審美歯科

審美歯科Q&A

審美歯科ってよくわからないんですけど・・・という声がよく寄せられます。
ここではよくあるホワイトニングについての質問をまとめました。
もっと詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

ホワイトニングについて

何故、歯は変色するのですか?

変色には様々な原因があります。一般的に考えられる原因として加齢が大きく関係しています。歯の色というのは、歯表面のエナメル質(半透明色)とその内にある象牙質(黄褐色)の色で決まります。歯の構造は年齢と共にエナメル質は薄くなり、象牙質の厚みが増してきます。このため年を重ねると共に歯は黄ばんで見えるようになります。他の変色の原因としては、お茶、コーヒー、紅茶、タバコなどによる着色、さらに、外傷や歯の古い修復物によるものがかんがえられます。歯の神経が無い場合や、発育期に服用した抗生物質による副作用などが原因のケースも考えられます。

どんな人でもホワイトニングはできますか?

ほとんど可能ですが虫歯がある場合や重度の歯周病がある場合は、それらの治療を優先しなければなりません。しかし、それほど効果がない場合もあります。歯科医師による診査や診断により、あなたがホワイトニングの適応症かどうかを判断します。

ホワイトニングは安全なのですか?

漂白に使われるジェルの成分は、過酸化尿素です。過酸化尿素を用いる歯のホワイトニングは多くの研究と臨床例が報告されており、また歯科医師の適切な指導のもとで使用すれば、歯や歯肉に悪影響を及ぼすことなく安全に使用することができます。

歯が白くなるまでにどれくらいの期間かかりますか?

ホームホワイトニングでは、通常数日後に効果が現れ始めます。個人差にもよりますが、例えば日焼けの様に、一度でどこまで焼けるのかは、人によってまちまちです。しかし、約2週間続けることで大抵効果はでてきます。
オフィスホワイトニングではその日のうちに効果が現れます。

ホワイトニングで副作用はありますか?

治療期間中に知覚過敏(歯がしみるような症状)が起こる場合がありますが、その場合は治療を中断(1〜2日)することで症状が軽減するか消失しますので、安心して使用していただけます。

効果はどのくらい持続しますか?

その方の歯の性質や生活習慣によって異なりますが、3ヶ月-2年くらいです。しかし、カフェインやタバコなど着色の原因になるものを日常的に摂取している場合は、定期的な歯のクリーニングが必要になります。

ページトップへ▲


Copyright © takeda hopspital group. All Rights Reserved.
京都市の歯科・審美歯科・矯正歯科なら武田病院グループの歯科・口腔外科です