武田病院グループ:保険・医療・福祉のトータルケアを提供する京都の病院

医療法人財団 医道会 稲荷山武田病院

院長あいさつ

このたび、40年間務めさせていただきました京都医療センター(一般外科医として34年、緩和ケア科専従医として6年)を定年退職し、4月1日より稲荷山武田病院長として、勤務させていただいております。

思いやりのこころを持って患者さんに寄り添い、安心して治療やケアを受けていただける病院になれますように、全力で励んでいく所存です。

緩和ケア病棟を立ち上げた経験と、40年間の伏見医師会の先生方とのface to faceのネットワーク構築の経験を生かして、地域のひとびとと厚い絆を作っていきたいと思っています。

なにとぞ、ご指導、ご協力、ご援助の程、切にお願い申しあげます。

土屋 宣之(つちや のぶゆき)

稲荷山武田病院 院長

学歴/職歴
昭和52年3月  岡山大学 医学部 卒業
昭和52年12月  国立京都病院 外科 研修医
昭和58年1月  国立京都病院 外科 厚生技官医師
平成16年4月  国立京都病院 外科 医長
平成20年5月  京都医療センター研究検査科長
平成22年11月  京都医療センター がん診療部長 兼 緩和ケア科 科長
平成29年4月~ 稲荷山武田病院 院長

日本外科学会認定医
日本がん治療認定医機構 暫定教育医
PEACE緩和ケア研修会指導者

患者さんの権利

1.人間尊重の権利

人間としての尊厳を尊重された医療を受ける権利があります。

2.公正な医療をうける権利

安全で質の高い医療を平等に受ける権利があります。

3.診療情報に関する権利

病気や治療について十分な説明と情報提供を受ける権利があります。

4.自己決定に関する権利

治療内容を自らの自由な意思に基づいて選択する権利があります。また、治療内容を選択する一助としてセカンドオピニオンを求める権利があります。

5.プライバシーの保護と秘密保持

本院が知り得た個人情報が守られる権利があります。

6.医療の連携を求める権利

病院と他の医療機関・施設との連携について情報を受ける権利があります。

稲荷山武田病院の特長

  • ●病院のバックアップのもと、在宅医療(訪問診療・訪問リハビリ)、介護に関する各種サービスを一貫して提供します。
  • ●緩和ケア病棟と障害者病棟の2種類の病棟によって、地域医療をサポートします。
  • ●地域の方々の健康相談、介護相談に応じています。また、定期的に健康教室も開催しています。
  • ●武田病院グループとの連携でバックアップ体制も万全。

■外来受付・待合室

各種レーザー機器をそろえており、症状に応じた治療を行っています。

■病室(個室)

患者さんとご家族のお話、食事などくつろぎのスペースとして利用されています。

■食堂兼談話コーナー

リハビリテーション室を病院入口付近に移動し、高齢者もさらに利用しやすくなりました。

■緩和ケア病棟

落ち着いた照明の緩和ケア病棟

■アロマルーム

面談室としても利用のアロマルーム

クリニカルインディケーター(臨床指標)

入院1日平均患者数 52.7名
外来1日平均患者数 32.5名
病床利用率(緩和ケア病棟) 80.7%
病床利用率(障害者病棟) 99.9%
平均在院日数(緩和ケア病棟) 40.7日
平均在院日数(障害者病棟) 516.7日
入院待機日数(緩和ケア病棟) 8.1日
褥瘡新規発生患者数 2名
褥瘡持ち込み患者数 37名
インシデント件数 160件
アクシデント件数 1件
転倒・転落件数 31件

施設基準

  • 2病棟(一般37床・特定18床)
  • 緩和ケア病棟入院料 18床
  • 障害者施設等入院基本料(10:1) 37床 
  • 特殊疾患入院施設管理加算
  • 入院時食事療養(I)
  • 在宅時医学総合管理料
  • 感染防止対策加算2
  • 患者サポート体制充実加算
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • 救急搬送患者地域連携受入加算
  • ニコチン依存症管理料
  • がん治療連携指導料
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅲ)

Copyright © 2014 Takeda Hospital Group. All rights reserved.