武田病院グループ:保険・医療・福祉のトータルケアを提供する京都の病院

精華町国民健康保険病院

病院の沿革

本院は、地域住民の健康保持増進、公衆衛生思想の普及発展を願い、昭和28年2月20日精華村国民健康保険直営診療所(診療科目-内科・外科・小児科・歯科 病床数4床)として発足し、昭和30年には病棟を増築し26床とし名称も精華町国民健康保険病院と改めました。

その後、幾多の変遷を経て昭和57年5月病院の全面改築工事を竣工し病床数50床とし、診療科目も整形外科・皮膚科を増設。

平成18年度4月1日より、指定管理者として医療法人医仁会が運営を開始しています。

院長あいさつ

当院は、昭和28年に精華村国民健康保険直営診療所として発足した歴史ある病院ですが、指定管理者として武田病院グループである医療法人医仁会が運営を開始して10年が経ちました。この間、当院職員は、武田病院グループの研修や会議に参加し、グループ内の多くの職員と交流を深めていきながら、医療従事者として日々研鑽を積み、医療サービスの向上につとめてきました。また、ハード面では、グループ共通の電子カルテを導入し、最近、CT装置を更新いたしました。

当院は障害者施設(リハビリ科あり)を中心とした病床数50床の小さな病院ですが、精華町の基幹病院であり、内科疾患や整形外科疾患などの救急医療にも対応した診療を行っております。また、透析センターや歯科口腔外科も併設しております。もちろん、患者さんのご病状がより専門的な検査や治療を必要とする場合は、武田病院グループをはじめ、近隣の総合病院と連絡を取り、紹介させていただいております。

私は中学生から10年以上を奈良秋篠の地で過ごし、当時、京都府南部の地域にもよく訪れていました。医師になってからは、京都市伏見区にある医仁会武田総合病院や京都医療センター(旧国立京都病院)で内科循環器科医師として従事しておりましたが、学生時代に慣れ親しんだ地域での診療に情熱を傾けるため、高の原中央病院を経て、平成25年9月、当院に総合診療科部長として着任しました。そして、このたび、平成28年4月1日付で当院院長に就任し、身の引き締まる思いでございます。

当院職員一同、武田病院グループの基本理念である「思いやりの心」をしっかり胸に刻み、地域に根ざし地域に貢献する医療を一丸となって推進して参りますので何卒よろしくお願い申し上げます。

精華町国民健康保険病院 院長
稲田 秀郎

看護部長あいさつ

精華町国民健康保険病院は、京都府山城地区南西部(相楽郡精華町)の静かな環境に位置し、近鉄線「新祝園」(急行駅)、JR線「祝園」駅から、いずれも2分という大変利便性の良い場所にあります。

私たちは、武田病院グループの「思いやりの心」の経営理念のもと、地域住民の皆様のニーズに応えられるよう、温かく、そして安らぎのある看護を心がけています。病気になっても、その人らしく暮らすことを支えられるように、看護実践能力(ニーズをとらえる力、ケアする力、意思決定を支える力、まわりと協働する力)を強めていきます。看護師としてやりがいと誇りを持ち、働き続けられる職場環境改善を推進していきます。

当院の看護単位は、障害者施設等入院基本料10:1病棟50床、24時間救急対応可能な外来機能、透析センター20床の3部門があります。
病棟は、生活を支える基本的な看護ケアに力を入れ、退院支援も強化しています。外来は、通院歴の長い高齢者の方々の心身機能の変化に気付き、地域で支えられるように保健・福祉に繋いでいます。また訪問診療対象患者様の健康管理の支援をしています。透析センターでは、透析中の看護だけでなく、対象者がセルフコントロールでき、安定した状態で透析が受けられるよう、またフットケアに関心が持てるよう支援しています。

2025年を見据え、国は地域を基盤とした「地域包括ケアシステム」を推進しています。日本看護協会の将来ビジョンである『いのち・暮らし・尊厳をまもり支える看護』が実現できるよう、地域に根ざした病院としての機能を守り期待に応えられるよう、スタッフ全員で協働し、より良い医療やケアを提供していきます。

平成29年4月1日
精華町国民健康保険病院 看護部長
立木 三千代

フロアガイド

精華町国民健康保険病院 フロアガイド

施設基準

障害者施設等入院基本料10:1 (障害入院)
特殊疾患入院施設管理加算 (特施)
認知症ケア加算2 (認ケア)
糖尿病合併症管理料 (糖管)
がん治療連携指導料 (がん指)
医療機器安全管理料Ⅰ (機安Ⅰ)
在宅時医学総合管理料及び施設入居時等医学総合管理料 (在医総管)
検体検査管理加算Ⅰ (検Ⅰ)
検体検査管理加算Ⅱ (検Ⅱ)
遠隔画像診断 (遠画)
 画像診断管理加算2(受診側:医療法人医仁会武田総合病院)
CT撮影及びMRI撮影 (C・M)
脳血管疾患リハビリテーションⅡ・初期加算 (脳Ⅱ)
運動器リハビリテーションⅠ・初期加算 (運Ⅰ)
歯科口腔リハビリテーション料2 (歯リハ2)
透析液水質確保加算2 (透析水2)
下肢末梢動脈疾患指導管理加算 (肢梢)
 (連携医療機関:医療法人医仁会武田総合病院)
CAD/CAM冠 (歯CAD)
クラウン・ブリッジ維持管理料 (補管)
入院時食事療養Ⅰ (食)
酸素単価届出 (酸単)
京都府在宅療養あんしん病院
 (介護予防)訪問リハビリテーション
 (介護予防)居宅療養管理指導

Copyright © 2014 Takeda Hospital Group. All rights reserved.