当センターについて 当センターについて

お知らせNews

(カフェ)シンガポールMOHHによる視察と交流

京都認知症総合センターの視察

京都認知症総合センターの視察

長く受け入れが出来ていなかった 他地域からの視察 について、本日は京都府宇治市の認知症事業の視察に来られていた シンガポールの保健省や事業経営者の方々などをお招きすることが出来ました。
施設長からのセンター概要説明のあと、個別に事業の運営やハード面のことなど様々なご質問を頂きました。まだすべての活動や面会等が制限解除されておらず、施設内などを全てご覧頂くことは出来ませんでしたが、カフェやクリニックの機能などをご覧頂き、情報交換することが出来ました。

宇治市役所に場所を移して

宇治市役所に場所を移して

宇治市役所では、松村市長はじめ、健康長寿部部長などの担当者、また伊藤俊彦さんご夫婦など当事者の方も同席の上、宇治市の事業や総合センターとの連携について説明がなされました。現状は15%程度(日本の約半分)であるシンガポールの高齢化率も2030年に25%に迫り、その伸び率は日本の其れをも上回るスピードともいわれ、喫緊の課題であることを仰っていました。今後も宇治市や総合センターとの交流を願われ、視察は終了し、あらためて宇治市の事業など取り組みの成果や、総合センターの可能性などを理解する良い機会になりました。



ご不明な点は下記までお問い合わせください。


【電話】0774-25-1125(カフェ直通)

    0774-25-1110(クリニック予約や相談等)
【メール】 cafehoou@takedahp.or.jp

メニュー

採用情報

新卒採用

福祉の仕事にご興味お持ちの方へ

中途採用

京都認知症総合センターの
中途採用情報はこちら

マイナビ2021

施設パンフレット

施設パンフレット

施設パンフレットはこちら