仮テキスト仮テキスト

当センターについて 当センターについて

お知らせNews

カフェほうおうからの話題提供です⑥

 


カフェほうおうでは、平成30年10月から認知症当事者による相談窓口、出会いの窓口として「オレンジドアノックノックれもん」を開設しております。
「オレンジドア」を気軽に ”ノック ”してもらいたいという想い、宇治市の認知症シンボルでもある ”れもん ”を取り入れたネーミングは、この窓口において 認知症当事者として相談員を担っている 伊藤俊彦さん、妻の 伊藤元子さん と一緒に考え、名付けました。

※オレンジドア・・・仙台市で平成27年から丹野智文氏が代表を務め開催。認知症のシンボルカラー「オレンジ」に、不安を持っている認知症の人に、最初の一歩を踏み出してもらうためのドアになれるようにという想いを込めて名付けられた。)

 

「オレンジドアノックノックれもん」では


①当事者同士が早い段階で出会い、当事者が新たな当事者の参加を促進していく「場」としての機能
②当事者やその家族が自身の体験を伝えたり、元気な姿を見せることで心理的な支えとなる機能
③それら含めて当事者やその家族が「認知症」を受け入れて新たな活動につなげる機能

の3つの機能や役割を担う事を目的とし、毎月第2・第4水曜日の午後2時から開催しています。

 


緊急事態宣言も解除されました。
宇治市内でも4月30日を最後に感染者が確認されておりません。
カフェで皆さまとお会いできる日も遠くないことを祈りながら、再開した際には是非
「オレンジドアノックノックれもん」にも足を運んでいただき、上の新聞記事をご覧いただけたら伝わると思いますが、優しく温かく包み込むような伊藤さん夫婦とのお出会いや、ここに集われる皆さまとの良い繋がりが広がればと思います。

 

内容や雰囲気、「オレンジドアノックノックれもん」からのメッセージは後日掲載させてもらいます!

 (文責 カフェ相談員・桝村)


【電話】0774-25-1125(カフェ直通)
    0774-25-1110(クリニック予約や相談等)
【メール】 cafehoou@takedahp.or.jp

メニュー

採用情報

採用情報

福祉の仕事にご興味お持ちの方へ

マイナビ2021

施設パンフレット

施設パンフレット

施設パンフレットはこちら