武田病院グループ:保険・医療・福祉のトータルケアを提供する京都の病院

  1. トップ
  2.   >  サービスのご紹介
  3.   >  人間ドック・各種健診
  4.   >  特定健診

特定健診

特定健康診査・保健指導とは

従来の健診・保健指導は「病気の早期発見・早期治療」を目的としたものでしたが、平成20年4月からは、40歳から74歳までの全ての方(被保険者及び被扶養者)を対象に、「特定健康診査」・「特定保健指導」を行う事になりました。

その背景には、メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満)の要因である蓄積された「内臓脂肪」を減らせれば、高血圧・高脂血症・高血糖、更には心臓病や脳梗塞等の生活習慣病の進行を食い止める事が出来るという事実を示した、様々な研究結果があります。そこで内臓脂肪の蓄積をチェックし、更にメタボリックシンドロームのリスクを見つける事で、「自覚症状のない段階」から生活習慣を改善してもらうことが、実施の目的になっています。

健診は個人が生活習慣を振り返る絶好の機会で、その為に健診結果に基づいた保健指導を行います。

実施施設一覧はこちら

特定健康診査・保健指導が実施されることになったわけ

1. 増え続ける医療費の多くを占めるのは生活習慣病

医療費の約5割はガン、心臓病や脳梗塞などや糖尿病及びその合併症(腎臓病など)

2. 生活習慣病となる危険は、危険因子が重なるごとに増大

内臓脂肪型肥満(内臓脂肪)に起因したメタボリックシンドロームが問題

3. メタボリックシンドロームの予防・解消で生活習慣病は効果的に予防できる

メタボリックシンドロームに着目した健診で対象者を選定し、保健指導により健康的な生活習慣の定着を図る

今までの健診との違い

従来の健診と保健指導

  • ・健診は病気の早期発見・早期治療が目的
  • ・保健指導は病気ごとに実施

これからの特定健診・保健指導

  • ・健診はメタボリックシンドローム及び予備群の選定が目的
  • ・保健指導はリスク別に必要度に応じて実施

特定健診・保健指導の流れ

特定健康診査

特定保健指導

情報提供

今後も健康的な生活を送るため、生活習慣の見直しや改善に役立つ情報を提供します。

動機付け支援

メタボリックシンドロームのリスクが出始めた方です。1回の保健指導により、ご自分で生活習慣の問題・改善点に気づき目標を設定し、それらを行動に移すための支援をします。

積極的支援

メタボリックシンドロームのリスクが複数ある方です。3~6ヶ月間積極的に保健指導が行われます。健診結果の改善に向け、実践できる目標をご自分で立て、継続的な実行が出来るように支援します。

特定健康診査

特定健診では、糖尿病等の生活習慣病、とりわけメタボリックシンドロームに着目した、生活習慣病予防(保健指導)を必要とする方を選び出す為の健診です。 健診項目には、内臓脂肪の蓄積を見るために『腹囲測定』が追加されます。その他にも、特定保健指導の対象者を的確に選び出す為の検査項目が導入されます。 健診後は生活習慣病のリスクに合わせて、内臓脂肪型肥満に重点をおいた生活習慣病改善の保健指導が行われます。

特定保健指導

健診結果に基づき生活習慣病の発症リスク等から階層化した、3つのグループ「情報提供」・「動機づけ支援」・「積極的支援」に該当した受診者に対して、生活習慣病の改善を目的とした保健指導を実施致します。

保健指導は、ただ健康情報が提供されるものではありません。食事や運動など現在の生活習慣を振り返り、これからの健康づくりについて、医師・保健師・管理栄養士等が受診者と共に考える機会です。つまり、「健康の大切さ」を知って、無理なく出来る「健康づくり」の方法を自ら選び、実践していくものとなります。

Copyright © 2014 Takeda Hospital Group. All rights reserved.