスの取れた治療を心がけています。

  • 心不全

    心不全はあらゆる循環器疾患の終末像であり、その病態形成の十分な理解が必須となります。病状に即して最適な治療が行われるよう常にチームで検証を行いつつ治療にあたります。急性心不全に対しては、各種薬物療法とともに、必要に応じてIABP(大動脈内バルーンパンピング)やPCPS(経皮的人工心肺装置)などの補助循環を使用しています。慢性期治療については、EBMに基づき患者の長期生命予後とQOLの改善を目的とした治療を目指します。さらに、これらの薬物治療があまり効果的でない難治性心不全に対しては不整脈科や心臓血管外科との協議の上で適応を確認し、両心室ペーシングや左室形成術なども行います。

  • 心筋疾患

    拡張型心筋症はほとんどが原因不明で予後不良な疾患です。特発性か二次性かの鑑別は患者の予後を決定的にします。我々は心筋生検なども含めて可能な限り原因検索を行った上で診断を行い、EBMに基づいた治療を行います。心臓超音波検査、心臓カテーテル検査のデータに基づき、患者さん個々に対して長期生命予後の改善を図っています。

  • 弁膜症

    薬物治療を行い、心臓超音波検査で病状の進行を追いつつ、必要であれば病状に応じて外科的治療を円滑に行えるようにしています。

  • 大動脈解離、大動脈瘤

    大動脈解離、大動脈瘤には、CT、DSAを含めた種々の検査により、病型・病態と治療方針を迅速に決定しています。

  • 末梢動脈疾患

    閉塞性動脈硬化症に対しては、薬物療法に加えて必要ならPTA(血管形成術)、バイパス手術を行っています。
    特に重症下肢虚血においては皮膚科・整形外科などと連携して治療を行っています。

診療体制

専門性

当院は日本循環器学会認定専門医教育研修施設であります。循環器専門医、心血管インターベンション専門医かつ指導医、核医学認定医、ICD/CRT講習認定医などの資格を有する医師を揃えています。

診療実績

平成30年1月~平成30年12月

心臓エコー検査 7,267件
血管エコー(頚部除く) 2,000件
トレッドミル(運動負荷心電図) 499件
冠動脈CT検査 524件
心臓カテーテル検査 287件
冠動脈インターベンション 300件
末梢血管形成術 73件
カテーテルアブレーション 163件
ペースメーカー埋込み 40件

診療規範

インフォームドコンセントの充実と診療の標準化などの目的で、以前より心臓カテーテル検査、および心臓カテーテルインターベンションは基本的にクリニカルパスを常用しています。さらに急性心筋梗塞症にもパスを導入しており、CCUから循環器内科病棟にわたり、患者さんによりわかりやすい、良質な医療の提供が可能となりました。またパスは入院中に起こりうる合併症の早期発見および医療事故を未然に防ぐのにも役立っています。

地域医療連携

地域の医療施設との連携を図るため、心臓病病診連携勉強会を企画、実行しています。また、患者さんの紹介があれば、当院での検査結果を電話にて直ちに紹介先の主治医に連絡し、病状の説明をするように心がけています。

教育方針

内科医および循環器専門医として、救急を含む初期診断と治療に迅速に対応できるように指導しています。また、EBMに基づいた一般的な治療方針の選択と患者さんとそのご家族に対するインフォームドコンセント及びその過程で個々の患者さんの実際の治療内容が最終決定されていくことの重要性を会得するよう心がけています。

一方、最新英文文献の抄読会および新薬や新しい医療機器の勉強会を全員参加で定期的に開催し、最新の知識を取得するよう努めています。症例報告や臨床研究を循環器関係の学会及び各種研究会で発表させ、学会誌への投稿を促しています。また、大阪医科大学の学生の学外実習を指導しています。

将来計画

急性期病院として地域医療の中心的役割を担うための診療体制の確立のため、スタッフおよび設備の両面からの充実を図るよう努力します。

クリティカルパス

外来診療表

※都合により外来担当医等が変更している場合がございますので、以下の◎休診・代診情報をご覧頂くか、或いは直接お電話にてお問合わせの上ご確認頂きますようお願い致します。

循環器内科

午前 予約優先露木 清尊
予約優先竹岡
予約優先橋本 哲男
予約優先橋本 哲男
予約優先細川 敦
午前2 予約優先佐々木 良雄
予約優先五十殿 弘二
予約優先土井 哲也
予約優先大屋 秀文
予約優先庄司
午前3 予約優先北村 亮治
午後 予約のみ露木 清尊
予約のみ竹岡
予約のみ橋本 哲男
予約のみ橋本 哲男
午後2 予約のみ五十殿 弘二
予約のみ仁科 尚人 (第2,4週)
夜診

横スクロールできます

休診・代診

予約外来

当院では待ち時間短縮のため、下記の印の科目については予約制を導入しています。

  • 予約優先・・・初診・予約のない再診・急患の方も受付けています。
  • 予約のみ・・・予約をされた再診の方のみの診療となっています。(初診の方は受け付けておりません。)
  • 電話予約可・・・電話で予約を受け付けています。
  • 患サポ経由・・・患者サポートセンターからの紹介のみです。
ページトップ