武田病院グループ:保険・医療・福祉のトータルケアを提供する京都の病院

医療法人財団 医道会 稲荷山武田病院

緩和ケア病棟について

緩和ケア病棟の理念

がんという病気を抱えながらも、それぞれの患者さんがその人らしく穏やかな毎日を過ごせるように、ご家族ともに支援していきます。

緩和ケア病棟の特徴

稲荷山武田病院緩和ケア病棟は、今ある時間を大切にできるよう、その方に関わるさまざまな苦痛を和らげ、話しやすい環境とあたたかい雰囲気づくりをめざし、その人らしさを大事にしていきます。

緩和ケア病棟Q&A

新しい治療方法が見つかれば退院できるのか?開く

当院では積極的治療はできないので退院していただいて治療をしていただけます。

ホスピスは入ったら最期の気がする・・・。開く

当院では主治医と相談し外出外泊などできるだけ意志を尊重したいと考えております。体調をみながら入退院を繰り返し、できるだけお家で生活できるよう支援いたします。最期を在宅でと希望されるのであれば在宅医や訪問看護などの相談も承っております。

病院は苦しいイメージしかないので入院したくない。開く

お部屋の状況にもよりますが状態が安定されているときに数日お試しで入院していただくことも可能です。そこで緩和ケアのイメージなどを直接体験されてはいかがでしょうか?

急変時はどうなるの?開く

看取りであるなら救急搬送はせず当院で最期を迎えていただくことになります。当院は輸血や人工呼吸器などの延命治療は本人様を苦しい状態にさせてしまうことになるので行っておりません。治療の合間に入院されている方は治療先の病院や本人様と事前に相談し対応を決めていきます。

お部屋代の無料/有料でケアの内容は違いますか?開く

ケアの内容はお部屋代とは一切関係ありません。患者さんに必要なケアをさせていただきます。 無料のお部屋は冷蔵庫とテレビがカード式の有料となっております。

部屋の希望は聞いてもらえますか?開く

希望はお聞きしますが空いていない場合は相談させていただいて希望のお部屋が空き次第入院していただくか、空いているお部屋にまず入院していただいて希望のお部屋が空き次第転室していただくようにしています。他の患者さんの状況などによりお部屋を替わっていただくこともございます。

認知症があるんですが入院できますか?開く

病気のことを告知していても忘れてしまったり理解が難しかったりする場合は面談で状況を確認させていただいて対応を検討させていただきます。
大声をだしたり徘徊される患者さんについてはお時間をいただき検討をさせていただいてますが、お断りさせていただくケースもございます。周りの患者さんの影響も考えての結果となりますのでご了承ください。

食べられなくなってるので可哀想で・・。開く

食べるということは人間にとって『生きる=命』につながる大切な事です。栄養の為にと無理矢理食べて精神的に落ち込んだり嘔気・嘔吐で気力が低下してしまうこともあるで少量でも美味しく楽しく召し上がっていただけるケアを重視しております。家族様が患者さんの好物を持ってくる事も、病棟にキッチンを設置しておりますのでそこで患者さんが望まれるもの作っていただく事も可能です。栄養課も緩和ケアチームの一員ですので患者さんや家族様に助言させていただいております。特に在宅に戻られる場合は退院前のカンファレンスで家で対応できる方法などを家族様と相談しながら助言させていただいております。(代替できる食品などを紹介)カキ氷やアイスクリームなどは比較的食べやすく好まれることが多いので氷やアイスを栄養課のほうで準備してもらい提供させていただいております。

寝たきりになっているがお風呂に入りたい。開く

当院は歩いて入られる一般浴槽と寝たまま入っていただける器械浴槽がございますので患者さんの状態に合わせて入っていただいております。介助は必ず看護師が1名は入るようにしており全身状態の確認やスキンケアなども行っております。

一度は家に帰りたいと思っているが入院していると足腰が弱ってしまい不安が大きい。開く

『歩ける』ということは心身を支える重要なポイントだと思っております。    
当院は理学療法士がおりますので希望していただければ患者さんの状況に応じたリハビリを実施いたしております。在宅へ向けてリハビリをされる方もいらっっしゃいますし、リハビリをしてADLを保つことで『まだ大丈夫』『自分でまだ○○できる』などQOLを保つことにも繋がっております。

退院後ご家族様からは『時間は短かったけど充実してました』寂しさはあるけれどやりきった感があり清々しい気持ちでいます。』などのお声をいただいております。また、スキンケアでは『きれいな体(褥瘡1つなく)で家に帰ってこれて感謝してます』などのお声もいただいております。

患者さんのニーズはその方たちの歩まれてきた人生によって様々です。
できるだけ患者さんのニーズにお答えできるよう当院で検討をさせていただきますのでまずはご相談をいただければと思います。

上記以外でもご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

緩和ケア病棟スタッフ一同

Copyright © 2014 Takeda Hospital Group. All rights reserved.