京都駅前武田透析クリニック

  1. トップ
  2. 施設のご案内
  3. 京都駅前武田透析クリニック
  4. クリニックのご案内

医療法人財団 康生会
京都駅前武田透析クリニック

クリニックのご案内

設備について

院内風景
  • 完全個室タイプ(4 床)

    • 電動ベッド
    • テレビ
    • 高速インターネット接続(無料)
  • 準個室タイプ(42 床)

    • 電動ベッド
    • テレビ
    • 高速インターネット接続(無料)

透析機器

  • 全自動透析機器の導入でプライミング・脱血・補液・返血を自動化(安全化)
  • 常時、エンドトキシンや細菌のないクリーンな透析液を供給します。その結果慢性炎症を抑え、貧血の改善、栄養状態の改善、血圧低下の防止やアミロイド症等の低減が期待できます。
  • 全自動コンソール(GC-X01)

  • 透析用水処理装置(ピュアフローPF-803F)

  • 透析供給装置(BC ピュアラー03)

  • 粉末溶解装置

スタッフ紹介

吉岡 徹朗

所長

経歴

昭和44年 京都生まれ。

平成8年 北海道大学医学部卒業。

大阪大学医学部附属病院、京都大学医学部附属病院、京都市立病院、大阪府済生会中津病院腎臓内科、東山武田病院血液センター長・腎臓内科副部長に在籍し、平成23年10月から現職。

所属学会、認定医、専門医など

日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医

左溝 淳子

看護師長

患者様とその家族の思いを知り、必要な看護とは何かを考え提供できるよう常に努力をしていきたいと考えております。
透析看護は患者様の人生に寄り添う看護です。このことをスタッフ一同で実践していきたいと思っています。

北條 友美

臨床工学科 科長

明るく前向きに患者様の近くで一緒に笑ったり、泣いたりできるようなそんなクリニックにしていきたいと思っています。
また機器の管理をしっかりと行い、安全で確実な透析治療を行える様に努力していきます。