武田病院グループ一覧
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
  • 標準

受診される方 受診される方

ヘルニア(脱腸)外来

鼠径(そけい)ヘルニアを専門とした外来です

鼠径(そけい)ヘルニアは、昔から言われる「脱腸」という病気です。
足の付け根の少し上、下腹部の筋肉には構造的に弱い隙間があり、ここに内臓が出てくるヘルニアになりやすくなっています。

鼠径ヘルニアの仕組み

鼠経部の周囲の筋肉が壁としての力を保っていれば、内臓が落ちて膨らむ状況にはなりません。内臓が出てくるのを抑えていた筋肉が、抑えきれなくなってくると、下腹の方から内臓が壁を押してくるように膨らんでくるヘルニアとなります。

年齢で筋肉が衰えたり、そもそも筋肉が弱かったり、体質が痩せ型であったり、腹部に大きな傷がつく手術を受けたことがあって筋肉の壁が引っ張られたり、脳梗塞とか麻痺などで力の偏りがあると、内臓は弱い方向に出てくることになります。

男性でしたら陰嚢につながっている部分なので、どんどん圧迫が大きくなってくれば睾丸が腫れるということもあります。


外科 北岡 昭宏 部長代理

小児の鼠径ヘルニアとは

小児の場合、先天的なものですので、生まれてくる前に、既に腹膜が外側に飛び出している状況になっていることがあります。
それがそのまま袋として残っていると、そこに腸(女児であれば卵巣や卵管)が出てくるのです。

小児の外科手術では一番多い病気です
発症率は小児全体の1~5%と言われています

ヘルニアの症状

大腸に腹圧がかかると、その部分が膨れてきます。仰向けに横になって静かにしていると、へこんできます。
膨らみ方が大きかったり、内臓が大きく出てくると、自然にはへこみません。手で押さえてへこますようになります。
それでも戻らないこともあります。
こうなってくると、内臓が引っ張られますので、痛みを感じるようになります。

内臓が出たまま戻らない「嵌頓(かんとん)」状態になると、出口が締め付けられ、内臓に血が巡らなくなって痛んでしまう状況になることもあります
これは緊急事態ですので、至急に手術しなければなりません

鼠径(そけい)ヘルニアの治療

基本的に鼠径(そけい)ヘルニアは自然には治らない疾患です。お薬でも治りません。
だんだん膨らみの程度が大きくなってきたり、症状が強くなってくることが多いので、外科的治療(手術)をするのが望ましいです。
ただ、ご高齢であったり、他の持病があるなど手術が難しい場合は、経過観察になることもあります。

外科的治療をしない場合は、ヘルニアバンドという患部を固定する器具でおさえる対処法を行います

来院される患者さんの特徴

他の持病で近隣の病院・診療所に通われている患者さんが、「腫れている」「出てくる」と症状を訴え、当科を紹介される方が多いです。
また、長年ヘルニアバンドをされている患者さんが、外科的治療を希望して来院されることも多いです。
ケースとしては少ないですが、嵌頓(かんとん)状態となり、救急搬送される患者さんもいらっしゃいます。

この場合は、まず整復(出ている部分を戻す)します
再発しやすいことをご説明し、できるだけ早めに予定を立てて
手術をすることをお薦めしています
なお、整復しても戻らないケースでは緊急手術が必要となります

鼠経ヘルニアになりやすい方

腹圧が強くかかる「職業」、咳や便秘など腹圧が強くかかる「状態」にあると鼠経ヘルニアとなるリスクが高まります。

強い腹圧がかかる方は要注意です

  • ・中高年の男性
  • ・力仕事、立ち仕事をされている方
  • ・便秘症の方、ずっと咳をされている方

鼠経ヘルニア Q&A

これまで寄せられた多くの質問のなかから、とくによくお尋ねいただく内容をピックアップし、Q&A方式でご説明させていただきます。

  • Q一番多い質問とは?

    Aヘルニア(脱腸)がどのようなものかです

    病気そのものを十分に理解されていない患者さんが多いです。
    「腹膜は伸びやすく、その伸びやすい膜が袋のように飛び出したかたちになるので、そのなかに内臓が出たり入ったりします」と、絵を描いてご説明しています

  • Qどのような治療を行うのですか

    A患部を縫い縮める手術、メッシュ(網) で塞ぐ手術(開腹、腹腔鏡)などがあります

    患部を縫い縮めて根治をめざす手術、弱い部分をメッシュで塞ぐ手術が代表的な治療です。さらに開腹手術で行うものや、腹腔鏡で行うものがあります。
    当科では、おおよそどの手術方法にも対応しています。どの治療法も原理は一緒ですが、いずれも一長一短があるため、患者さんとご相談して治療方法を決めています。

  • Q治療(手術)にかかる日数は?

    A多くの方が1泊で退院されます

    何日も入院するケースもありますが、当院では20年ぐらい前から日帰りや1泊入院での手術に対応しています。多くの方が1泊ですが、患者さんの希望を伺いながら、状態を診て対応しています。

  • Q仕事はいつから可能?

    A軽い仕事は2~3日後

    個人差がありますが、多くの方が手術後、2~3日で仕事に復帰されています。激しい運動をするのは2週間後ぐらいがめどになります。

担当医

  • 北岡 昭宏

    外科 部長代理

    日本外科学会専門医
    日本消化器外科学会認定医
    日本癌学会
    日本乳癌学会
    日本ヘルニア学会

外来診療表

ヘルニア(脱腸)外来

午前 北岡 昭宏
北岡 昭宏

横スクロールできます

休診・代診

予約外来

当院では待ち時間短縮のため、下記の印の科目については予約制を導入しています。

  • 地連経由・・・地域医療連携室からの紹介のみです。
  • 電話予約可・・・電話で予約を受け付けています。
  • 予約のみ・・・予約をされた再診の方のみの診療となっています。(初診の方は受け付けておりません。)
  • 予約優先・・・初診・予約のない再診・急患の方も受付けています。

※都合により外来担当医等が変更している場合がございますので、ホームページの休診・代診をご覧頂くか、或いは直接お電話にてお問合わせの上ご確認頂きますようお願い致します。

ページトップ